カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > セミナー > 11月開催セミナー

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全82件)  1/9ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

セミナーアイコン(青)

(11/6)【京都開催】 洗浄の本質理解と 超音波洗浄の実用知識・ノウハウ

49,500円(税込)
 これまでの洗浄に関するコンサルティング経験から、洗浄に対する取り組みは新素材や新加工・製造技術の進歩に伴い、従来の経験や直観では対応できなくなってきており、洗浄原理の理解を深めることが重要であるといえます。
 本セミナーは、基本的な洗浄を見直す機会として、あるいは洗浄の基本を理解する機会として、物の表面を測定する簡易デモンストレーションを行いながら、洗浄の複雑さと重要事項(ノウハウ)を説明したいと考えます。具体的には、洗浄のメカニズムや基本的な知識についてわかり易く解説するとともに、講師の洗浄装置開発・コンサルティング経験から得られた洗浄のテクニック(水槽設計・製造、ファインバブルの利用、キャビテーションと音響流の最適化技術、洗浄中の表面弾性波測定技術等)、問題解決テクニック、大小各種材料(部品・製品)の表面処理事例等について紹介します。
 また今回は、医療用・真空用・半導体用で洗浄が不十分だったパイプ・チューブ・ホースなどの内部洗浄について、メガヘルツの超音波発振制御技術を利用した精密洗浄方法についても説明します。同手法は、ガラス・樹脂レンズ・真空部品・セラミックなどに対しても有効です。
 超音波の数値化・観察として、メガヘルツの超音波発振制御プローブによる簡易デモンストレーションも行います。
今回のセミナーでは、以下の項目についても詳しく説明します。
?なぜ、ファインバブルが有効なのか? ?ファインバブルをどのように発生するのか? ?どのように超音波洗浄機で利用するのか?
セミナーアイコン(青)

(11/7)【京都開催】 効率的、確実に目的を達成できる 実験の考え方と具体的方法

49,500円(税込)
 研究開発、商品開発などR&Dにおいて実験は必要不可欠なものである。そして、開発においてはスピードと効率性、確実性が要求されており、その実現を左右する最も重要なものの一つが実験であると言える。そのため、実験計画法などの研修や教育も行われているが、残念ながらそういった研修の多くは個別的なテクニックでしかないため、実務で使えないという声が多く聞かれる。
 最も必要とされる、実験ノウハウや、実験そのものの考え方、計画の立て方など、実験実務は現場任せ、本人任せとなっているのがじつ状である。そのため、それぞれが自己流で実験技術を蓄積していくため、レベルもバラバラで、部署として、会社としての蓄積も生まれない。その結果、人員間、部署間でのバラつきはもちろん、属人的となることで実験技術の継承が行われず、時間軸でのバラツキも生んでいる。
 本セミナーでは、従来のような実験計画法のような単なるテクニックだけではなく、実験そのものの考え方や計画の立て方、実験実務の進め方といった、根幹部分に重点を置いて、さらには、それらを如何にして教育、継承していくかという点についても詳細に解説する。
セミナーアイコン(青)

(10/31)凍結乾燥の基礎、条件設定、 プログラム設定、検討方法(処方・パラメータ設定)、 バリデーション、スケールアップ・サイトチェンジの対応と 失敗事例/対策

55,000円(税込)
 凍結乾燥の基礎について医薬品凍結乾燥の失敗事例とその対策方法を交えて、応用からスケールアップ及びサイトチェンジの技術、プログラム最適化の手法とバリデーションでの注意点などをメインに凍結乾燥技術の概要と最新技術について説明する。
 また、試験・製造時の疑問点など個別の質問にも出来る限りお答えします。
セミナーアイコン(青)

(11/6)【京都開催】 炭素繊維およびCFRPの成形加工技術と市場動向

49,500円(税込)
 近年航空機や自動車用構造材料として益々注目されて来ているCFRPについて、様々な成形加工方法や接合技術を紹介し、各成形方法(製法)の特徴や生産技術のポイント及び今後の課題について解説する。
 その前に、それ各方法の本質を知り、実用化力や応用展開力を身に付ける上にも、主材料である炭素繊維そのものや異方性材料の特徴についても、基本的な知識を把握しておくことは非常に重要である。

