カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

(4/20) OOT管理/アラート・アクションレベル設定・運用

OOT管理の考え方をふまえた
アラート・アクションレベル設定・運用と品質トラブル防止


〜GMP管理の中でこのアラート・アクションレベル管理が有効なケース〜

− アラート・アクションレベル設定と運用/対応について事例を交えながら解説 −
− 品質データから予兆を早く知る、問題になる前に調査する(OOT管理) −

【ここがポイント】

■統計のバラツキ、発生頻度の基礎的な考え
■モニターすることの重要性(アラート・アクションレベルの管理)
■ OOSとOOTの違い
■医薬品の微生物管理の基礎知識と環境モニタリング

日 時 2018年4月20日(金)  10:30〜16:30
会 場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第4講習室  会場地図
受講料(税込) 48,600円 (会員受講料 46,170円 )  会員登録について
 定価:本体45,000円+税3,600円
 会員:本体42,750円+税3,420円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の24,300円)】
 ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
 ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※会員割引やその他の割引の併用はできません。

 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
  上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
  調整させて頂きます。

備 考 昼食・資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講師

(株)ミノファーゲン製薬 顧問 MBA 脇坂 盛雄 氏
【エーザイ(株)にて、品質企画部 統括部長、品質薬事部 統括部長、品質保証責任者等に従事】

【主な業務/専門】
医薬品の品質管理/品質保証

【講師紹介】


講演趣旨

日本もPIC/Sに加入し、PIC/S-GMPガイドとのギャップ6つがGMP省令の施行通知で要求事項となった。6つのギャップ以外のPIC/S-GMPガイドについても参考とすべき位置づけになっている。6つのギャップは医薬品のリスクを早めに見つけその対応を行うものとして、リスク対応、製品品質照査、長期安定性試験、原料/資材管理、定期バリデーションがある。
製造所では問題が起きてから行動することよりも、品質データから予兆を早く知る、問題になる前に調査する(OOT管理)、問題が起きればその是正・予防管理をしっかりと行いPlan-Do-Check-Actionの品質サイクルを回していくことがますます重要になってきている。
今回、予兆に早く気づき対応を取る仕組みとして、アラート・アクションレベルによる管理がある。GMP管理の中でこのアラート・アクションレベル管理が有効なケースを取り上げ、この設定と運用/対応について事例を交えながら紹介する。問題を事前に解決するには過去の大きな問題や医薬品の失敗例から学ぶことも大切である。問題解決の考え方についても紹介する。

<受講後、習得できること>
・OOT管理。
・アラート・アクションレベルの管理運用について知る。
・環境モニタリングについて知る。

※複数名で受講の際は、備考欄に受講される方の「氏名・部署名・メールアドレス」を
 ご連絡ください。

(4/20) OOT管理/アラート・アクションレベル設定・運用

価格:

48,600円 (税込)

[ポイント還元 2,430ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


講演内容

1.基本的な要求事項を知る
  1) PIC/S-GMPガイドの位置づけ
   ・PIC/S GMP ガイドライン アネックス1(無菌医薬品の製造) 
  2) 最終滅菌法による無菌医薬品の製造に関する指針 
  3) 無菌操作法による無菌医薬品の製造に関する指針
  4)JP
  5)環境モニタリングに関するPMDAの指摘事項

2.過去の事例から問題点理解し解決する
  1) 大事故の事例から学ぶ
  2) 医薬品の失敗事例から学ぶ
  3) 取り組みのアプローチ

3.統計のバラツキ、発生頻度の基礎的な考え
  1) 統計手法がでてくる場面
  2) 発生確率を把握することの意味
  3) データのバラツキを知る(平均値とバラツキ)
    ・基本統計量
    ・バラツキとは(いろいろな分布)
    ・工程能力指数
    ・95%信頼区間
  4)サンプリングと計数抜取検査
    ・サンプリングの基本知識(様々なサンプリング)
    ・OC曲線は計数抜取検査の基本
    ・JISZ9015とAQL
  5) 抜き取り試験の限界(OC曲線から考える)と全数保証
    ・抜き取り試験は全数保証の一部
    ・作業者の目による保証
    ・ラインでの全数保証へ(GMP上乗せ基準)

4.モニターすることの重要性(アラート・アクションレベルの管理)
  1) アラート・アクションの考え方
    ・発生確率との関係
    ・予兆を捉える
  2) OOSとOOTの違い
  3) OOTの考え方
    ・基準値の設定根拠
    ・OOT導入のきっかけになった製品回収
    ・試験成績書と受入れ試験の齟齬
    ・溶出試験の長期安定性リスクの回避&製品回収
  4) 環境モニタリングの項目
      ・水の管理
      ・作業環境の管理(微粒子、落下菌、浮遊菌)
      ・原料/資材の微生物/エンドトキシン管理
      ・虫の管理

