カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

3極要求を踏まえたCMC申請資料作成と当局対応

3極要求相違を踏まえた

CMC申請資料作成と当局対応ノウハウ


〜3極比較から見える「今求められるCMC申請資料」〜


CTD M2,M3での3極間での明確な差異と微妙な要求の違いをどう申請資料に反映していくべきか?
開発プロジェクトとの相関やレビュー、照会事項対応など効率的な承認取得のための様々な視点での資料作成方法





発 刊

2012年2月20日

体 裁

B5判上製本  215頁

価 格(税込)

59,400円 (会員価格 56,430円)  会員登録について
 定価:本体55,000円+税4,400円
 会員:本体52,250円+税4,180円

なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に調整させて頂きます。

発行 : サイエンス&テクノロジー(株)
 送料無料

ISBNコード

978-4-86428-040-2

Cコード

C3047



著者

三輪 敏紳       エーザイ(株)
丸橋 和夫       (株)エースジャパン
上杉 恵三       グロファーマフィジクス[元エーザイ(株)]
外資系製薬企業  CMC企画部 部長
岡崎 公哉       ファイザー(株)
日比 加寿重     アストラゼネカ(株)
大谷 淑郎       薬事コンサルタント [元 科研製薬(株)]
浅田 隆太       東北大学 [元 医薬品医療機器総合機構]

3極要求を踏まえたCMC申請資料作成と当局対応

価格:

59,400円 (税込)

[ポイント還元 5,940ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

目次

第1章 CMC申請における組織体制・スケジュール管理と開発プロジェクトとの相関
はじめに:開発プロジェクトと申請関連プロジェクト
 1. 申請プロジェクト
  1.1 グローバルプロジェクトの場合
  1.2 日本申請プロジェクトの場合

 2. CMC 資料作成プロジェクト

 3. レビュー・チェックの必要性

 4. CMCがプロジェクトのボトルネックにならないために
  4.1 CMCの目的とCMCプロジェクト方針
  4.2 開発プランとステージごとの文書
   4.2.1 CTD
   4.2.2 IB(治験薬概要書)
   4.2.3 IMPD
  4.3 IND,IMPD作成のコーディネーション
  4.4 CMC開発業務の仕分けと責任
  4.5 リーダーとマネジャー
まとめ


第2章 IND申請におけるCMCパートでの記載要求事項

 第1節 IND申請における原薬欄記載の留意点
  1.原薬欄記載の留意点
  2.原薬欄の記載項目と記載内容
   2.1 一般情報(S.1)
    2.1.1 命名法(S.1.1)
    2.1.2 構造(S.1.2)
    2.1.3 一般的特性(S.1.3)
   2.2 製造 (S.2)
    2.2.1 製造業者 (S.2.1)
    2.2.2 製造工程と工程管理の記載 (S.2.2)
    2.2.3 原材料の管理(S.2.3)
    2.2.4 重要工程と中間体の管理(S.2.4)
    2.2.5 工程バリデーションの評価 (S.2.5)
    2.2.6 製造工程開発 (S.2.6)
   2.3 原薬の特性評価 (S.3)
    2.3.1 構造及びその他特性の解明(S.3.1)
    2.3.2 不純物 (S.3.2)
   2.4. 原薬の管理(S.4)
    2.4.1 規格(S.4.1)
    2.4.2 分析手順 (S.4.2)
    2.4.3 分析手順のバリデーション (S.4.3)
    2.4.4 バッチ解析(S.4.4)
    2.4.5 規格の正当性 (S.4.5)
   2.5 対照標準または対照物質(S.5)
   2.6 容器及び施栓系(S.6)
   2.7 安定性(S.7)
    2.7.1 安定性の要約と結論(S.7.1)
    2.7.2 承認後安定性プロトコール及び安定性の確約 (S.7.2)
    2.7.3 安定性データ (S.7.3)
  3.具体的な記載例