 本講座では、炭素繊維(CF)の開発経緯からその製造方法、CFの種類やそれぞれが保有する様々な特性について説明し、そのCFを使った中間基材、また異方性材料としてのCFRPの基本特性やCFRP製品に応じて選択すべき最適なCFRPの成形方法の選定基準や各種成形プロセスにおける特徴と課題を実用化の視点で解説する。
 また、近年大きな課題となって来ている後加工や接合技術についても、現状と今後の課題について説明する。さらに、CFRPの主要用途の展開に関しても、現状と市場の動向や将来の見通しについて説明する。
セミナーアイコン(青)

(11/7)微小液滴を扱うための基礎と挙動理解、評価・制御法

44,000円(税込)
 微小液滴を適切に使いこなすには、濡れ性や接触角、ヒステリシスなどの理解が必要です。本講座では、微小液滴を扱うために必要な基礎知識や評価・制御法について、基礎から応用に至るまでを解説します。表面張力や濡れ性の評価に加えて、マイクロ流路を使った液滴生成・操作・分析などの最先端の技術についても多数の実例を交えて説明します。初心者からでも問題なく学ぶことができ、実務上のトラブルや技術開発に関する相談にも個別に対応できます。
セミナーアイコン(青)

(11/7)【京都開催】 <インク・ペーストの身になって論理的に考える> 管理できるスクリーン印刷理論と 高品質量産印刷プロセスの「標準」

49,500円(税込)
 スクリーン印刷は、インクと版を適正化すれば、30μmラインも手刷りが出来るほど安定した印刷工法です。スクリーン印刷にも理論があります。印刷されるインク、ペーストの身になってプロセスを考える「ペーストプロセス理論」です。この理論は、私が長年にわたり,多くのコンサルティング現場において自身で検証を行い、実用性がある考え方として確立し、実践してきたものです。エレクトロニクス分野のみならず、グラフィック、加飾、捺染、工業印刷などでの高品質スクリーン印刷実践のためであれば、すべてに通用する考え方です。
 スクリーン印刷自体が管理困難だったのではありません。インク、ペーストの理解が不十分であったからです。今こそ、これまでの考え方を改め、今までの管理手法が間違っていたと認識を新たにすべきです。これまでのスクリーン印刷に対するネガティブな先入観を捨て、論理的整合性の観点から評価いただければ、この理論の正しさが理解していただけると思います。
 いままでの対策での成功の理由も失敗の理由もこの理論で説明ができるようになります。この理論を正しく理解し、実践すれば、スクリーン印刷が、技術的伸び代が最も大きい量産プロセス技術であることが納得できます。
 量産プロセスの適正化と「標準」とは、スクリーン印刷本来の「あるべき姿」を達成するために「前提条件」を適正化することであり、適正化できていない場合は、その原因、理由を見つけ出し、適切に対策することです。「前提条件」が適正であれば、最終的にはインク・ペーストの有する固有の印刷性能で印刷品質と印刷安定性が決定されます。
 本講演では、最初に、スクリーン印刷の原理やメカニズムの説明をします。併せて、近年、解明できた「版離れ角度」と「版離れ力」の相関について詳細に説明します。次に、スキージやスクリーンメッシュなどの要素技術についても解説し、インク・ペーストの印刷性能に影響する分散安定性、揮発性、濡れ性及び粘弾性特性を理解することで高品質印刷プロセスが高度に適正化できることを分りやすく解説します。さらに最新のエレクトロニクスや高精細・高品位加飾印刷での具体的な応用例と実践方法についても解説します。
セミナーアイコン(青)

