カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

企業化のための製造研究・実験法

医薬・農薬・電子材料分野における
企業化のための製造研究・実験法


〜論文ベースの実験がスケールアップトラブルを起こす〜

ラボ実験だけでスケールアップトラブルの未然防止はできる!





発 刊

2012年5月29日

体 裁

A5  135頁

価 格(税込)

3,909円 (会員価格 3,672円)  会員登録について
 定価:本体3,619円+税290円
 会員:本体3,400円+税272円

なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に調整させて頂きます。

発行 : サイエンス&テクノロジー(株)
 送料無料

ISBNコード

978-4-86428-041-9

Cコード

C3047



著者

純正化学(株) 顧問 橋場 功 氏
[元 日産化学工業(株)]

【主な研究・業務】
10件程度の実際のスケールアップ検討、数件の企業化(プラント建設して)製造研究、研究員の技術指導(主に有機化合物、医薬、農薬、電材)

企業化のための製造研究・実験法

価格:

3,909円 (税込)

[ポイント還元 390ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

趣旨

時々製造研究者の募集を見るが、学校では製造研究(スケールアップ)を教える学科はない。途中採用でもまともに製造研究をしている研究員はいないと思われるが、それは企業化の機会が非常に少ないからである。基本的に製造研究者は自社で育成するものだし、管理者がするものだが、管理者が製造研究を知らないケースがほとんどである。
管理者が無能だとそのチーム自体意味がない物になる。本書は、スケールアップトラブルの原理、トラブルの未然防止、その実験法について記載し、それを実行する管理者の考え方、役割を記載している。研究文化を変えないと企業化という目的は果たせないだろう。
上記の問題は化学の文化、論文の文化に原因があり製造研究の進歩の為には、研究文化を変えないといけないのである。これが大変なのであるが、研究員と管理者が協力して進歩する。そして教えてもらわないと進歩するには非常に時間がかかる。


目次
まえがき

第1 章 企業化

1.1 企業化は研究費をお金に換える作業
1.2 研究が企業化する可能性は少ない
1.3 企業化しないと分からない物がある
1.4 企業化は組織学である
1.5 製造研究は1つの歯車である

第2 章 会社の風土,研究風土,学会の風土
2.1 さん付けで呼ぼう
2.2 益川さんのさん付け
2.3 ドクターのこと
2.4 学校を忘れなさい

第3 章 製造研究とスケールアップ検討
3.1 スケールアップとは
3.2 スケールアップの倍率は?
3.3 パイロットは高いし時間がかかる
3.4 製造研究の目的は研究を儲けにすること
3.5 他社の製造研究のレベルは分からない
3.6 事故に関して安全は絶対
3.7 プロからプロへ引き継ぎ企業化
3.8 製造研究に工場経験は必要であろう
3.9 化学は大切な30%
3.10 製造研究者はなかなかできない

第4 章 スケールアップの原理
4.1 なんだか分からないけど心配だ
4.2 ラボ実験だけでできるスケールアップ
4.3 スケールアップの大原則「同じ事をすれば同じ結果」
4.4 スケールアップトラブルのもう1 つの原則
4.5 情報伝達は正しく,実験通りマニュアルを書く
4.6 パイロットを始める為に
4.7 反応形式は恒温滴下反応,最重要
4.8 スケールダウン
4.9 原因が分かると改良はほとんどの場合簡単にできる

第5 章 大きな装置
5.1 パイロット装置は余り物からできている
5.2 多目的装置
5.3 専用装置は1 番安くできる
5.4 大量製造装置の大変な点は物質移動
5.5 畳の上の水練
5.6 トラブルは思ったより時間がかかる
5.7 ラボ実験の装置は工夫が要る
5.8 装置でできないから実験しない

第6 章 実験のスピードアップ
6.1 データ取りは1工程でなく1操作で
6.2 結論は分析で出す
6.3 小さな実験
6.4 どこからでもいつでも実験できる
6.5 パイロットまで1 ヶ月しかない,何もできない
6.6 ブレークスルーの武器
6.7 マスバランスを取る
6.8 現状認識作業の意義とやり方
6.9 上司の言うこととやりたいことが違う
6.10 並列実験は実験のスピードアップである
6.11 実験補助員を使う

