カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

[書籍] ASEAN CTD作成・申請対応と各国特有の要求事項

コスト削減・管理と工業化スピードアップの落とし所
立ち読み

ASEAN CTD 作成・申請対応と
各国特有の薬事制度/要求事項

〜ICH CTDとの違い・ACTD(機銑)記載事項と
各国ごとの申請ポイント〜


各国の薬事制度未整備や行政事情の絡み合いでACTD作成・申請は複雑化。
ガイドラインには未記載の各国独自要求とは、、、
ACTD(PART I〜IV)記載事項とICH CTDとの差異をふまえて具体的申請方法を解説


 ■ICH CTDとの差異をふまえたACTD PART I〜IVへの記載事項・項目と記載範囲
 ■ICH、日本との申請手順・申請資料への要求差と各国特有申請時の留意点
 ■ASEAN共通制度と各国独自の制度とのダブルスタンダートにどう対応すべきか
 ■ICH CTDでどこまで申請できるのか、JPは通用するのか…ICHとの具体的差異
 ■ASEAN各国の薬事申請の実際〜申請フローは、審査組織の構成は、電子申請は必須なのか

ASEAN各国への具体的進出スキームについて
各国特有の薬事制度をふまえて市場動向からA CTD記載方法、ライセンスの扱いまで解説! 


発刊日

2015年12月18日

体裁

B5判並製本  108頁

価格(税込)

32,400円(会員価格 30,780円)  会員登録について

 定価:本体30,000円+税2,400円
 会員:本体28,500円+税2,280円

なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に調整させて頂きます。

発 行

サイエンス&テクノロジー(株)
送料無料

ISBNコード

978-4-86428-132-4

Cコード

C3047






著者

執筆者:
小出 倫正  Vファームコンサルティング(株)
         【元 ライオン(株)】
坂本 博史  エーザイ(株)
柏  修平  (株)日本総合研究所
阿部 路恵  三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)
龍野 滋幹  アンダーソン・毛利・友常法律事務所
山内 真之  アンダーソン・毛利・友常法律事務所



趣旨

<ここがポイント>
・ASEAN各国の薬事申請の実際〜申請フローは??審査組織の構成は??電子申請は必須??
・ACTD PART機銑犬悗記載事項・項目と記載範囲
・ASEAN各国で記載項目・フォーマットが違うACTD PART気竜載方法、記載時留意点
照会事項がだされた場合の対応〜いつまでにどのような回答書が必要なのか〜
パッケージ・ラベル・容器・添付文書の扱い、申請区分と対応法
・ACTR:ASEAN申請に必須な5つのガイドライン要求事項の理解
・すでに日本国内で販売している製品をASEAN各国で展開する場合の留意点
・各国の市場動向・規模と進出時の具体的ポイント、留意点

[書籍] ASEAN CTD作成・申請対応と各国特有の要求事項

価格:

32,400円 (税込)

[ポイント還元 3,240ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

目次


第1章 ASEAN諸国における医薬品市場動向と市場進出時のポイント・留意すべき点
はじめに
1.ASEAN主要6か国の医薬品市場の現状、将来展望、留意しておくべき動向
 1.1 医療用(ジェネリックを含む)・OTC医薬品市場の規模、将来展望、留意しておくべき動向
 1.2 医療用(ジェネリックを含む)医薬品の薬価動向
 1.3 医療用(ジェネリックを含む)・OTC医薬品市場への参入(現地製造販売・輸入販売)規制
 1.4 日系医療用(ジェネリックを含む)医薬品メーカーの市場参入動向
2.ASEAN主要6か国の医療全般の市場機会把握
 2.1 国民の医療への支払い能力に関する指標
 2.2 医療インフラ整備に関する指標概要
 2.3 医療受益側への施策概要
 2.4 医療提供側への施策概要
 2.5 医療全般の市場機会類型
おわりに