5.リスクアセスメント(他山の石)
  1) 製品回収から学ぶ
    ・帰納法的なリスク予防
    ・OOT管理の不備を指摘されたと思われる製品回収
          ・他社で起きたことは自社でも起きる
  2) 地雷を埋めない(将来の品質問題としない)
  3) 化血研から学ぶこと
          ・起きた品質トラブルをそれ以上に大きくしない
          ・クオリティカルチャーの重要性
  4) 製品回収から見えてくる当局の製品回収の考え方
   ・原料の使用期限管理不備による回収
   ・OOT管理に不備があったと想定される回収
   ・洗浄バリデーションに不備があったことによる回収 
  5)無通告査察の対応

6.医薬品の微生物管理の基礎知識
  1) 微生物とは
  2) 微生物の種類
  3) 微生物の耐熱性
  4) 微生物の同定(雪印乳業の食中毒)
  5) 微生物の毒素
  6) エンドトキシン

7.環境モニタリング
  1) 目的と意義
  2) 項目
   ・表面付着菌
   ・作業者(手袋、作業服)
   ・空中浮遊菌・落下菌・浮遊微粒子
  3) 環境モニタリングの用語
  4) 空中微粒子
  5) 浮遊菌・落下菌
   質問;空中微粒子モニタリングの警報基準値は処置基準値に対して何%程度で
      設定することが望ましいのでしょうか?
   質問;空中微粒子の作業時と非作業時について、環境試験測定者も製造作業者と
      同様にエタノール噴霧による消毒や測定動作による発塵等があり、製造作業者が
      いなくても完全な非作業時として空中微粒子を扱うことは難しいが、環境試験
      作業者の取り扱いはどうすればよいか? など
  6) バイオバーデン(作業着、環境菌などの確認)
  7) 温湿度管理
  8) 気流・換気回数などの管理

8.固形剤の微生物管理
  1) 原料の微生物管理
  2) 製剤の微生物管理
  3) 製造販売承認書に微生物を盛り込むリスク
  4) 微生物自主規格での製品回収

9.注射剤の微生物管理
  1) 原料の微生物、エンドトキシン管理
  2) 滅菌と無菌充填
  3) バリデーション
  4) 環境モニタリング結果の逸脱時の対応

10.原薬委託先の予防管理
  1) 品質面の管理(取り決め事項)
  2) MFの管理
  3) 査察時の確認事項
  4) 他社のGMP適合性調査の影響

11.長期安定性試験のモニタリング管理
  1) 25℃×60%と成り行き室温との関係(承認当時の長期安定性試験)
  2) 長期安定性試験時に規格外発生と製品回収の関係
  3) 変更管理時の注意事項
    ・固形剤(溶出試験) 事例紹介
    ・注射剤(不溶性微粒子試験) 事例紹介

12.虫のモニタリング管理
  1) 虫対策
  2) 補注係数&逸脱報告での虫のモニタリング
  3) 虫の同定による虫のモニタリング
  4) 虫苦情時の対応
  5) 顧客対応の重要性
    ・苦情対応の差により全製品回収⇔対応への賞賛の2社の明暗

13.3H(初めて、変更、久しぶり)、5H(犯罪、普段と違うの2つ追加)
  1)3H−4M活動によるトラブル未然防止
  2)ミスと犯罪の違い
  3)普段と違う/感性を高める

14.人が創る品質(Quality Culture)/Quality Culture


  □質疑応答・名刺交換□

留意事項

※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。

当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から受講券および会場案内等をご指定の住所に送付いたします。
また、お申込の際、事前に会員登録をしていただきますとご購入時にポイントが付与され、 貯まったポイントはセミナーや書籍等のご購入にご利用いただけます。
会員登録はこちら

ご請求書は、弊社より別途郵送いたします。
銀行振り込みまたは郵便振替を選択された場合は、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

個人情報等に関しましては、セミナーご参加目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送いたします。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
ご要望・ご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】

以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み、郵便振替
銀行振込 郵便振替
ご請求書を郵送いたします。
貴社お支払規定に従い、お振込ください。(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード
クレジットカード

3.楽天ID決済
楽天ID決済

4.コンビニ決済
クレジットカード

【領収書について】
領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。

【同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)について】
同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)を申し込まれる場合、以下のように入力をお願いいたします。
  1. 同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)で、「2名で参加」または「3名で参加」を選択してください。
  2. 購入数には、ご参加される人数を入力してください。(2名または3名)
システムの制限上、合計金額は人数分表示されますが、実際のご請求は割引後の価格でさせて頂きます。

関連商品

ページトップへ