第7 章 反応検討
7.1 なぜ100%でないの?
7.2 製造研究,何をして良いか分からない
7.3 素人でも結果が分かる実験にする
7.4 心配だからやらない
7.5 ガス量の測定
7.6 反応理解の計画はマトリックスで
7.7 反応式に書けない副反応は起きない
7.8 1 つ1つ丹念に検証
7.9 反応検討の最初は実験形式である。恒温滴下反応という
7.10 トラブルは発熱制御の失敗である
7.11 反応では温度データが絶対
7.12 安ければ可能性がなくとも試してみる
7.13  あれこれ論争をしない,実験すると半日でどちらが正しいかすぐ分かる
7.14 接触水添は加圧でやる物
7.15 酸素水を避けるにはドライボックスでの実験
7.16 防げる副反応,仕方がない副反応
7.17 原料が存在したら反応は行く
7.18 攪拌テストの仕方
7.19 有機金属反応,金属は酸化被膜に覆われている
7.20 誘導期のある反応は非常に危険

第8 章 後処理,抽出,濃縮
8.1 簡単が1番
8.2 抽出は熱時抽出が普通
8.3 抽出で必要なデータは溶解度,分配率
8.4 トラブルとしては分液不良がある
8.5 スケールアップ時固体のドライアップはできない
8.6 濃縮時の注意
8.7 蒸留精製は晶析より効率がよい

第9 章 晶析
9.1 晶析は工業的にはしたくない作業
9.2 個体を取り出すパターン
9.3 濾過3 日,乾燥5 日は立派なトラブル
9.4 酸沈は滴下晶析
9.5 有機溶媒中での塩酸塩の生成,ナトリウム塩の生成
9.6 良溶媒に溶解しそれに貧溶媒を加える
9.7 結晶多形の制御には滴下晶析
9.8 壁付着性結晶の解決
9.9 30%晶析法は非常に有効
9.10 溶解度曲線を活用した晶析考察

第10 章 トラブルの未然防止と事故の未然防止
10.1 ラボ実験とパイロット実験同じであれば成功
10.2 新入社員の安全教育
10.3 事故の未然防止
10.4 トラブル対応
10.5 東電の事故
10.6 はやぶさ神話
10.7 金星衛星
10.8 電車のこと
10.9 トラブルは解明しないといけない
10.10 原料としてなにが来てもできる製造法はない
10.11 いざとなったら自社製造できるようにしておく
10.12 トルエン,ヘプタン系晶析の安全確保

第11 章 フローシートの作成
11.1 フローシートのレベルは様々である
11.2 創薬と学校のフローシートは無視して良い
11.3 2つの化学
11.4 フローシートは装置設計の基本
11.5 プラントの担当者との打ち合わせ
11.6 化工屋に教えられたこと

第12 章 計画
12.1 想定価格と想定販売量がないと製造研究はできない
12.2 ジグザグ研究ではなく公平なデータ取り
12.3 現状認識作業は製造研究の90%
12.4 実験計画
12.5 理屈の構築
12.6 計画の回答は報告書
12.7 思った通りに製造する

第13 章 教育
13.1 整理整頓清掃
13.2 匂いを出すような下手な実験をしてはいけない
13.3 時間がないとすぐ言う
13.4 研究はラインではない,上司部下ではなく先輩後輩である
13.5 知っている人を知っている
13.6 知らないと言えるほど自信を持ちなさい
13.7 会議の仕方,オンザジョブトレーニング
13.8 すぐできないというと言う,あとは言い訳ばかり考える
13.9 普通が分かれば大したもの
13.10 成功体験が必要

第14 章 製造研究の為の経済性
14.1 目標価格がわからないと製造研究は始まらない
14.2 変動費の計算をする,できる
14.3 工場における生産費用(時間の価格)の計算ができる
14.4 プラントコストの理解
14.5 研究費のコストを認識しておく
14.6 開発費の考察
14.7 パイロットのコスト
14.8 生産性改良の技術ポイント

