カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > セミナー > 10月開催セミナー

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜10件 (全34件)  1/4ページ
1 2 3 4 次へ  最後へ

セミナーアイコン(青)

(10/2)実際に現場で役立つ! ダイコーティングの不良発生原因とその解決策

48,600円(税込)
 本セミナーでは、精密塗布技術を機能性フイルムの実用化等に応用展開する場合の技術的な課題やポイント、さらに、開発段階で考慮すべき課題(処方設計、塗布技術、送液技術) などについて解説します。特に、現場の技術者から要望の強い、塗布現場で発生頻度の高いと思われる問題点を重点的に検討し、その解決策について述べます。具体的には、機能性フイルム等の実用化時に多く利用されているダイコートの現場課題 (塗布スジ、塗布ムラ、膜厚分布の均一化、泡、異物、ゴミ…etc) にポイントを絞り、不良発生要因・原因等を検討し、その解決策を論じます。同時にダイコートの最新課題についても解説します。
 今回は、さらに最近機能性フイルムの開発に検討され始めている同時重層ダイの先端形状、現場の課題ついても言及する予定です。また、時間が許せば塗布現場を支えている周辺(脱泡・濾過・洗浄・クリーン化)技術についても触れたいと考えています。
セミナーアイコン(青)

(10/4)実用分散系でのトラブル解決即戦講座

48,600円(税込)
 近年、オートモーティブ材料として、リチウムイオン電池、燃料電池はもちろんのこと、車体軽量化のためのコンポジット材料やエレクトロニクスなど、多種多様な分散系に関係する材料開発が盛んに進められている。多くの製品は、いずれもスラリーやペーストを経由して製品が作られることが多いにも関わらず、高濃度のまま評価されていないことが多い。

 本講では、分散性・分散安定性の定義など基礎的事項を簡単に説明したあと、実用プロセスで遭遇したトラブルに対してどのような解決法・解析法を採用すれば良いのか、について具体的な手法を紹介する。また、分散性で良く問題となる粒子の濡れ性について、ハンセン溶解度パラメータを用いて実験的にパラメータ化する手法についても紹介する。
セミナーアイコン(青)

(10/2)生体センシング・バイオデバイス技術動向と ヘルスインフォマティクスへの展開

54,000円(税込)
第1部
日常における生体データを取得し、個々の人の状態を客観的に認識・評価する手法が着目されています。本講演では、近年の生体センシングの動向について述べ、センシングの対象と目的の観点から、ウェアラブルセンシング技術を中心とした生体センシング手法について、具体的な研究開発事例や活用例を示しながら説明します。

第2部
無拘束・非侵襲にて生体情報を計測するための「バイオセンサ」について、新たなアイデア発想により開発した「ウエアラブルデバイス」、「キャビタス(体腔)センサ」、「生化学式ガスセンサ&探嗅カメラ(イメージング)」について紹介すると共に、デバイス駆動に必要なエネルギー技術および対策についても解説する。

第3部
IoT時代のヘルスケアの姿について国内外の動向や演者らの取組について解説します。
セミナーアイコン(青)

(10/4)GMP対応工場(増築・新規構築)における USR項目の具体的内容と施設・設備計画/設計の要注意点

48,600円(税込)
 医薬品工場の構築、新設備設置時に必要となるユーザー要求仕様書(URS)を、熟考することなく業者に丸投げすると高い買い物になったり、作業性に問題がでることもある。URSに記載したい事項を具体的に紹介する。
セミナーアイコン(青)

(10/5)GMP対応工場の設備・機器における維持管理・保守点検と 設備バリデーションの実際

48,600円(税込)
構造設備は経時劣化し、標準数字は刻々変化する。ロット内・間の品質均質性を継続保証するには、品質試験だけでなく、構造設備の日常点検と定期整備・校正は必須である。しかし、社内に保全部門を置くことは経済的観点等から回避される傾向にある。しかし、作業員の五感による日常点検を実施すれば、多くの設備トラブルを回避できる。どのような日常点検項目が有効かを事例をもとに解説する。
セミナーアイコン(青)