 第2節 IND申請資料における製剤欄記載の留意点

  はじめに
  1.日本における治験届出
   1.1 治験薬概要書に記載すべき事項
  2.欧州における治験届出
  3.米国における治験届出
   3.1 臨床第1相試験1)Phase 1 Studies
   3.2 探索IND試験2)Exploratory IND Studies
   3.3 臨床第2相/第3相試験3) Phase 2/ Phase 3 Studies
    3.3.1 臨床第2相試験
    3.3.2 臨床第3相試験
  最後に

第3章 3極要求相違を踏まえたCTD-Q記載の留意点〜各sectionの要求事項と記載例〜
はじめに
1. 緒言

2. 原薬
 2.1 【2.3.S 原薬(品名、製造業者)】
  2.1.1 【2.3.S.1 一般情報】
  2.1.2 【2.3.S.2 製造(品名、製造業者)】
  2.1.3 【2.3.S.3 特性(品名、製造業者)】
  2.1.4 【2.3.S.4 原薬の管理(品名、製造業者)】
  2.1.5 【2.3.S.5 標準品又は標準物質(品名、製造業者)】
  2.1.6 【2.3.S.6 容器及び施栓系(品名、製造業者)】
  2.1.7 【2.3.S.7 安定性(品名、製造業者)】

3. 製剤
 3.1 【2.3.P 製剤(品名、剤型)】
  3.1.1 【2.3.P.1 製剤及び処方(品名、剤型)】
  3.1.2 【2.3.P.2 製剤開発の経緯】
  3.1.3 【2.3.P.3 製造(品名、剤型)】
  3.1.4 【2.3.P.4 添加剤の管理(品名、剤型)】
  3.1.5 【2.3.P.5 製剤の管理(品名、剤型)】
  3.1.6 【2.3.P.6 標準品又は標準物質 (品名、剤型)】
  3.1.7 【2.3.P.7 容器及び施栓系(品名、剤型)】
  3.1.8 【2.3.P.8 安定性(品名、剤型)】

 4 【2.3.A その他】
  4.1 【2.3.A.1 製造施設及び設備(品名、製造業者)】
  4.2 【2.3.A.2 外来性感染性物質の安全性評価】
  4.3 【2.3.A.3 添加剤】
 
 5 【2.3.R 各極の要求資料】



第4章 クオリティ・バイ・デザインアプローチとデザインスペースによる承認申請
.はじめに

1..ICH Q8とQuality by Design

2.デザインスペースを設定するための手順および手法

3.品質が保証される範囲の境界線の設定(手順4)

4.製造販売承認申請書(CTD Module 1.2)と薬食審査発第0210001号

5.変更管理の‘戦略’を考慮した製造販売承認申請書の作成(手順5)

6.承認申請書へのDS(Design Space)の記載
 6.1 DSに関わる工程パラメータ及び品質特性の分類
 6.2. デザインスペースに関わる工程パラメータの許容範囲の記載
  6.2.1 目標値/設定値として記載する場合
  6.2.2 幅記載とする場合
  6.2.3 2つ以上の工程パラメータに相互作用がある場合
おわりに


第5章 海外からの導入品における資料作成の留意点と日本独自の要求事項の反映
はじめに
1. 申請資料作成時に参照するガイドライン・通知等
 1.1 ICH-Qガイドライン
 1.2 国内関連通知・事務連絡
 1.3 CTDモックアップ
 1.4 申請資料(QOS)作成時のイメージ

2.承認申請書とQOSの記載事項の関連

3.QOS作成のポイント
 3.1 原薬の一般情報
 3.2 製剤開発の経緯
 3.3 製造
  3.3.1 製造業者
  3.3.2 製造方法及びプロセスコントロール
  3.3.3 原材料の管理
  3.3.4 重要工程及び重要中間体の管理
  3.3.5 プロセス・バリデーション/プロセス評価
 3.4 不純物
 3.5 原薬及び製剤の管理
  3.5.1 規格及び試験方法
  3.5.2 試験方法(分析方法)
  3.5.3 試験方法(分析方法)のバリデーション
  3.5.4 ロット分析
  3.5.5 規格及び試験方法の妥当性
 3.6 標準品又は標準物質
 3.7 容器及び施栓系
 3.8 安定性
  3.8.1 安定性のまとめ及び結論
  3.8.2 承認後の安定性試験計画の作成及び実施
  3.8.3 安定性データ

