カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > セミナー > 7月開催セミナー

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全55件)  1/6ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

セミナーアイコン(青)

(7/16)第一原理計算 入門

48,600円(税込)
 第一原理計算は、量子力学に基づいた原子、分子レベルの挙動を高い精度で再現できるツールとして利用されつつあります。2000年以降それらのソフトウェアのパッケージ化が進み、有償無償の多くのものが入手可能になっています。ユーザーフレンドリなGUIも開発が進み、マウスだけの操作でもかなりのことが出来るようになってきています。しかし、それゆえに中身を詳しく知らなくても結果が出てくるため、かえってその結果の正しさを判断する力がないと間違った結果を信じてしまう可能性もあります。
 このセミナーでは第一原理計算というものはどういうものか、どのようなことが出来るのか、実際にそれを使うための準備や手順、それを正しく使うための知識などについて、実際にやる内容を中心に説明します。普通の講習会では扱われない重要なツールを正しく使うためのポイントを紹介します。
 第一原理計算を含むいろいろな物質科学・材料系シミュレーションソフトウェアも利用できるようになっています。それらをどのように使い分けるのか、どのような計算機で使うのが良いのか、スパコンの最新の現状も踏まえて、計算機を正しく使いこなして正しい結果を得るための情報を提供します。
セミナーアイコン(青)

(7/16)シランカップリング剤の効果的活用のための 基礎と機能材料への応用技術

48,600円(税込)
 シランカップリング剤は主として界面制御による接着・密着性や異種材料の親和性・相溶性の向上などに使用されていたが、近年飛躍的に応用分野が広がり多種多様な工業分野で使用されるようになってきた。従来の接着・密着性の向上に加え、新規機能材料として盛んに研究され、既に塗料やコーティング剤として実用化されている有機‐無機複合(ハイブリッド)材料の開発において、複合化に不可欠な薬品として使用され重要な役割を果たしている。このように、新規材料開発におけるシランカップリング剤の用途はますます拡大し重要となっている。
 本セミナーではシランカップリング剤を実務で効果的に活用するための基礎をわかりやすく説明し、有機‐無機ナノハイブリッドや機能材料へ応用するためのナノ粒子の調製と粒径制御、種々な材料への表面処理法や反応、処理表面の分析・解析などの具体的な実験例(マニュアル)を中心にやさしく説明する。
セミナーアイコン(青)

(7/19)断熱材の基礎知識および高性能断熱材の開発動向 ~サーマルマネジメント材料の基礎を学ぶ~

43,200円(税込)
 住宅や自動車などの熱マネジメントの高度化に伴い、高性能な断熱材の利用に関心を寄せる方が増えています。しかし断熱材は性能の評価が難しく、効果に疑問のある材料が数多く出回っているのが現状で、導入したけれど思ったような効果が上がらなかった、といった声も多く耳にします。
 本講演では断熱材の基礎知識をわかりやすく解説し、断熱材に関心のある方に、適切な判断をするために必要な知識を身につけていただくことを目標とします。今回「サーマルマネジメント材料技術」の発刊に合わせ、内容をリニューアルしました。
セミナーアイコン(青)

(7/19)インクジェット技術の最新動向と応用例 および活用における課題とポイント

43,200円(税込)
 インクジェットは、インクジェットヘッドから液滴を吐出して、紙、布、フィルム、セラミクスなどの多様な媒体や基材に直接パターンを形成できる。その応用として、ドキュメント印刷、テキスタイル印刷、パッケージ印刷用途の高速な商用印刷装置が数多く製品化されている。また、文字やイメージの印刷に留まらず、プリンテッドエレクトロニクスとよばれる電子機器の製造や、バイオ材料を用いた医療応用や、3Dプリンターによる三次元構造の作成など産業分野や工業分野の様々な用途に展開がなされている。
 本講習では、インクジェット技術における、インクジェットヘッド、インク、装置の最新動向を説明し、それらによる応用の具体的事例を紹介しながら、インクジェットの活用のポイントや課題を述べる。
セミナーアイコン(青)

