カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

(12/18) 特別セミナー 『ICH-E6(R2)におけるQMSのあり方とRBM実装』


 GCP刷新を見据え,今,何を始めるべきか! 今後RBMを構築するために必要な事項とは! ―
【 お作法の実装ではなく,QbDにも耐える質の管理技術に関する普遍的な考え方とは? 】
【 ICH-E6(R2)改訂により促進されるRBMを実装する際に必要な考え方とは? 】

基調講演 『医薬品わが国に期待される役割と課題 −グローバルな視点から−』

セッション1 『ICH-E6(R2),さらに先のGCP刷新を見据えたQMSのあり方』

セッション2 『モニタリングの現状とリスクに基づくモニタリング(RBM)の構築』

会場(部屋のみ)が変更になりました(2017年11月15日更新)
東京・港区芝 三田NNホール&スペース  地下1階 ホール ← スペースD

日 時 2017年12月18日(月)  12:30〜17:30
会 場 東京・港区芝 三田NNホール&スペース  地下1階 ホール (スペースDより変更になりました)

 会場地図

受講料(税込) 54,000円 (会員受講料 51,300円 )  会員登録について
 定価:本体50,000円+税4,000円
 会員:本体47,500円+税3,800円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の27,000円)】
 ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
 ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※会員割引やその他の割引の併用はできません。

 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
  上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
  調整させて頂きます。

備 考 資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講師

□12:30〜13:45 基調講演
『医薬品開発においてわが国に期待される役割と課題 −グローバルな視点から−』
   一般財団法人 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団 理事長 薬学博士 土井 脩 氏
   【講師紹介】


□14:00〜16:00 セッション1
『ICH-E6(R2),さらに先のGCP刷新を見据えたQMSのあり方』
   ファイザー(株) デベロップメント・インテリジェンス部 担当部長 小宮山 靖 氏
   【講師紹介】


□16:15〜17:30 セッション2
『モニタリングの現状とリスクに基づくモニタリング(RBM)の構築』
   グラクソ・スミスクライン(株) 開発本部 開発基盤・サイエンス部門 クリニカルオペレーション部
   マネージャー 金崎 雅之 氏
   
【講師紹介】

※複数名で受講の際は、備考欄に受講される方の「氏名・部署名・メールアドレス」を
 ご連絡ください。

(12/18) 特別セミナー 『ICH-E6(R2)におけるQMSのあり方とRBM実装』

価格:

54,000円 (税込)

[ポイント還元 2,700ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

講演内容

□12:30〜13:45 基調講演  医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団 土井 脩 氏
『医薬品開発においてわが国に期待される役割と課題 −グローバルな視点から−』

 医薬品分野におけるわが国の国際的な存在感が急速に薄れてきている。近年、医薬品をめぐる環境は国際的にも急激に変化してきている。その中で、欧米の製薬企業や薬事規制当局は生き残りをかけて変革を試みている。わが国には世界の新薬開発の一翼を担う役割が期待されているが、その期待に応えられるのか。「井の中の蛙大海を知らず」にならないために、わが国の進むべき路は何かを考える。

 ・わが国は、開発・審査において、いかにして国際的な役割を果たすべきか
 ・わが国を取り巻く医薬品に係る問題点
 ・わが国の医療を取り巻く環境
 ・医療技術の費用対効果評価の必要性
 ・医薬品適正使用推進の動き
 ・高齢者への薬剤の多剤投薬問題
 ・ブロックバスター型開発から医療ニーズ対応型への転換はなぜ必要なのか
 ・医薬品開発を巡る国際的な動き
 ・集団を対象とした開発から、個人、個別疾患を対象とした開発への転換の必要性
 ・個別化医療を目的とした医薬品開発の課題
 ・Companion DiagnosticsからComplementary Diagnosticsへ
 ・Precision Medicineとは
 ・21st Century Cures Actとは
 ・GCP Renovationとは
 ・新薬開発・審査におけるわが国の選択肢
 ・条件付き承認制度とは
 ・市販直後調査制度とは
 ・科学的安全対策はなぜ必要なのか
 ・新薬開発促進は「Push」から「Pull」へ
 ・新薬の再審査期間の延長はなぜ必要なのか
 ・仮免許的医薬品承認はなぜ必要なのか
 ・日米欧の承認審査の共通化・統一はなぜ必要なのか
 ・臨床研究法制定
 ・メディカルアフェアーズとは


