カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > セミナー > 化粧品・医薬部外品 開発、マーケティング

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜6件 (全6件)

セミナーアイコン(青)

(2/21) 感性設計学入門 【実習付きでよく分かる】

48,600円(税込)
 製品の魅力は、スペック(仕様)に明記される性能だけでなく、ユーザーが五感を介して知覚する感性的な「良さ」、すなわち感性品質に依るところが少なくない。成熟期に入った製品の開発において、感性品質は大きな競争力を持つ。また、末永く愛される製品の設計においても感性品質の寄与は大きい。
  本講座では、感性品質を設計するために必要な考え方と方法を紹介する。設計は モノ作りの計画であり、計画には論理が必要である。そこで、感性に論理を与えるための考え方と方法の習得を主な目的とする。講座の構成として、まず、感性設計に必要な基礎知識と手法について、一部、実習を交えて学ぶ。また、感性設計の最近の動向として、現在、講師らが取り組んでいる先端研究として、あいまいな言葉のマネジメント技術、クロスモーダル、期待効果などについて解説する。
セミナーアイコン(青)

(2/22) スラリーの評価・制御技術の勘どころ

48,600円(税込)
 スラリーの挙動の複雑怪奇さは、多くの技術者を悩ませている。しかしスラリーに関する専門書はレオロジーと濾過・脱水に限られ、粒子状材料プロセスで役に立つ専門書は皆無と言って良かったが、講師は名古屋大学での研究成果を「基礎スラリー工学」にまとめ丸善より出版した。
 本セミナーではこの本をテキストに用い、講師の現場技術との交流をベースに蓄積された学術研究の成果に立って、なぜスラリーの挙動は複雑なのか、複雑さを支配している因子は何か、複雑な挙動をどのように評価し制御するか、新たなスラリー制御技術について講義する。
セミナーアイコン(青)

(2/26)日米欧の薬事規制・承認審査比較【入門講座】

43,200円(税込)
医薬品のグローバル開発が増加する状況下、主要国の規制要件を理解することはグローバル開発戦略を適切に策定し、効率的に実施することのみならず、各国での医薬品開発の成功確率を上げ、審査の迅速化、即ち早期承認取得にも繋がる。本講演では、開発薬事担当者を始め、グローバル開発に携わる方々に知って頂きたい欧米での医薬品の規制要件、承認審査プロセス、および迅速審査システムを日本の要件・プロセスと比較しながら解説すると共に、当該規制要件をグローバル開発にどのように利用するかについても解説する。
セミナーアイコン(青)

(3/13)動物用医薬品レギュレーション・承認申請

43,200円(税込)
動物用医薬品の製造販売等に新規参入をご検討の方向けに、人用医薬品との相違点、業許可における兼務の可否や承認申請のポイントを、実例を挙げて包括的にご説明します。

【ここがポイント】
■動物用医薬品分野に展開したくても、現状の何が問題で具体的にどうすればよいのか解らない
 という疑問に対し、豊富な経験に基づく民間(申請者)の立場で、基礎的なことから
 承認申請/再審査申請のノウハウまで幅広い知識が得られます。
セミナーアイコン(青)

(3/23)再生医療・生体適合性材料基礎/設計

43,200円(税込)
 再生医療製品分野には、細胞製品以外にも、細胞の活動を促す組織工学的材料開発の進歩による多様な応用展開が期待されます。その中心をなす機能的な細胞足場材料の開発は、細胞と材料との相互作用の理解に基づいた多くの生体適合性材料開発研究の積み重ねの上にあると考えられます。本講習では特に細胞足場材料としての細胞外マトリックス材料の持つ可能性に注目し、再生医療用生体材料に必要な基本事項を中心にやさしく解説いたします。
セミナーアイコン(青)

(4/17) 粒子径測定の実践知識と活用のポイント

43,200円(税込)
 粒子径測定は、工業分野での開発や品質管理、および基礎研究においても幅広く行われています。
 測定する対象サンプルも、医薬品、食品、研磨剤、化学製品、セメント、土壌など多岐に渡ります。これらの測定対象のほか、測定したい粒子径の大きさの範囲や測定目的によっても、最適な測定手法を選んで使い分けることが重要です。
 たとえば、主にミクロン領域の粒子径の大きさの分布を、簡便に再現性良く評価するには、レーザー回折・散乱法が最も良く使われていますが、粒子の形状や流動性を評価するには、画像法など別の手法が必要になります。また、1ミクロン以下のいわゆる「サブミクロン粒子」や「ナノ粒子」では、光学顕微鏡による測定は困難で、電子顕微鏡を用いることで観察は可能ですが、一度に多くの粒子を測定することが困難で、統計的な再現性に問題が生じます。このような微小粒子の敏速な測定には動的光散乱法(DLS)が最も良く使われますが、広い分布を持ったサンプル中の小粒子側の測定精度など課題もあります。近年では、サブミクロンやナノ粒子をより正確に測定するための新たな手法がいくつか開発され、医薬や材料開発などの最先端分野で応用されています。
 本講座では、粒子径分布測定に用いられる多くの手法の原理と特徴、使い分け、および注意点につきまして、できる限り幅広く、かつ詳細にお伝えしたいと思います。最も初歩的なところから、専門用語も解説致しますので、受講に当たっての予備知識は不要です。
 本講座では、主にレーザー回折を専門とする講師(池田)と、主に画像解析と粉体流動性測定装置を専門とする講師(平村)が分担し、粒子や粉体を扱われる全ての皆様にとって、基礎となる計測の知識をお持ち帰り頂けるような講演を目指します。

1件〜6件 (全6件)

ページトップへ