第2章 ASEAN薬事制度の現状と各国の薬事申請フロー
はじめに
1.ASEAN諸国の保険・医療制度をめぐる環境
 1.1 社会的背景
 1.2 医療状況
 1.3 医療制度
  1.3.1 公的医療制度
  1.3.2 医療費支出
 1.4 保険・医療制度における課題
2.ASEAN諸国の薬事制度の概要
 2.1 薬事規制と調和の推進
 2.2 スタンダード(標準)化の推進 
 2.3 ダブルスタンダード
 2.4 その他のポイント
3.医薬品の薬事申請書と審査の流れ
 3.1 薬事申請
  3.2  薬事申請フロー
 3.3 主要6カ国の薬事申請
  3.3.1 シンガポール
  3.3.2 ベトナム
  3.3.3 マレーシア
  3.3.4 タイ
  3.3.5 インドネシア
  3.3.6 フィリピン
まとめ

第3章 ASEAN申請に向けたACTDの概要と各国における資料への要求事項
1.CTDの構成の概要
2.CTDの構成の詳細とICH CTDとACTDの比較
3.各国特有の対応
 3.1 シンガポール
 3.2 マレーシア
 3.3 フィリピン
4.参照国について
5.ICH CTDの受入について

第4章 ASEAN CTD作成のポイントと申請時留意すべき点
1.ASEAN CTDの概要
 1.1 ASEAN薬事制度の構想と課題
 1.2 ICHのCTDとASEAN CTD
  1.3  ASEAN CTDの構成
2.ASEAN CTD PART気粒詰
 2.1 構成
 2.2 PART 気瞭睛
 2.3 PART 気離櫂ぅ鵐
3.ASEAN CTD PART兇粒詰
 3.1 一般的事項
 3.2 PART兇瞭睛
 3.3 PART 兇離櫂ぅ鵐
4.ASEAN CTD PART靴粒詰
 4.1 一般的事項
 4.2 PART靴瞭睛
 4.3 PART 靴離櫂ぅ鵐
5.ASEAN CTD PART 犬粒詰
 5.1 一般的事項
 5.2 PART セクションB
   5.2.1 開発の経緯に関する事項
  5.2.2 生物薬剤学的概要に記載する事項
  5.2.3 臨床薬理学的概要に記載する事項
  5.2.4 有用性について記載する事項
  5.2.5 安全性についての概要に記載する事項
  5.2.6 有用性とリスクに関する概要に記載する事項
 5.3 PART セクションC
   5.3.1 生物薬剤学的な研究とそれに関連する分析法
  5.3.2 臨床薬理学研究のまとめ
  5.3.3 臨床効果のまとめ
  5.3.4 臨床的な安全性
  5.3.5 個々の臨床研究の概要
 5.4 PART 献札ションD〜F
 5.5 PART 犬離櫂ぅ鵐
6.ACTRの概要
 6.1 プロセスバリデーション(PV)ガイドライン
 6.2 生物学的利用率(BA)/生物学的同等性(BE)ガイドライン
 6.3 安定性試験ガイドライン
 6.4 分析バリデーションガイドライン
 6.5 バリエーション(変更)ガイドライン
7.ASEAN今後の方向性
8.ASEAN進出成功のポイント
 8.1 ポイント1:スピード
 8.2 ポイント2:戦略
 8.3 ポイント3:スタンダート
 8.4 ポイント4:コミュニケーション(言語)
まとめ

第5章 ASEAN各国の医療状況と知っておくべき医療関連制度
はじめに
1.ASEAN各国の医療概況および医療ニーズ
 1.1 医療提供体制
 1.2 疾患の傾向と医薬品ニーズ
 1.3 医療観光
2.ASEAN各国の医療関連制度
 2.1 ASEAN各国の医療保障
 2.2 ASEAN各国の外国人医師規制
 2.3 会社および病院設立に関する規制事項
 2.4 土地取得
3.日本企業がもたらす医療サービスの展望
おわりに