   □質疑応答□


□14:00〜16:00 セッション1  ファイザー(株) 小宮山 靖 氏
『ICH-E6(R2),さらに先のGCP刷新を見据えたQMSのあり方』

 昨年末にStep4合意に至ったICH-E6(R2)では,QMSの実装が述べられていますが,ICHではその先のGCP刷新の議論が始まろうとしています。GCP刷新では,Quality by Design(QbD)の考え方が色濃く反映される見込みです。臨床試験/研究の質の管理技術は出口管理→プロセス管理→QbDと計画に移行しつつあります。そういった将来を見据えて,今,何を始めるべきかを考えます。

 講演のねらい:お作法の実装ではなく,QbDにも耐える質の管理技術に関する普遍的な考え方を解説します。

 1.ICH-E6(R2)

 2.GCP刷新(GCP Renovation)

 3.Risk-Based Monitoring

 4.目標の設定ミス

 5.リスクとは

 6.品質管理の歴史

 7.是正措置中心の出口管理

 8.予防措置中心のプロセス管理

 9.プロセス管理を前提としたQuality by Design

 10.QMSと関連したツール

 11.Critical to Quality Factors

 12.Fit-for-purpose Data Quality

 13.手の抜きどころ

 14.自発的なKaizen活動

 15.統計的Monitoringと不正の検出

 16.データ収集の最適化

 17.今,取り掛からなければならないこと


   □質疑応答□


□16:15〜17:30 セッション2  グラクソ・スミスクライン(株)  金崎 雅之 氏
『モニタリングの現状とリスクに基づくモニタリング(RBM)の構築』

現在ではまだ一般化されていないRBMについて、演者の経験した事例を元に解説する。計画・準備段階〜治験開始時・開始後に至るまでのRBM実装の考え方をお話しする。

 講演のねらい:ICH-E6(R2)改訂により促進されるRBMを実装する際に必要な考え方、及び今後RBMを構築するために必要な事項と課題を学び、実装の参考にしていただきたい。


 1.RBMの概要
  1.1 RBMと規制当局
  1.2 RBMの導入背景 〜なぜ今RBMが必要なのか〜
   1.2.1 リスクマネジメントのプロセス管理を導入
   1.2.2 臨床試験環境の多様化〜IT技術の活用〜
   1.2.3 コストの削減

 2.RBMの計画・準備 〜臨床試験開始前〜
  2.1 リスクの特定・評価
  2.2 クリティカルデータ/プロセスの特定
  2.3 リスクの管理
  2.4 モニタリング計画の方針策定
   2.4.1 中央モニタリング(Centralized Monitoring)
   2.4.2 オフサイトモニタリング(Off-site monitoring)
   2.4.3 オンサイトモニタリング(On-site monitoring)

 3.RBMの実施
  3.1 プロセスのモニタリング
  3.2 臨床試験開始時のRBM
  3.3 臨床試験開始後のRBM
   3.3.1 中央モニタリングのRIによるモニタリング

 4.モニタリングの現状とRBMの構築
  4.1 スポンサー(治験依頼者)における現状とRBMの構築
  4.2 実施医療機関における現状とRBMの構築

 5.今後の課題

    □質疑応答□

留意事項

受講券・会場案内は7日以内に、ご指定の住所にお送りいたします。
セミナー開講まで1週間を切っている場合は、電子メールにてお送りいたします。 銀行振り込みまたは郵便振替を選択された場合は、ご請求書を同封いたしますので、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。 本ご注文に関しては、株式会社イーコンプレスが担当させていただきます。
個人情報等に関しましては、セミナーご参加目的に限り、当社から株式会社イーコンプレスへ転送させていただきます。

またセミナーのキャンセル等は、メール等でご連絡ください。当社が主催するセミナーでは、ポイントを蓄積していただくことができ、貯まったポイントをセミナーや書籍のご購入にご使用いただけます。ポイントの蓄積のためには、会員登録が必要です。会員でない方はこちらから会員登録を行ってください。


【お支払方法について】
以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み、郵便振替
銀行振込 郵便振替

ご請求書を郵送いたします。
貴社お支払規定に従い、お振込ください。(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード

クレジットカード

3.楽天ID決済

楽天ID決済

4.コンビニ決済

クレジットカード

【領収書について】

領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。

【同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)について】

同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)を申し込まれる場合、以下のように入力をお願いいたします。

  1. 同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)で、「2名で参加」または「3名で参加」を選択してください。
  2. 購入数には、ご参加される人数を入力してください。(2名または3名)

システムの制限上、合計金額は人数分表示されますが、実際のご請求は割引後の価格でさせて頂きます。


ページトップへ