第15 章 管理者
15.1 研究管理とライン管理とは違う
15.2 研究テーマの選択
15.3 計画目標の伝達,設計
15.4 技術のレベルアップ
15.5 他部署との連携
15.6 実験者のモチベーションを維持する
15.7 どの会社でも通用する
15.8 桟敷席に座って良い悪いと言う,悪けりゃよくするのが上司
15.9 受けた仕事はうまく行かせる
15.10 下手が教えると下手になる
15.11 実験のスピードアップ
15.12 中間体の調達,試薬の購入
15.13 教育は自社でする

あとがき

【注意事項】

本書籍は、サイエンス&テクノロジー株式会社より発刊しております。
当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から ご郵送にて書籍等をお送りします。

ご請求書は、弊社より別途郵送します。
(※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。)

個人情報等に関しましては、書籍発送目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送します。

関連商品

購入数

界面活性剤の選択方法と利用技術[新装版]

43,200円(税込)
医薬品は,その特殊性からGLP・GMP の厳しい基準のもとに研究・製造され,患者に使用されるまでの長期間にわたって品質を保証し,正確かつ適正に用いる事が求められる。そのため医薬品包装においては,直接容器の材質,形態,表示などが薬事法や薬局方等の公定書によって多くの規制を受けている。
 医薬品の容器は大別すると,不透過性容器(Impermeable containers)および半透過性容器(Semi- permeable containers)に分類される。
 一般的に包装には内容物保護性・取扱い利便性・販売促進性の機能が要求されているが,医薬品の場合には特に内容物保護性と安全性・使用性が重要である。 このように医薬品包装の役割はきわめて大きいので,日米欧とも医薬品承認審査において包装材料に関する添付資料の提出が要求されるなど,容器・栓系に関して各種の規制が行われている。(2部1章/人見英明 より抜粋)
購入数

[書籍] リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術

75,600円(税込)
<実用材料の特性改善>
・層状酸化物正極―表面被覆・超音波処理による電極特性改善
・他元素置換による5V級スピネルマンガン正極と耐高電圧電解液の開発
・微細構造制御によるスピネルマンガン正極のサイクル特性改善
・スピネルマンガンとのハイブリッド化による三元系正極の特性改善
・リン酸バナジウムリチウムの添加による三元系正極の特性改善 安全性評価

<低コスト・高効率な活物質合成、改質を実現するプロセス技術>
・ガラス結晶化法 ・炭化水素ガス熱分解法 ・高周波誘導加熱法

<低コスト素材による正極開発>
・ケイ酸塩ポリアニオン、硫黄(SPAN、炭素ナノ複合体、硫黄ファイバー)、フッ化鉄、プルシアンブルー類似体正極

<実用化迫るシリコン系負極の開発状況 ―原料・構造・組成検討・体積膨張・不可逆容量への対応>
・SiO、リン酸スズガラス、Sn-Sb系硫化物ガラス、Si-SnC2O4系、Si-Sn-Fe-Cu:4元系Si合金、Si-O-C材料
・既存正極と組み合わせた全電池による充放電特性・安全性評価データ
・ナノ構造制御、鱗片状シリコン粉末、他金属元素とのコンポジット化

<合金系以外の次世代負極>
・酸化鉄、酸化鉄添加SiO-C、酸化チタン、複合金属酸化物、ナノ粒子窒化物など


 自動車や電力貯蔵用途などの大型蓄電デバイスに向けて、LiBの高エネルギー密度化への要求は強く、新たな材料研究・開発が盛んに行われています。
 このような中、本書では、LiBの性能を左右する材料でありながら、これまでの解説書では総説的に語られることの多かった正極・負極活物質の開発事例を中心に構成しています。
 現行材料の改良や新規材料の検討例に加え、より簡便で低コストな合成方法等について、豊富な電気化学特性データを交え、その研究者自身に解説頂いています。また、新たな活物質の特性を活かすためのバインダー選定や電極形成法等の材料技術についても一部、解説しています。
 LiBの高性能化に向けた新たな活物質・電極材料技術開発のヒントが大いにつまった本書は、現在研究開発を行っている方や、新規参入を検討している方のお役にたつ一冊です。(書籍企画担当)
購入数