第6章 ASEAN主要6ヶ国における特許制度:医薬品関連発明に関する点を中心に
はじめに
1.インドネシア
 1.1 特許要件
  1.1.1 一般的な特許要件及び特許対象となる発明
  1.1.2 医薬用途発明の取扱い
 1.2 出願と審査手続
 1.3 早期審査の可能性
 1.4 従業員発明の取扱い
 1.5 特許の取消又は無効化
 1.6 特許の存続期間、延長、強制実施権等
 1.7 医薬品関連特許に関係するその他の制度
2.マレーシア
 2.1 特許要件
  2.1.1 一般的な特許要件及び特許対象となる発明
  2.1.2 医薬用途発明の取扱い
 2.2 出願と審査手続
 2.3 早期審査の可能性
 2.4 従業員発明の取扱い
 2.5 特許の取消又は無効化
 2.6 特許の存続期間、延長、強制実施権等
 2.7 医薬品関連特許に関係するその他の制度
3.フィリピン
 3.1 特許要件
  3.1.1 一般的な特許要件及び特許対象となる発明
  3.1.2 医薬用途発明の取扱い
 3.2 出願と審査手続
 3.3 早期審査の可能性
 3.4 従業員発明の取扱い
 3.5 特許の取消又は無効化
 3.6 特許の存続期間、延長、強制実施権等
 3.7 医薬品関連特許に関係するその他の制度
4.シンガポール
 4.1 特許要件
  4.1.1 一般的な特許要件及び特許対象となる発明
  4.1.2 医薬用途発明の取扱い
 4.2 出願と審査手続
 4.3 早期審査の可能性
 4.4 従業員発明の取扱い
 4.5 特許の取消又は無効化
 4.6 特許の存続期間、延長、強制実施権等
 4.7 医薬品関連特許に関係するその他の制度
5.タイ
 5.1 特許要件
  5.1.1 一般的な特許要件及び特許対象となる発明
  5.1.2 医薬用途発明の取扱い
 5.2 出願と審査手続
 5.3 早期審査の可能性
 5.4 従業員発明の取扱い
 5.5 特許の取消又は無効化
 5.6 特許の存続期間、延長、強制実施権等
 5.7 医薬品関連特許に関係するその他の制度
6.ベトナム
 6.1 特許要件
  6.1.1 一般的な特許要件及び特許対象となる発明
  6.1.2 医薬用途発明等の取扱い
 6.2 出願と審査手続
 6.3 早期審査の可能性
 6.4 従業員発明の取扱い
 6.5 特許の取消又は無効化
 6.6 特許の存続期間、延長、強制実施権等
 6.7 医薬品関連特許に関係するその他の制度

【注意事項】

本書籍は、サイエンス&テクノロジー株式会社より発刊しております。
当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から ご郵送にて書籍等をお送りします。

ご請求書は、弊社より別途郵送します。
(※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。)

個人情報等に関しましては、書籍発送目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送します。

関連商品

購入数

(7/31) 化粧品における広告表現規制と“魅せる”技術

48,600円(税込)
化粧品を扱う上で、薬機法や景品表示法などの関連法規を学ぶことは必須条件です。企業からは「ルールを守っていたら商品売れない!」という声も耳にしますが、守るべきルールを正しく知ることができれば、商品のPR方法だけでなく企業体質までもが改善し、その結果、売上アップにも繋がっていきます。
 本講座では、化粧品の広告で多用される表現をケーススタディとして提示しつつ、“魅せる”広告表現にはどのようなものがあるのか、行政や業界団体の見解も踏まえつつご紹介します。

 本講座では、化粧品ビジネスを展開する上で必ず知っておかなければならないルール、行政指導例をはじめとした最新の薬機法関連事例をご紹介すると同時に、日々多数の広告を見、リライトを行なっている立場から感じる最近の傾向、参考になる広告の実例、NGの考え方やNGと判断されてしまう表現ポイントの整理、セミナー御受講のお客様からいただくご質問の中でも特に多い質問についての紹介を行います。
 また、ありがちなNG表現をOK表現にリライトする演習時間を設けておりますので、実際に手を動かしていただくことで理解を深め、明日からすぐに使えるテクニックを身につけていただきたいと思います。
 
