カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > セミナー > エレクトロニクス

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~5件 (全5件)

(7/28)【Live配信(リアルタイム配信)】  生体データ活用製品・サービス開発のための 生体計測・信号処理と 生体情報解析・データマイニングのコツ

(7/28)【Live配信(リアルタイム配信)】  生体データ活用製品・サービス開発のための 生体計測・信号処理と 生体情報解析・データマイニングのコツ

35,200円(税込)
 ものづくりや調査・研究のために生体信号を利用してみようと考えている方が、最初に考えなければならないことの数々を中心に、生体信号計測および生体信号処理のノウハウの基本的な点について紹介・解説します。
(7/28)【Live配信(リアルタイム配信)】 FPCの市場と技術動向

(7/28)【Live配信(リアルタイム配信)】 FPCの市場と技術動向

35,200円(税込)
 スマートフォンに代表されるモバイル機器は、高性能・高機能化と同時に、軽量・薄型化を求められている。その為にデバイス・電子部品の高機能・小型・薄肉化やプリント配線板の薄肉・高機能・高密度配線化への要求がますます高まっている。特にFPCは、単なる配線材料としてだけでなく、デバイスやセンサー等、高機能部品のモジュール基板として多用され、軽量・薄型化や組み立てコスト低減に、ますますその重要性が高まっている。

 今回のセミナーでは、FPCの市場動向や業界動向を解説した後、現状のFPC材料技術と製造技術、及び技術開発の動向について述べる。また今後の新しい市場として期待が高まっている5G対応高速伝送FPCや車載用途向けを中心に、次世代高機能FPCの技術開発動向と課題についても解説する。最後に弊社が継続的に実施している、最新のモバイル機器の分解調査から得られた知見に基づき、今後のFPCに関連する技術動向や需要動向を予測する。
(8/26)【Live配信(リアルタイム配信)】  AIで新事業を創出 そのための知財戦略とクレーム・明細書 -利益のでるAIビジネス構築に向けて-

(8/26)【Live配信(リアルタイム配信)】  AIで新事業を創出 そのための知財戦略とクレーム・明細書 -利益のでるAIビジネス構築に向けて-

35,200円(税込)
 AIは囲碁、ストラテジーゲームや、米軍戦闘機シミュレーション等で人間のプロに圧勝し、その威力を世界に見せつけている。一方、AIを導入した企業のうち、その利益を得ているのは1割程度にすぎないとの報告も存在する。本セミナーでは、AI開発の歴史、及びその最新動向、特にIoT、5Gやブロックチェーンとの融合によるAI進化の現状を説明し、AIを汎用技術と捉えた上で、そこから利益の得られる新サービスをいかに生み出すかについて考察する。さらに、AIを活用した事業における有効な知財戦略、及びAI特許におけるあるべきクレーム・明細書について提案を行う。
(9/9)【Live(リアルタイム)配信】 実務に役立つ! アナログ回路設計 入門

(9/9)【Live(リアルタイム)配信】 実務に役立つ! アナログ回路設計 入門

35,200円(税込)
 アナログ回路は、自然界とデジタル世界との架け橋を電子的に実現する手段と言える。したがって皆さんが、「このようなシステムを実現したい」と思った時に、アナログ回路がさっと頭に浮かばないと外界とのやりとりがぎこちないシステムが生まれてしまう。

 アナログ的要素を有する回路はその動作が複雑なため、熟練した回路設計者でなければ設計は無理だ、と言われて来た。はたしてそうだろうか?実は基本の回路が在って、熟練者でもその回路の特徴を生かした使い方をしているだけなのだ。もちろん、システム中には1カ所か2カ所位の、頭を絞らないといけない新規な回路構成が在ってそこに注力する必要はあるが、他は基本回路の組み合わせで構成可能なのである。

 本講座は、使用頻度の高い基本アナログ回路について、その回路はどのような特長を持つのか、その特長を生かしてどのような時にどのように使用するのか、等を10種の基本回路に絞って学ぶ事により、初初歩の方でも、短時間で、十分複雑なアナログ回路が設計できる力が身に付く事を目的とする。
セミナーアイコン(青)

(7/29まで)【オンデマンド配信】 ≪打倒コロナ!感染症の早期発見にも期待≫ 医師が必要とした生活習慣(Life Style)・生体情報データと モニタリングデバイス

27,500円(税込)
 これまで、健康長寿社会を目指した生活習慣(Life Style:LS)病予防や自己管理(Self-Management:SM)のための各種センサ開発とその活用を行ってきた。現在では、新型コロナウイルス(COVID-19)が蔓延し、これらのセンサによる早期発見、重症化検知などの応用のための研究を行っているので紹介する。

1件~5件 (全5件)

ページトップへ