(7/19)ゾル-ゲル法の基礎と 機能性材料設計への応用および新展開

48,600円(税込)
 「ゾル-ゲル法」は、ガラス、セラミックス、無機有機ハイブリッド、あるいはナノコンポジットを液相から合成する優れた方法です。本方法によれば、バルク体、メンブレイン、ファイバ、コーティング薄膜あるいは微粒子など、種々の形状の機能性材料を作製することができます。特に、薄膜は基板の表面高機能化技術として実用性も高く注目されています。また、イオン伝導体の合成や電気化学素子の構築にも有用です。
 本セミナーでは、「ゾル-ゲル法の基礎と機能性材料設計への応用および新展開」と題して、ゾル-ゲル法の基礎と材料選択、合成法、物性制御、応用展開、研究動向について、我々の研究成果を中心に詳しく解説いたします。
セミナーアイコン(青)

(7/22)アジアのPV規制と安全性情報の取り扱い

43,200円(税込)
アジア各国の安全性に関わる法規制を学ぶことにより、日本の安全性情報の取り扱いに関しての、問題の有無を確認する。
セミナーアイコン(青)

(7/22)薄膜の力学的特性と内部応力・密着性制御、測定・評価

48,600円(税込)
 薄膜の密着性を改善するためには薄膜あるいは界面の特性をよくすればよい。しかし、どれだけよくすれば効果が現れるのか判断することが難しい。意外に知られていないことが、密着性は破壊現象の測定であってそのメカニズムによって臨界値が変わることです。そして、他人のデータ(他の装置の結果)を利用することはもっと難しいことです。
 自分で密着性の測定を行うに当たって特に注意するべき点を紹介します。また、密着性と関係が深い内部応力などの性質や、そうした力学的性質を通して膜の壊れ方の多様性、ひいては良質の膜をつくる技術を学びます。
セミナーアイコン(青)

(7/22)徹底解説! 工場・生産ライン・設備の自動化講座 ~計画と構築、量産開始プロセスまで~

48,600円(税込)
自社の工場の生産性を上げていくためには、生産設備の自動化は不可欠です。労働者不足、生産変動、品質安定化、コスト低減などの様々な課題に対応した次世代工場への変革を着実に進めていかなければなりません。工場における生産設備や生産ラインの自動化は、工場レイアウトや設備・作業方法を一から見直し、徹底したスリム化を図ることがまず第一歩です。同時に、自社工場の自動化レベルを認識し、中長期的な計画を立て自動化を実行していくための技術力やリーダーシップを身に付けることが重要です。
 本講座では、工場の改善方法から自動化のあるべき姿、自動化の定義や考え方についてまた、工場の自動化を進める上で必要なプロセスについても具体的な自動化の事例をもとにわかりやすく丁寧に説明します。
セミナーアイコン(青)

(7/22)技術/研究者のためのコーチング的コミュニケーション技術

48,600円(税込)
 技術/研究者は専門職であるゆえ、自分一人で仕事に打ち込み、職人気質の人が多い。しかし、最近は技術/研究者の役割に後輩の育成が1つのテーマになっている。さらに、中堅社員は部門横断型プロジェクトへ参画する機会もあり、価値観の違うプロジェクトメンバーとの協働作業が必要になる。このセミナーでは、コーチングの基礎を学び、これを活用したコミュニケーション技術をセッション及びグループディスカッションにより習得する。
セミナーアイコン(青)

(7/23)後発医薬品を含む医療用医薬品のCTD作成上の留意点と MF作成上の留意点

43,200円(税込)
2017年3月1日以降に承認申請を行う後発医薬品について、申請時に提出する申請書の添付資料を、CTD形式とすることが義務化され、医療用医薬品の申請時の添付資料は、CTD形式となった。本講演では、新医薬品の審査経験を基に、後発医薬品を含む医療用医薬品のCTD作成上の留意点、MF作成上の留意点を説明する。また、公開されている審査報告書に基づき、典型的な照会事項例、頻出照会事項例を紹介する。

1件~10件 (全55件)  1/6ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