(11/8)入門講座 塗料・塗装の基礎と 性能評価、耐候性技術と欠陥分析技術

55,000円(税込)
 IT技術やナノ・テクノロジーのもとで科学技術が急速に進歩し、それとともに塗料や塗装を取り巻く技術も高度化、かつ広範囲に細分化されています。
 先ず、塗料-塗装-塗膜の各工程で、どのようなことに注意しなくてはいけないか、塗料・塗膜の専門家だけではなく、これからこの分野に関わる方にも入門的な基礎をやさしく解説します。各塗装系(表面処理、化成処理、電着塗装、中塗り塗装、上塗り塗装)に関して、ポイントになる部分を学ぶことで今まで気付かなかったところ、例えば塗料や塗装工程の特徴を理解できます。塗装系を把握すれば、それぞれの塗膜の役割が明確になります。そして塗膜の性能評価法に至るまでのプロセスを考え、知識を整理し再構築することを目指します。
 次に、劣化現象のひとつである塗膜の耐候性について考えます。実曝試験や促進試験の具体的な方法やその評価法について整理し、その基礎から運用上の課題まで、技術者が知りたいことを含めて解説します。また、関連した塗料/塗膜の分析評価技術は、製品管理だけではなく、塗料の設計指針、他社品分析、クレーム対応など様々な場面で重要です。特に、塗膜欠陥はあってはならないものです。この塗膜欠陥に対して、実際に解析するための試料作製、分析機器選択や考え方について、実例を挙げて解説します。
セミナーアイコン(青)

(11/11)Pythonで学ぶ 畳み込みニューラルネットワークの入門講座

44,000円(税込)
 本講座では、ディープラーニングの基本技術である畳み込みニューラルネットワークについて、その基礎及び構成方法の基本を紹介します。人工知能や機械学習について概観した後、特に、ニューラルネットワークの基礎的な計算方法や、ネットワークの構成方法、またニューラルネットの学習方法について基礎から紹介します。また、それらの基礎技術を踏まえた上で、畳み込みニューラルネットについて、構成方法と動作の基礎を紹介します。
セミナーアイコン(青)

(11/11)~基本を押さえて設計・開発・活用の糧に~ 半導体封止材料の基礎から組成・原料、製造・評価方法まで

49,500円(税込)
 半導体は、「樹脂封止」の採用(1970年代後半)により急成長を遂げ汎用化した。日本は、樹脂封止用の「封止材料」の分野で市場を制圧し続けている。今回、封止材料の基本技術および応用技術を2日間にわたり徹底解説する機会を設けた。講師は、封止材料およびその関連技術の開発に最前線で現役として約40年携わっており、講演は半導体パッケージング関係者へ技術伝承する内容となっている。
 第1日目の本講では、封止材料の基本技術を分かり易く説明する。今後も、封止材料の成長は続くと予想されるが、その技術伝承が危惧されている。
 また、従来封止材料は、エポキシ樹脂固形材料・打錠品が中心であったが、パッケージ方法の進展に伴い、近年ではインク材料、フィルム材料、粉体材料など新たな形態のものが検討されており、充填剤(シリカ)の分散制御の重要性も高まっている。そのため、新規参入企業による新たな材料開発にも期待がかかる。
 新規材料開発のためにも欠かせない封止材料の基本技術を、本講で分かりやすく解説したい。
セミナーアイコン(青)

(11/13)事例から学ぶ、FT-IR分析の基礎と最新技術 ~これまでの豊富な事例と最近話題の技術を解説!~

49,500円(税込)
 FT-IR分析法は、電子顕微鏡では観察することが難しい微細な分子構造を、赤外光を照らしながら“影”を見て推定する手段です。
 本講座では、様々な材料に対する分析事例を通じて、“影”であるFT-IRスペクトルから情報を得て、材料開発やトラブル解決に活用するポイントについて解説します。また、FT-IR分析で出来ることだけでなく、測定出来ない場合の代替法についても提案します。製品検査、品質管理、機器分析を担当されている技術者の方のみならず、顧客相談窓口、営業の方にも役立つ内容です。

1件~10件 (全82件)  1/9ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