CAPAで重要なこと 潟Cーコンプライアンス


FDA査察対応苦情管理手順書の作成方法

ISO-13485とFDAの要求の違い

FDAの苦情管理要求(820.198)では、顧客(サービスレポートを含む)から苦情を受けた際に、FDAに報告すべきかどうかを判定しなければならない。

FDAの指摘の事例

苦情の受付・審査・及び評価を正式に指名された部門によって行うための手順書が適切に作成されていなかった。

貴社にはFDAに報告すべき事象か否かを決定するための苦情の評価の手順がなかった。苦情処理の手順は「品質マニュアル 不適合製品」に端的に記載されていた。この手順書には顧客クレームへの返答と返品に関するアクションが記載されていた。FDAに報告すべき事象を示すかどうかを決定するための必要な苦情情報の集計または当該情報の評価について記載されていなかった。

FDA査察対応苦情管理手順書サンプル

イーコンプライアンスでは、FDAが要求するCAPAに対応した

サンプルを販売しています。

詳しくはこちら

用語集


QMS構築支援

FDA査察対応

▲ページ上へ戻る