4.適合性書面調査

5.GMP適合性調査
 5.1 適合性調査申請
 5.2 事前提出資料(調査資料)
 5.3 適合性調査申請時・調査時の留意点
 5.4 上市に向けたGMP適合性担保

6.一部変更承認申請時の留意点

おわりに

第6章 変更管理を踏まえた一変/軽微変更の判断ポイントと申請資料への記載
1.新薬事法における承認システムと変更管理

2.製造販売承認申請と変更管理

3.製造方法等変更時の対応と手続き等の取扱い
 3.1 変更管理
 3.2 軽微変更届出
 3.3 製造方法に係る国内の通知・指針・ガイダンス
 3.4 その他の国内ガイドライン・参考指針等

4.申請書作成の取扱いと留意点
 4.1 製造販売承認申請書の作成要領
 4.2 DMF登録申請書の作成要領
 4.3 承認後変更と申請書記載
  4.3.1 製造方法欄の記載の留意事項

5.一変(あるいは変更登録)対象事項/軽微変更届出事項の識別
 5.1 製造方法に関する一変(あるいは変更登録)申請/軽微変更届出の区別 
 5.2 製造方法に関する一変(あるいは変更登録)申請の対象事項
 5.3 一変承認申請対象事項及び軽微変更届出対象事項の切り分けの考え方
 5.4 軽微変更届出の範囲
 5.5 申請書の製造方法欄の記載要領
 5.6 CTD-M1への製法記載に関する資料の添付
 5.7 製造方法欄以外の記載について

6.承認後変更に係る申請書への製造方法等の記載の実際
 6.1 製造場所
 6.2 製造方法
 6.3 原薬の記載例
 6.4 参考資料の作成と添付
 6.5 フローチャートの作成と添付
 6.6 製造方法欄記載に用いる用語の解説
  6.6.1 原薬出発物質
  6.6.2 中間体
  6.6.3 最終中間体
  6.6.4 重要工程
  6.6.5 目標値/設定値

7.一変/軽微のケーススタディー

8.承認審査での主な指摘事例

9.承認後変更に係る開発段階における変更管理と申請添付資料への記載
 9.1 治験薬GMPにおける変更管理
 9.2 開発過程と変更管理に関する記載の留意点
 9.3 原薬のCTD資料の「製造工程の開発の経緯」に関する記載の留意点
 9.4 原薬変更時の物理的同等性検証の記載の留意点
 9.5 原薬変更時の不純物プロファイルの同等性検証の記載の留意点
 9.6 「製剤開発の経緯」に関する記載の留意点
 9.7 製剤変更時の同等性検証に関する記載の留意点
 9.8 開発段階での処方変更と同等性の確認に関する記載の留意点

10.製造販売承認申請とDMF(ドラッグマスターファイル)の関係
 10.1 日本版DMFについて
 10.2 日本版DMFシステムの概要と変更管理
 10.3 DMF登録申請書の作成要領
  10.3.1 登録申請書と添付資料の記載内容の関係
  10.3.2 登録事項の変更
 10.4 登録の変更手続きにおけるDMF登録社と製造販売承認申請者との連携

11.欧米における変更管理
 11.1 米国における変更管理
  11.1.1 FDAの規則・ガイダンス等
  11.1.2 FDAの規則・ガイダンスにみる出発物質及び変更事項の取扱い事例
 11.2 欧州(EU)における変更管理と変更区分
  11.2.1 EUの変更管理に関する規則・ガイダンスの概要
  11.2.2 一変/軽微の対象事項の事例と提出が必要な資料


第7章 欧米当局の照会事項の傾向と日本企業の対応
 はじめに
 1.照会内容の把握と回答スケジュールの確認

 2.CMC各セクションの照会事項の傾向-原薬
  2.1 S.1 について
  2.2 S.2について
  2.3 S.3について
  2.4 S.4について
  2.5 S.5について
  2.6 S.6について
  2.7 S.7について
 
 3.CMC各セクションごとの照会事項の傾向-製剤
  3.1 P.1について
  3.2 P.2について
  3.3 P.3について
  3.4 P.4について
  3.5 P.5について
  3.6 P.6について
  3.7 P.7について
  3.8 P.8について

