カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > セミナー > エレクトロニクス

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~4件 (全4件)

セミナーアイコン(青)

(6/24)半導体デバイスにおける洗浄技術の基礎と歩留改善のための 効果的な汚染制御技術

44,000円(税込)
 半導体製造において、各種汚染は歩留低下を引き起こします。序論として汚染が半導体デバイスにおよぼす影響を示し、それを踏まえて、半導体洗浄に関して説明します。従来の洗浄から最近の洗浄、目的別洗浄について詳細を説明します。洗浄以外の汚染制御技術に関しても紹介します。最後に次世代の汚染制御の問題点と洗浄乾燥技術について解説します。
(6/24)XPS(ESCA)の基礎と実践応用テクニック

(6/24)XPS(ESCA)の基礎と実践応用テクニック

49,500円(税込)
 表面、界面はあらゆる技術や製品の基盤となるものであり、現在扱われる材料やプロセス、技術、商品で表面や界面が関与していないものは無いと言っても過言ではない。そのため様々な分析手法が開発されているが、その中の代表がX線光電子分光法(XPS、ESCA)である。装置の発達で測定は比較的容易になってきているとはいえ、それと共に間違った理解や手順で測定、解析を行い、正しい情報が得られていないケースが増えている。
 本講では、表面、界面の基礎から、XPSの原理基礎はもちろん、測定、解析の手順、技術的テクニック、コツやノウハウまで応用事例を交えて解説する。
セミナーアイコン(青)

(7/13)【Web配信対応】 [次世代]FPC(フレキシブル配線板)の市場・業界動向、及び材料技術、製造・開発技術動向

35,200円(税込)
 スマートフォンに代表されるモバイル機器は、高性能・高機能化と同時に、軽量・薄型化を求められている。その為にデバイス・電子部品の高機能・小型・薄肉化やプリント配線板の薄肉・高機能・高密度配線化への要求がますます高まっている。特にFPCは、単なる配線材料としてだけでなく、デバイスやセンサー等、高機能部品のモジュール基板として多用され、軽量・薄型化や組み立てコスト低減に、ますますその重要性が高まっている。

 今回のセミナーでは、FPCの市場動向や業界動向を解説した後、現状のFPC材料技術と製造技術、及び技術開発の動向について述べる。また今後の新しい市場として期待が高まっている5G対応高速伝送FPCや車載用途向けを中心に、次世代高機能FPCの技術開発動向と課題についても解説する。最後に弊社が継続的に実施している、最新のモバイル機器の分解調査から得られた知見に基づき、今後のFPCに関連する技術動向や需要動向を予測する。
セミナーアイコン(青)

(8/7)生体情報センシングとその製品応用

49,500円(税込)
 生活習慣病に代表される日常的な健康管理や職場におけるストレス管理の必要性が高まり、その具体的な対策が急務です。こうしたニーズを受けて、スマートウォッチによる心拍数管理や睡眠管理が広く普及し、医療現場や公共施設で社会実装されていた技術が日常生活に導入されてきました。しかしながら、その機能はまだ限定的です。そこにはハードウエア、ソフトウエアの現実的な実装の難しさもありますが、取り出した生体情報そのもの(一次情報)では本当に知りたい情報(高次情報)を得ることができない難しさがあります。
 その難しさには、情報処理の難しさに加えて、ヒトを対象にすることによる個人差の存在、さらにはストレスや感情のように真値を知ることの難しさがあります。本講演では、関連する研究領域においてこうした難しさにどのように取り組んでいるかを紹介します。また、こうした研究成果を製品応用する上で考えるべきポイントを示していきます。

1件~4件 (全4件)

ページトップへ