カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

「臨床試験におけるEDCに関する信頼性調査への対応実践講座」

「臨床試験におけるEDCに関する信頼性調査への対応実践講座」

★大反響につき! 2008年12月開催セミナー資料を“わかりやすいコメント”で解説!
★セミナーで使用したスライドデータ(CD-R/PDF形式)をおつけします!社内研修に活用してください!


「臨床試験におけるEDCに関する信頼性調査への対応実践講座」セミナー
テキスト資料(手順書サンプルつき)


【緊急販売:いよいよ始まるER/ES指針査察で指摘を受けないために】


発刊日

2009年2月10日

体裁

A4リング製本+CDR(スライドデータ) 約180頁

価格(税込)

32,400円(会員価格 32,400円  会員登録について
 定価:本体30,000円+税2,400円
 会員:本体30,000円+税2,400円

なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に調整させて頂きます。

送料無料





趣旨

 2008年10月20日のGCP研修会で、規制当局からEDCに関する信頼性調査の概要が発表されました。 厚労省ER/ES指針が発出されて3年半がたちますが、いよいよ本格的なER/ES査察が開始されることになります。ER/ESに関する書面調査は、当局側ではなく、製薬企業側で実地に行われます。いったいどのような準備を行っておけば良いのでしょうか。
 規制当局は、EDCの安易な運用により今後のEDC推進に悪影響を及ぼさないように慎重に経験を積んで進めていくよう、要請をしています。EDCを利用することによって、症例報告書(CRF)を電子化し、電子CRFを原本とすることができますが、規制当局が持つ多くの懸念を払拭しなければ、電子CRFの原本化はリスクとなります。
 EDCを利用した臨床試験の品質および品質保証を行うためには、これまでの紙ベースの手順書以外に、多くの手順書の作成・改訂が伴います。本資料ではEDCを利用する治験において留意すべき事項をはじめ、査察時に規制当局から指摘を受けないために実施しなければならない事項を解説します。

 <本セミナーテキスト資料の特徴>
 ・セミナーで使用したテキスト資料に講師より“スライドごとにわかりやすい解説コメント”を追加!
 ・セミナーで使用したスライドデータ(CD-R/PDF形式)をおつけします!社内研修に活用してください!
 ・実際の手順書サンプルつき!

 <主な講習会参加者の声>
 ・資料がよくまとまっている。
 ・非常にわかり易く、要点が明瞭であった。
 ・各種情報を盛り込んでいただき、大変参考になりました。
 ・とても勉強になる内容で満足です。
 ・これから自分が何をすべきか明確になってきました。
 ・何も知らない私がとても理解しやすかったです。
 ・全体的に詳しくてよかった。
  …など



著者

株式会社イーコンプライアンス 代表取締役 村山 浩一

【主な略歴】

1999年2月
日本アイ・ビー・エム株式会社 コンサルティング事業部 入社
NYのTWG(The Wilkerson Group)で製薬業界に特化したコンサルタントとして研修
製薬企業におけるプロセス リエンジニアリング担当
Computerized System Validation(CSV)、21 CFR Part11 コンサルティング
2001年7月
IBM認定主幹コンサルタント
アイビーエム・ビジネスコンサルティングサービス株式会社へ出向
マネージング・コンサルタント
2004年7月
日本アイ・ビー・エム株式会社 退社し、現在に至る。

詳しい経歴はこちら

【関連の活動など】

  • 日本PDA 第9回年会併催シンポジウム 21 CFR Part 11その現状と展望
  • 日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 基礎研究部会主催(東京)
  • 東京大学大学院医学系研究科 臨床試験データ管理学講座などにて多数講演。など

「臨床試験におけるEDCに関する信頼性調査への対応実践講座」

価格:

32,400円 (税込)

[ポイント還元 3,240ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

目次

 1.規制当局による査察対応のポイント
  ・ 規制当局の懸念とは
  ・はたして電子CRFを原本とできるか?
  ・ER/ES指針査察はこう行われる
  ・EDCの信頼性調査チェックリスト
  ・規制当局から指摘を受けないために実施しなければならない事項
  ・査察対応のためにしておかなければならないこと

 2.EDC利用の留意点
  ・どのEDCを選択するべきか?
  ・CRO、中央検査機関等の監査の方法
  ・CRO、中央検査機関等との契約の留意事項
  ・EDC利用におけるリスク
  ・EDCを利用するための対応課題