 4.照会事項の例 
  4.1 FDA照会の例
  4.2 EU照会(Day 120 LoQ)にさきがけ,提供されるday80レポートの例
  4.3 Day 120 LoQの例
  4.4 Day150 審査報告書の例
 まとめ


第8章 公開されている審査報告書から見る申請資料作成の留意点
はじめに
1. 審査報告書
 1.1 全体の構成
 1.2 「品質に関する資料」の構成

2. 承認申請書作成における留意点
 2.1 承認申請書の項目
 2.2 承認申請書に関する指摘事項
  2.2.1 成分及び分量又は本質欄
  2.2.2 製造方法欄
  2.2.3 規格及び試験方法
 2.3 まとめ

3.CTD作成における留意点
 3.1 CTDの構成
 3.2 CTDに関する指摘事項
  3.2.1 原薬
   3.2.1.1 製造方法
   3.2.1.2 規格及び試験方法
  3.2.2 製剤
   3.2.2.1 製造方法
   3.2.2.2 規格及び試験方法
  3.2.3 安定性

4.照会事項とその回答例
 4.1 原薬
  4.1.1 製造方法
  4.1.2 規格及び試験方法
   4.1.2.1 残留溶媒
   4.1.2.2 結晶多形
 4.2 製剤
  4.2.1 製造方法
  4.2.2 規格及び試験方法
 4.3 安定性
  4.3.1 測定項目
  4.3.2 結晶多形
  4.3.3 臨床現場で想定される保存形態における安定性
  4.3.4 苛酷試験
おわりに


第9章 CMC分野における適合性調査への対応
はじめに
1. 基準適合性書面調査
 1.1 適合性書面調査の概要
 1.2 資料詳細目録の作成
 1.3 調査直前(事前)提出資料の作成
 1.4 適合性書面調査の実際
 1.5 申請書添付資料の調査
 1.6 治験薬製造関係の調査  

2. GMP適合性調査

3. 承認前査察(FDA)
 3.1 FDAガイダンスマニュアル
  3.1.1 査察の目的とテクニック
 3.2 PAIの実際
  3.2.1 PAI事前質問
  3.2.2 EIR
まとめ

【注意事項】

本書籍は、サイエンス&テクノロジー株式会社より発刊しております。
当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から ご郵送にて書籍等をお送りします。

ご請求書は、弊社より別途郵送します。
(※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。)

個人情報等に関しましては、書籍発送目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送します。

関連商品

購入数

[書籍] 光学活性医薬品開発とキラルプロセス化学技術

32,400円(税込)
 本書ではこれらのキラル技術に加えて、新薬開発競争著しい医薬品業界の現況と課題、それに医薬品づくりに欠かせない法規制・特許・品質管理・工業化などの関連分野・部門の重要ポイントや留意点を織り込み、薬業界の状況と光学活性医薬品およびキラルプロセス化学技術の研究開発状況が本書1冊で網羅できるという、これまでにないユニークな構成とした。(まえがきより抜粋)
【ポイント】
 ・光学活性化合物における結晶化・晶析技術のテクニックと留意点

 ・工業化のためのキラルテクノロジー(キラル相間移動触媒,キラルプール法,晶析法,酵素法など)