 1日の講座で基礎から応用まで網羅し、即実践に使える内容となりますので、初心者の方の基礎形成、中級者の方の応用力育成におすすめです。
購入数

(8/30) リチウムイオン電池の安全性確保と関連規制

54,000円(税込)
第1部 リチウムイオン電池の非安全へと至るメカニズムと安全性向上対策

 リチウムイオン電池はモバイル機器のみならず電気自動車、電力貯蔵装置等、今後飛躍的に市場が拡大されるとの経済予測がある。電池の高性能化を目指した 研究 開発の国際的開発競争が行われている。一方で工業製品としての安全性は十分とはいえず、毎年、発火の可能性がある電池のリコールがなされている。本講演ではリチウムイオン電池の安全性の基礎、現状と課題、安全性向上対策等について概説し高性能電池開発の助としたい。
1. リチウムイオン電池の開発状況と安全性の現状
2.リチウムイオン電池が非安全になる機構

3.市販電池の現状の安全性確保策
5.安全性向上の取り組み、対策
 
6.リチウム電池の安全性評価方法
6.安全性と今後のビジネスチャンス

7.まとめと今後の展望
<受講によって得られる知識・ノウハウ>
・リチウムイオン電池の熱暴走メカニズム
・リチウムイオン電池のトラブル例
・リチウムイオン電池の安全性確保のための各種技術
・リチウムイオン電池の安全性評価方法

第2部 リチウムイオン電池の安全性を巡る国内外の規格・ガイドラインの制定動向と今後の展開
     ―EVを中心とする総合解説―

 現在、2017年において、ZEV(ゼロ・エミッション車)の増強政策もあって、EVとPHVの生産・販売は大きく増加している。一方でリチウムイオン電池の発火・破裂の事故は少なからず起こっている。UL、UNECE、ISOやIECなどのEVに特化した安全性試験規格が提案され、運用が始まっているが、その成果は未だ見えていない。安全性規格があればEVが安全になるというわけではなく、そうした実績を確かめられるものは何もない。現状は、複雑化しているセル、モジュールとEVの電池システムに対して、安全性試験がそれを追いかけるのが手一杯であり、むしろ試験方法自体の検証が必要とも思われる。
 EVの普及に対応しての安全性試験の計画と実施とその活用は、電池メーカーや自動車メーカーのみならず、原材料の開発段階においても重要度を増している。一方で、試験内容の分かり難さと、電池(試験試料)と試験方法のマッチング調整の難しさから、各種試験をマニュアル通りに実施することすら不可能な状況である。今回のセミナーではこの点の技術解説も新たに加えて、関係業界向けの参考となる内容でお話しする。
1.安全性試験規格の概要
2.JIS規格と電気用品安全法
3.UL規格と製品認証システム
4.UN規格(国連危険物輸送基準勧告)
5.電池(セル・モジュール)輸送関係の実務
6.EV用電池の安全性と試験規格
7.安全性試験の技術的な背景
8.まとめ
※ 講演時間の都合により、上記されている一部の項目に言及しない可能性がございます。講師に特に言及して欲しい項目がある場合は、受講前(1週間前まで)に当社HP内のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
<受講によって得られる知識・ノウハウ>
・実用リチウムイオン電池の基礎技術と性能評価
・JIS、電気用品安全法など国内規格と安全性試験
・UL、UNなどグルーバルな安全性試験規格の概要と適用範囲
・UNECEなど欧米のEV用リチウムイオン電池の安全性試験
・中国のEV用リチウムイオン電池の安全性基準
・リチウムイオン電池(セル)の輸送実務
・安全性試験の計画と実施への予備知識
購入数