(10/5)ポリウレタンの化学/構造・物性発現と キャラクタリゼーションノウハウ

48,600円(税込)
 ポリウレタンは「ポリウレタンで出来ないモノはない」と言えるほど、幅広い特性を発揮します。
 アイデアを実現するポリウレタンの分子設計とそれから生成するモノのキャラクタリゼーションについて分かりやすく説明し、参加者とともに考えます。
セミナーアイコン(青)

(10/10)【京都開催】 すぐに使える TRIZの実践と効果的活用

48,600円(税込)
 TRIZ(トゥリーズ)とは、40の発明原理、技術進化トレンド、究極の理想解、Effects、発明標準解、9画面法、リソースなどの技法を有するロシア生まれの発想法。アイデア出しが楽しくなります。
TRIZの凄いところは何か?
1.アイデアの具体的ヒントを貰えること
2.多くの発想法のエッセンスを含むこと
3.仕事の進め方・戦略立案などにも応用できること
 本セミナーでは、104種類の図解事例で最新の40の発明原理等を使った分かり易い演習で理解度を深めます。また、受講後の費用負担が無い中小企業の技術者も参加できるプログラムです。
セミナーアイコン(青)

(10/11)【京都開催】 紡糸技術の基礎と 溶融成形プロセス改善のための知識と技術

48,600円(税込)
 合成繊維の紡糸技術は、高分子成形の原点とも言える基本技術であり、フィルムやエンプラなどの分野にも多く適用されている。ここで述べる紡糸の基礎知識や技術は高品質・高品位の繊維を作るために大切で、役に立つ情報を提供するものである。
セミナーアイコン(青)

(10/12)英語的発想と効果的表現パターン: 国際的な交流の場面を切り抜けるために

43,200円(税込)
 日本の学校では英語を学ぶために多くの時間が費やされ大きな努力が傾けられていながら、実際の場面では、思うことを英語でうまく表現できない、と言われています。学校教育に携わる者として、語彙や文法の習得に関して一定の成果は上がっていると思いたいのですが、一つだけ確かに欠けているものがあると感じています。それは、言語以前に、ものをどのようにとらえるかという観点です。物質的な実体であれ精神的な概念であれ、ものをどのようにとらえるかという問題は、それをどう表すかという問題の基盤にあります。しかし学校では、それをうまく系統化して教えてはいません。

 この講演では、英語で一定の内容を説明しようとする時、ものの特徴・構成・状態・動作などのとらえ方をまずパターン化し、それに、順序・配列・階層といった観点を加えることで効果的な英語表現の技法を身に付けることを目指し、一般的な場面で役立つ技法を解説します。加えて、英語表現の具体的用法を調べるためのツール「言語コーパス」の導入も行います。

 さらにもう一つ、英語の発想を身に付けることで会話の場面をうまく切り抜ける応用例として、研究者同士の英語による交流を取り上げます。会話の輪の中に入っていく方法、会話を進めるための方法、会話の中で発生する不規則な状況への対応法などを解説します。 いずれにしても、国際的な場面を切り抜けるために役立つお話をいたします。(一部、練習問題にも取り組んでいただきます。)
セミナーアイコン(青)

(10/12)【マイクロリアクターで生産革新へ】 マイクロ化学プロセス技術による生産性の向上 〜マイクロ流路を正しく理解しコントロールする〜

43,200円(税込)
 化学反応を効率よく進行させるためのキーファクタとしては、化学的な事項ももちろん多いが、混合や冷却といった物理的な操作の改善が重要であるケースも多い。マイクロ化学プロセス技術とは、マイクロ流路、すなわち100ミクロン程度の微細な流路を流通式反応装置として利用するもので、これらの物理的な操作を効率的に行うことができる。すでに多くの反応で収率向上などの効果が確認され、多くの企業が応用研究に取り組んでいる。
 本講座ではマイクロ流路の特性を理解するために必要な化学工学の基礎知識を簡単に復習したうえで、マイクロ流路の特性についての講義を行う。さらにマイクロ化学プロセス技術による生産プラントの考え方を述べる。

1件〜10件 (全34件)  1/4ページ
1 2 3 4 次へ  最後へ

ページトップへ