 ・均一系不斉触媒を用いたスケールアップ事例と留意点

 ・光学異性体の分析と不純物の工程管理

 ・光学活性化合物の化学構造とADME・相互作用との関連性

 ・特許戦略としての光学活性体について
購入数

IND/NDA申請に必要な欧米・アジア規制と記載事例

64,800円(税込)
・中国/韓国/台湾製薬産業の現状、IND/NDA申請に必要な非臨床パートからCMCパート至るまで、申請に関する国内との相違と各国の特徴

・現場の一変/軽微変更をどのように薬事に落とし込むか。承認内容の変更を行う場合の申請方法

・各国への申請で必要となる規格:包装:処方(処方量を含む):原料/ 添加物の由来の記載方法

・欧米・アジアへの新薬承認申請で必要となる有効性/安全性とは。

・アジア地域のみで国際共同治験が実施され承認された医薬品について審査官の承認理由/考え方を概説

・EUといっても一律基準ではない。EU各国を経験した欧州現地担当者がそれぞれのプロセスと対応方法を説明

・各リージョンにおけるIND申請からIND-openまでのタイムフレームとその間の行政当局との一般的なやり取り

・グローバル・アジア治験における各国のレギュレーションとそれに則った申請資料の作成方法

・アジアへのIND/NDA申請は英語資料はあった方がいいのか。

・一般的なPre-INDの期間は?短くするには?・・・開発期間短縮のための必要知識が満載

<本文抜粋>
本項では日本における国際共同治験の現状、特に東アジア地域における国際共同治験の現状に関し、これまでに国際共同治験のデータを主な臨床試験成績として承認された医薬品の事例等を紹介し、国際共同治験を実施する上での課題等について説明する。(第1部抜粋)

本章では「欧州」における医薬品の販売承認申請に関わる薬事規制や審査機構、プロセスについて解説する。ここでいう「欧州」とは欧州連合(European Union、現27カ国:以下、「EU」)加盟国並びにアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーからなる欧州経済領域(European Economic Area:以下、「EEA」)協定下にあり、欧州連合と同販売承認制度を持つ国々を意味する。一般的に、欧州には、この他にスイス、ロシア連邦、ベラルーシ、ウクライナ他の国々が存在し、以下で述べる販売承認制度と異なる独立した承認制度を持っている。(第3部抜粋)


本章は韓国での薬事法制がどのような歩みを遂げてきたかを説明し、韓国の医薬品産業の今後の行方を考察する上で、参考になればと思うことを記す。ガイドラインの中で、ブリッジング試験の導入、臨床試験(以下、治験とする)許可申請(IND)/新薬の承認申請(NDA)の分離、事前相談を説明する。(第4部抜粋)
購入数

(7/26) 再生医療 安全性・品質評価と臨床/申請データ

48,600円(税込)
第1部 『再生医療/細胞・組織加工製品の安全性・品質評価』
生きた細胞を治療に用いるという再生医療製品の品質・安全性確保では、従来のバイオ医薬品とはことなる製法開発、品質評価、安全性評価が必要な側面とバイオ医薬品と共通する考え方の両面を考慮した開発が求められる。再生医療/細胞加工製品の安全性/品質評価について製法開発から非臨床試験に亘ってポイントとなる点を解説する。
第2部 『再生医療等製品における臨床試験と承認申請作成/必要なデータ』
医薬品医療機器等法が施行されてから2年半が経過し、新制度により2製品が上市され、多くの製品の開発が進んでいます。また昨年はPMDAから非臨床試験、臨床試験に関する技術的ガイダンスも発出され、開発の環境も加速度的に整いつつある状況です。今回は、これまでの再生医療等製品の開発経験に昨年発出された技術的ガイダンス及び承認申請書留意事項通知の内容を織り交ぜながら、再生医療等製品の臨床試験と製造販売承認申請書の作成のポイントについて説明させていただきます。
購入数

(9/7)【超入門】コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー

48,600円(税込)
コンピュータバリデーション(CSV)と電子記録・電子署名(ER/ES)に関する超入門編です。
はじめてバリデーションやER/ESを学ぶ方に最適なセミナーです。
CSV規制の歴史をご紹介した上で、製薬業界のスタンダードであるGAMP 5をわかりやすく解説します。

CSVを実施する上で知っておかなければならないことは、構造設備とITアプリケーションでは、バリデーションの方法が全く違うということです。
しかしながら、これまで構造設備とITアプリケーションの違いについて解説を行うセミナーはありませんでした。
システムを4つに分類し、それぞれのCSV実施方法を解説いたします。

また、電子記録や電子署名を使用する場合、どういった管理が必要かを基本から解説いたします。
特に多くの業務で使用されているMS-ExcelのCSV実施方法と、ER/ES指針対応方法をわかりやすく解説いたします。
FDAの査察官は、電子記録の不正に関して、徹底的に査察方法を教育されています。
いったい、どのように電子記録(Excel)を管理すれば良いのでしょうか。