(7/4) [名古屋]スラリーの上手な取り扱い方

48,600円(税込)
 固液分散系スラリーを取り扱うプロセスは、各種材料プロセス、製薬、食品、水処理、リチウムイオン電池電極製造といった非常に幅広い分野に存在します。これらのプロセスのスタート地点であるスラリーの特性が最終製品の品質と密接な関係にあることは経験的に広く知られていますが、製品特性とスラリー特性とのつながりが無いまま測定できそうな特性を測定するだけで、結局はプロセスごとに試行錯誤を繰り返すことがほとんどです。また、せっかく調製法を確立したはずなのに、日によって全く異なる特性を持つスラリーができ上がることも珍しくありません。
 そこで本セミナーでは、粒子の分散制御および分散状態の評価について、その手法、分散安定性に影響を及ぼす様々な要因などの基礎的な内容から、実例を用いた種々のスラリー特性評価、適切な分散剤の選定などの応用的な内容、また、最新動向について紹介します。
購入数

(8/4) 熱可塑性エラストマーの技術トレンドと市場動向

48,600円(税込)
 熱可塑性エラストマー(TPE:Thermo Plastic Elastomers)とは、加熱すると溶融して再度成形加工が可能な柔らかい樹脂のことである。柔らかいが加熱しても溶融しないため再度成形することができないタイヤの様な架橋ゴムとは区分けされてきた。しかし最近ウレタン系、シリコーン系、アクリル系等で架橋しても柔らかいエラストマーが登場してソフトマテリアルと総称することが多いため、本講座も従来の熱可塑性エラストマーだけでなくソフトマテリアルに広げてセミナーを進めたい。
 自動車内装材・住宅・医療・食品包装材・農ビ等には、従来塩化ビニル樹脂が用いられてきた。塩化ビニル樹脂は可塑剤を混ぜて軟質塩ビ(塩化ビニール)にして用いられることが多い。可塑剤にはアレルギー物質として懸念されているフタル酸エステル(Phtalate)が主に用いられてきたが、最近ではフタル酸エステル以外の可塑剤に代替えが進み、更に塩化ビニル樹脂からポリオレフィン系等の熱可塑性エラストマーに代りつつある。表層にはDMF等を含んだ溶剤系表面処理剤が塗工されてきたが、最近では水系が多く用いられ、乾燥方法も熱風から赤外線に代わっている。さらに一部は紫外線、電子線架橋型になり、装置の低消費エネルギー・コンパクト・クリーン化が容易になっている。
 またユーザーの要求は多様化しており(自分だけのもの)、プリントロールで大量生産する時代は終わり、版レスで1個造りが可能なインクジェットプリンターや3Dプリンターに変化している。更に3Dインクジェットプリンターが登場して、UV硬化システムにもかかわらず柔らかいカラフルな凹凸模様が簡単に造形できるようになり、顧客の多様性に迅速に対応が可能になった。更にIoTが進み情報分析(顧客ニーズ)、注文、生産、品質保証、故障予知、修正の自動化が可能になりつつある。本講座では最新情報をもとにトレンドを明確にして、自動車産業を中心に熱可塑性エラストマーの応用と展開を解説する。
購入数

[書籍] ディーゼルエンジン排気触媒材料・システム開発

54,000円(税込)
 一昨年に報道された排気ガス規制偽装の報道は記憶に新しいかと思われますが、ディーゼルエンジンの需要は新興国市場で伸び、また日本でも従来のイメージから脱却し、燃料代が安く、熱の効率が良いディーゼルエンジンがあらためて注目されています。欧米では日本と事情は異なりますがそれぞれ独自の需要と市場を形成しています。しかしながら各市場・規制が要求するレベルで排出ガスをクリーンにすることが最大の課題となっております。そこで弊社では排出ガス浄化技術においてキーマテリアルである触媒およびそのシステムの開発、要素技術に焦点をあてた書籍を発刊します。自動車・内燃機メーカーはもちろん、触媒および周辺の材料メーカー、産業機器メーカー等の技術・研究開発、事業企画のご担当者様のお役に立てるかと思われます。是非詳細をご覧くださいませ。