カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > セミナー > 7月開催セミナー

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜9件 (全9件)

セミナーアイコン(青)

(7/4) [京都]【AEG】機械学習によるデータ分析

48,600円(税込)
 機械学習・ディープラーニング・人工知能(AI)技術が注目され、データ分析を実務に活用したいと考える方が急増しています。オープンソースの機械学習ツールが充実してきたことで、高度なアルゴリズムを利用した分析を容易に行うことができるようになりました。
 しかし、正しい分析の手順・正しい分析結果の評価方法が分からなければ、ツールを正しく使いこなすことはできません。分析の手順・結果の見方が間違っていると、質の高い分析結果を得ることができないばかりでなく、誤った分析結果に基づき誤った判断を下してしまう恐れもあります。
 本セミナーでは、データ分析の正しいやり方・手順を学び、自分自身で正しくデータ分析を行えるようになること、データ分析結果を正しく評価できるようになることを目指します。
セミナーアイコン(青)

(7/5)[京都] スラリー取り扱いの総合知識

48,600円(税込)
固液分散系スラリーを取り扱うプロセスは、リチウムイオン電池電極製造、各種材料プロセス、製薬、食品、水処理といった非常に幅広い分野に存在します。
 これらのプロセスのスタート地点であるスラリーの特性が最終製品の品質と密接な関係にあることは経験的に広く知られていますが、製品特性とスラリー特性とのつながりが無いまま測定できそうな特性を測定するだけで、結局はプロセスごとに試行錯誤を繰り返すことがほとんどです。また、せっかく調製法を確立したはずなのに、日によって全く異なる特性を持つスラリーができ上がることも珍しくありません。
 そこで本セミナーでは、スラリーと上手につきあい、取り扱うための総合的な知識習得を目的として、粒子の分散制御および分散状態の評価について、その手法、分散安定性に影響を及ぼす様々な要因などの基礎的な内容から、実例を用いた種々のスラリー特性評価、適切な分散剤の選定などの応用的な内容、最新動向について紹介します。
セミナーアイコン(青)

(7/11)接触熱抵抗の基礎と測定・低減技術

48,600円(税込)
 高温機器からの熱移動には、熱伝導、対流、ふく射そして接触熱抵抗などが複雑に連成しています。しかし、接触熱抵抗はその評価が難しく、高温機器の熱解析や熱設計を合理的に行う上での障害になっています。
 本セミナーでは、まず接触熱抵抗の基礎的事項について解説するとともに、接触熱抵抗の評価においてよく使用される橘・佐野川の式の導出過程について説明します。また接触熱抵抗の測定における基礎知識と注意事項について解説します。さらに接触熱抵抗の低減策について、具体例による測定結果と低減効果を示すとともに、サーマルインターフェイスマテリアル(TIM)の接触熱抵抗低減効果と導入の判定基準についても説明します。
セミナーアイコン(青)

(7/11)基礎から学べる生存時間分析入門

48,600円(税込)
生存時間分析は、観察開始時点からイベントが発生するまでの時間を解析する手法です。発生するイベントとしては、死亡、機械の故障など負のイメージのものから、病気の治癒など正のイメージのものまで様々です。
生存時間分析は統計ソフトでパッケージとなっており、解を得ることは簡単です。それゆえに、解析方法の原理を理解せずに利用されることが多く、危険な面もあります。こうした点を鑑み、本講座では生存時間分析の基本的原理を理解し、統計ソフトで得られた結果の意味を正しく解釈し考察することを目標とします。
セミナーアイコン(青)

(7/19)高分子溶液の相分離、ゲル化のメカニズム

48,600円(税込)
高分子溶液の相分離やゲル化は、合成、輸送、成形加工などの過程で思いがけなく起こる予測困難な現象である。
 本講では高分子間および高分子-溶媒間の相互作用に注目して溶液の状態変化を調べることにより、高分子の溶解性やゲル化に関する分子論的な理解を試みる。これをもとに、相分離・ゲル化を積極的に用いた感熱性、相溶性、流動性、粘弾性などの制御による高機能高分子の実用可能性を探索する。
セミナーアイコン(青)

(7/20)量子コンピュータ技術:基礎〜最新研究開発動向

43,200円(税込)
量子コンピュータに対して近年大きな注目が集められています。量子コンピュータを利用することで、因数分解、機械学習、量子化学計算などのいくつかの数学的問題を従来のノイマン型コンピュータよりも高速に解くことが可能となります。そのため、現在世界規模でハードウェア開発やビジネス展開に向けた激しい競争が繰り広げられています。実際今年中に量子超越性(Quantum Supremacy)が実証されるのではないかと期待されています。その一方で、量子コンピュータの商用化には最低でも20年以上の長い時間が必要であると考えられています。
 そこで、本セミナーにおいては、量子コンピュータの基礎と最新研究開発動向について紹介を行います。さらに、商用化に向けた問題点や技術的課題についても言及し、量子コンピュータビジネスの可能性について参加者の皆様と議論が出来ればと考えています。
セミナーアイコン(青)

(7/24)バイオ医薬品GMP工場 施設・設備計画・保全管理

43,200円(税込)
バイオ医薬品の原薬工場に特化した施設・設備及びバリデーションの構築について、抗体医薬品の製造工程をベースに解説します。医薬品は長い時間と段階を経て世の中に供給されます。よって工場建設は失敗せずにいかにスムーズに立ち上げるかがキーとなってきます。FS等初期検討から基本計画・基本設計・詳細設計・建設工事・試運転及びその後の保全活動までにおける重要なポイントやバリデーションへの関わり方を、経験や失敗談を交えてユーザーとエンジニアリングの両方の視点から紹介したいと考えています。
セミナーアイコン(青)

(7/27)ICH Q7/Q11ガイドラインレギュレーション対応

48,600円(税込)
 ICH Q7 原薬GMPガイドラインは、日本・米国・欧州医薬品規制会議(ICH)において、3極の薬事規制当局と製薬業界側による長い協議を経て、2001年11月に合意に至った。ICH Q11は原薬の開発と製造においても、製法や生産物の『複雑さ』を考慮した、原薬の設計・開発・製造を理解し、開発するための医薬品のグローバル化に対応するものである。
GMPなくしては有効かつ安全な品質良い医薬品を恒常的に市場供給することは考えられない。それまではアメリカのcGMP(Current GMP)が世界をリードして来た。しかし、ICH Q7の発出により、それまで存在していた3極間のギャップが埋められ、国際調和されたGMPが誕生したこととなった。その意味で、ICH Q7はGMPを基本から網羅的に学ぶことのできる、唯一と言ってよい好適な教材と言える。
現場において容易にレギュレーション対応ができるよう、最新規制であるICH Q11、EMA ICH Q7 Q&A、品質リスクマネジメント、そして原薬のデータインテグリティや最近の3極の原薬査察動向など最新の品質トピックを踏まえながら、図解解説により順を追って分かりやすく説明することをこころがけた。
セミナーアイコン(青)

(7/31)製薬用水の管理と設備/設計・バリデーション

48,600円(税込)
製薬用水は医薬品の品質に大きく関わる原料である。にもかかわらず、ロット管理は困難な上、製造設備の設計はほとんどベンダーに依存するブラックボックス化した設備といえる。演者の経験をもとに、製薬用水のユーザーとして知っておくべきユーザー要求仕様書への記載条件、適格性評価のポイントなどを具体的に解説する。

1件〜9件 (全9件)

ページトップへ