本セミナーでは、初心者の方に向けて、CSVとER/ES指針を超わかりやすく解説いたします。
購入数

(9/8)【中級編】コンピュータバリデーションセミナー

48,600円(税込)
CSVに関するセミナーや書籍は沢山ありますが、実際のCSVやER./ESの成果物の作成方法を解説したものはほとんどありません。
百聞は一見にしかずです。ぜひ具体的な文書の例を見て、CSV、ER/ES対応を体感してみてください。
本セミナーでは、実際のCSVやER/ES文書を開示しながら、成果物の作成方法とノウハウを徹底的に伝授いたします。
CSVやER/ESを実践してきた経験から、難解なGAMP 5をわかりやすく、適切かつ高効率な対応方法を解説いたします。
これまで入門コースを受講された方にとって、次のステップアップとなる講座です。
購入数

(9/7、8)【超入門・中級編】コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー2日間コース

64,800円(税込)
【超入門編】(9/7)
コンピュータバリデーション(CSV)と電子記録・電子署名(ER/ES)に関する超入門編です。
はじめてバリデーションやER/ESを学ぶ方に最適なセミナーです。
CSV規制の歴史をご紹介した上で、製薬業界のスタンダードであるGAMP 5をわかりやすく解説します。

CSVを実施する上で知っておかなければならないことは、構造設備とITアプリケーションでは、バリデーションの方法が全く違うということです。
しかしながら、これまで構造設備とITアプリケーションの違いについて解説を行うセミナーはありませんでした。
システムを4つに分類し、それぞれのCSV実施方法を解説いたします。

また、電子記録や電子署名を使用する場合、どういった管理が必要かの基本や、
特に多くの業務で使用されているMS-ExcelのCSV実施方法と、ER/ES指針対応方法をわかりやすく解説いたします。
FDAの査察官は、電子記録の不正に関して、徹底的に査察方法を教育されています。
いったい、どのように電子記録(Excel)を管理すれば良いのでしょうか。

本セミナーでは、初心者の方に向けて、CSVとER/ES指針を超わかりやすく解説いたします。

【中級編】(9/8)
CSVに関するセミナーや書籍は沢山ありますが、実際のCSVやER./ESの成果物の作成方法を解説したものはほとんどありません。
百聞は一見にしかずです。ぜひ具体的な文書の例を見て、CSV、ER/ES対応を体感してみてください。
本セミナーでは、実際のCSVやER/ES文書を開示しながら、成果物の作成方法とノウハウを徹底的に伝授いたします。
CSVやER/ESを実践してきた経験から、難解なGAMP 5をわかりやすく、適切かつ高効率な対応方法を解説いたします。
これまで入門コースを受講された方にとって、次のステップアップとなる講座です。
購入数

(8/29) 中堅製薬会社の生存戦略と研究テーマ方向性

43,200円(税込)
 製薬業界は今後も堅調な成長が期待される製造業である。経済の浮沈に比較的影響を受けにくい業界でありながら、新薬創出と医療費削減への圧力、新しい技術の誕生という変化が訪れている。この状況下、中堅製薬会社は新しい戦略や大方針を模索せざるを得ない。本講座では、中堅製薬会社特有の事情を新たな視点で考察し、その生存のための戦略と集中すべき研究テーマの方向性を議論する。
購入数

(8/31) 生体ビッグデータAI(ディープラーニング)創薬・DR

48,600円(税込)
 近年、探索的な機械学習法やディープラーニングなどの人工知能を用いて、生体ビッグデータが持つ「創薬力」を抽出し、疾患の薬剤標的分子の選択や既存薬のドラッグリポジショニング(DR)に活用するシステムの理論と実際を解説する。
購入数