[書籍] 粉体・微粒子のサイズリダクション技術

64,800円(税込)
急速に進歩する最先端技術。
近年では製品の小型化・高性能化に多くの企業が努力し競争をしています。
高度に発展した社会では、同様に高度なサイズ・リダクションを要求され、如何に多くの機能を有し、且つコンパクトにするかが重要な課題となっています。

━☆ポイント☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
   ・粒子の物性と粉砕の関係は?正確な粒子径測定法を知る。
   ・この素材に最適な粉砕機はどれ!?各種粉砕機の特徴と選定法から見つける!
   ・粉砕による粉体・粒子の活性化で新素材の開発を!!メカノケミカル効果を理解する!
   ・摩耗・付着・凝集・粉塵爆発など、実ラインにおけるトラブル対策を網羅!
   ・高精度な分級操作の実現のためには??分級・篩い分け操作の完全理解!
   ・噴霧乾燥(スプレードライ)の原理から装置の操作法まで!
   ・粉体ハンドリングの各工程トラブルに対応!ナノサイズの粉体の処理も!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

各技術分野における素材の基礎、粉砕・分級技術を完全網羅し、製品の高性能化に伴うサイズリダクションの要求及び現場に即した実ラインでのトラブル対策への指針として活用いただけるよう、企画いたしました。


≪本文一部抜粋≫
ジェットミルは、流体エネルギーを利用した全く可動部分のない微粉砕機であり、1940年ころから実用化され始めたといわれ、医薬品等の微粉砕機として特殊な産業分野で使用されていた。最近では、各産業分野での超微粉砕の要求が高まるにつれ・・・・・・それらの要求に応えるべく新製品の開発及び改良が重ねられてきた。
 ・・・・また衝突板式ジェットミルが開発され、気流式分級機と組み合わせることで、従来粉砕困難であった難粉砕性物質も微粉砕を可能にした。さらに特殊なガスを利用した雰囲気下で微粉砕を行うことで、従来の空気雰囲気下では達成できない微粉域まで粉砕する事を可能にした最新の技術を紹介する。
(第2章6節より)
購入数

[書籍] 光学活性医薬品開発とキラルプロセス化学技術

32,400円(税込)
 本書ではこれらのキラル技術に加えて、新薬開発競争著しい医薬品業界の現況と課題、それに医薬品づくりに欠かせない法規制・特許・品質管理・工業化などの関連分野・部門の重要ポイントや留意点を織り込み、薬業界の状況と光学活性医薬品およびキラルプロセス化学技術の研究開発状況が本書1冊で網羅できるという、これまでにないユニークな構成とした。(まえがきより抜粋)
【ポイント】
 ・光学活性化合物における結晶化・晶析技術のテクニックと留意点

 ・工業化のためのキラルテクノロジー(キラル相間移動触媒,キラルプール法,晶析法,酵素法など)

 ・均一系不斉触媒を用いたスケールアップ事例と留意点

 ・光学異性体の分析と不純物の工程管理

 ・光学活性化合物の化学構造とADME・相互作用との関連性

 ・特許戦略としての光学活性体について
購入数

(3/16) 技術者のためのプレゼンテーション “実践”講座

48,600円(税込)
技術者のためのプレゼンテーション“実践”講座
日時:2017年3月16日(木) 10:30〜17:00
会場:東京・品川区大井町 きゅりあん 6階 中会議室
 技術者のためのプレゼンテーション2日間講座の2日目。実際に受講者が持ち時間を与えられプレゼンテーションを行い、それを講師が講評・指導していくといった形式の実習セミナー。講師や他の受講者を聴衆にプレゼンテーションを実施することで専門知識や新しい技術を扱う技術者・研究者特有のプレゼンテーションの"極意"体得を目指します。