 3.臨床試験データの電子的取得に関するガイダンス解説
  ・ガイダンス概要
  ・ガイダンスの要求事項と対応課題
  ・作成が必要な手順書

 4.EDCを利用した臨床試験の手順書の作成方法
  ・モニタリング手順書の改訂と必要事項
  ・教育訓練に関する手順書
  ・電子署名に関する手順書
  ・アカウント管理表の作成
  ・データマネージメントに関する手順書
  ・ベンダーオーディットに関する手順書とチェックリスト
  ・その他、作成が必要な手順書類

 ≪手順書サンプル≫
  ・EDCを使用した治験実施手順書
  ・データマネジメントに関する手順書
  ・ユーザ登録・変更・無効化手順書
  ・教育手順書
  ・監査証跡確認手順書


 CD-R(スライドデータ)についての注意事項
 ○コピーガード
  ・「データについてのコピー」「プリントアウト」はご使用なれません。

 ○動作環境
  ・Microsoft Windows 98/98SE/Me/2000/XP
  注)Windows2000/XP上でご使用の場合、管理者(Administrator)権限をもつユーザーでないとご使用なれま
    せん。

  ・PDFファイルを見るためには、「Adobe Reader 6以上」が必要です。

 ○無断での複写・転載・販売禁止

【注意事項】

※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。

個人情報等に関しましては、商品発送目的に限り、当社から株式会社イーコンプレスへ転送します。

関連商品

購入数

【EDC管理シート対応】EDC運用のための手順書ひな形集(全13種類)

別途お見積もりいたします: オープン価格
216,000円(税込)
EDCに関する査察は、2009年頃から開始されてきましたが、いよいよ本格的な査察が実施されることとなりました。
PMDAは、2013年3月27日に「EDC管理シート」を発表いたしました。
「EDC管理シート」は、EDCを使用した治験や製販後調査に適用されます。


「EDC管理シート」では、GCP省令、GPSP省令に準拠することはもとより、ER/ES指針に対応することが強く求められています。

「EDCシステムシート」では、多くの手順書の作成が求められています。
これらの手順書は、EDCを導入・運用する前までに整備しておくことが必要です。

株式会社イーコンプライアンスでは、EDC導入・運用にかかわる手順書のひな形(全13種類)をご提供いたします。
ひな形を使用すれば、貴社の手順書作成が短時間で効率良く実行できます。

ご連絡いただきましたら、手順書のサンプルを持参し、貴社をご訪問いたします。
その他、お見積りのご要望など、ご遠慮なくお申し付けください。
購入数

【訪問セミナー】EDCの導入とEDC管理シート対応セミナー

315,000円(税込)
EDCに関する査察は、2009年頃から開始されてきましたが、いよいよ本格的な査察が実施されることとなりました。PMDAは、2013年3月27日に「EDC管理シート」を発表いたしました。「EDC管理シート」は、EDCを使用した治験や製販後調査に適用されます。
GCPやGPSPにおける書面調査の際には、「EDC管理シート」を記載しPMDAに提示することが求められます。「EDC管理シート」では、GCP(GPSP)省令に準拠することはもとより、ER/ES指針に対応することが強く求められています。

2012年の夏には、あるEDCシステムの不具合が発見され、再審査に支障をきたすというような事態も発生しました。

  “いったい、EDCシステムはどれを選択すれば良いのでしょうか。”

またEDCシステムを導入する際の、ベンダーオーディットでは、何をどのように確認すればよいのでしょうか。
「EDC管理シート」では、多くの手順書の作成が求められています。
 1.治験等の情報の設定内容に関するバリデーションの手順書
 2.ユーザーの登録申請から ID/ パスワードの交付、ユーザーの確認、登録したユーザーの削除のための手順書
 3.ユーザーによる ID/ パスワードの使用に関する手順書
 4.セキュリティに関するユーザーの教育訓練手順書
 5.保存情報の修正に関する手順書(治験実施中)
 6.監査証跡の閲覧のための手順書(治験実施中)
 7.保存情報の修正に関する手順書(治験終了後)
 8.監査証跡の閲覧のための手順書(治験終了後)
 9.データのバックアップ及びリカバリーの手順書(治験実施中)
 10.データのバックアップ及びリカバリーの手順書(治験終了後)
 11.終了後の保存に関する手順書
 12.電子署名に関するポリシー、ガイダンス
 13.電子署名本人認証利用のための手順書

これらの手順書は、すでにEDCを運用してきた企業でも整備しておくことが必要です。本セミナーでは、手順書のサンプルを配布し解説をいたします。