(7/28) 研究者のための臨床検査値変動と病態の関連性

43,200円(税込)
生体に取り込まれた薬物のすべては、薬効を現した後は必ず排泄されなくてはならない。投与された薬物の代謝・排泄される速度が速すぎれば薬効が示される時間が短く、遅すぎれば蓄積して有害作用が出現する。このため医薬品の開発では、体内に取り込まれ薬効を示した後、適切な速度で代謝排泄される形態を目指す。取り込まれた薬物の多くは、主に肝臓で代謝され水溶性の化合物として排泄される。そのため薬物投与はそれ自体肝細胞に負荷となり、投与が過剰であったり、中間代謝物が次の段階に進まず蓄積するような場合には肝細胞にダメージを与える。薬物の中には、腎尿細管を直接傷害するものも多い。また、薬物が直接あるいは生体成分と結合することでアレルゲンとなり、皮膚症状や溶血を引き起こすこともある。
本研修では、肝細胞の傷害マーカー、肝機能障害マーカー、腎尿細管傷害マーカー、腎機能障害マーカー、溶血データそれぞれの出現機構を、症例を交えて学習し、検査値異常が示す身体異常を正しく評価することを目的とする。
購入数

(8/30) オープンイノベーション創薬/良いタネ発掘・目利き

48,600円(税込)
第1部 12:45〜14:30
『製薬企業におけるオープンイノベーションとは 〜オープンイノベーションによる日本発画期的新薬を目指して〜』
 国内製薬企業は以前、基礎研究から販売までの一切を一社で行っていた。しかしながら近年、アンメットメディカルニーズの細分化および創薬技術の複雑化、大型化により基礎研究を大学等のアカデミアの求め、製薬企業は応用研究行うという役割分担を各社とも目指している。そのためには産学とも性急な成果を求めず共に研究シーズを育てるという意識が必要である。アカデミアおよび企業双方の利益を共有するための方策を講義する。

第2部 14:45〜16:30
『オープンイノベーションを活用した創薬研究開発』
購入数

(9/29) ICH-GCP改訂・臨床試験QMSのSOP作成

48,600円(税込)
ICH-GCPに新しく取り入れられることになった品質マネジメントシステム(QMS)の概念は,製品やサービスのQMSのグローバルスタンダード(国際標準)であるISO9001の考え方に基づいたものです。そして,日本の臨床試験(治験・臨床研究)の現場でも,グローバルスタンダードの品質マネジメントのあり方が求められるようになります。グローバルスタンダードの品質マネジメントの考え方の下では、SOPや記録類はあくまでもツールであり、それ自体が成果物ではありません。
本講座では,まずISO9001の基本的な考え方を学びます。その上で,新しいICH-GCPが要求するQMSとはどのようなものか,そして,QMSの重要なツールの1つであるSOPとは,本来どうあるべきかについて,その本質を理解することを目標とします。

◆講習会のねらい◆
・ISO9001による品質マネジメントの基本的な考え方
・ISO9001とGxPの関係
・SOPの本質的な理解
・グローバルSOPとローカルSOPの役割とあり方
・海外規制当局(FDA/EMA)が求めるSOP
購入数

(9/28) <記載事例>はじめてのグローバルSOP作成

48,600円(税込)
治験に携わる全て、つまり、治験依頼者、治験実施医療機関 (治験責任医師等を含む) 、IRB、CRO、SMO等は、SOPを作成し、それに基づきGCP上の業務を行うことが義務づけられている。そのSOPで求められている義務を実践することは必須であるが、作成方針、その内容の構成に差異があること自体を否定する必要はないと一般的に理解されている。一方で、SOPについての理解の良し悪しによって仕事の質も異なる様々な事例が見られている。
そして、現在のICHを見ると、その発足当時とは様相が異なり、長く構成してきた3極以外の非ICH諸国が多数参加している。したがって、名実ともにICHは、グローバル化が更に進展し、当然ながら、ICH-GCPで求められるSOPの捉え方もグローバルな共通した認識といえる。
今回は、各国の法制度や文化的な環境によるSOPの違いを肯定しつつ、仕事の質を高めるために、下記の内容を共有し、国際的な治験環境にも適応できるSOPの作成のあるべき姿を理解できるセミナーとする。

<講習会のねらい>
はじめてSOPに係る業務を担う誰もが、戸惑うことなくグローバルなSOPの基本的な考え方を共有する。
その上で、主な国々のSOPの違いを許容する基本的な認識を深め、業務の生産性を高めるセミナーとする。