カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > セミナー > エレクトロニクス/化学・材料

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全14件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

(1/28)【Webセミナー(アーカイブ配信)対応】 エポキシ樹脂のフィルム化技術と 物性制御、高機能化と応用展開

(1/28)【Webセミナー(アーカイブ配信)対応】 エポキシ樹脂のフィルム化技術と 物性制御、高機能化と応用展開

35,200円(税込)
 エポキシ樹脂は耐熱性、接着性、耐薬品性、機械的性質、電気絶縁性などに優れており、電子機器、土木建築分野、塗料などに使われている。これらの特長を損なわずにフィルム化できれば、さらに多くの用途が期待できる。現状ではベンゼン環と水酸基を併せ持つフィルム形成高分子はない。ベンゼン環によって耐熱性、機械的性質などに優れ、水酸基によって接着性、熱硬化性などが付与できる。プリント配線板の基材として利用できるほか、様々な電子材料に利用できると考えられる。また、水酸基を極性の異なる化合物で修飾できれば、耐熱性分離膜などにも利用できると考える。
(1/28)【Live(リアルタイム)配信】 活性炭の特性と最適設計の要点及び開発動向

(1/28)【Live(リアルタイム)配信】 活性炭の特性と最適設計の要点及び開発動向

35,200円(税込)
 活性炭は、排ガス中の希薄な溶剤蒸気、有害成分の回収・除去、炭化水素の分離、大気浄化、諸工業における液相精製、排水処理、浄水処理など多方面で用いられてきた。まず、活性炭の役割とニーズ、吸着相互作用、吸着平衡、吸着速度と拡散の考え方、破過特性を講述し,活性炭吸着の基礎を解説する。次に、活性炭の種類と特性、用途に合った活性炭の選定を述べる。さらに、活性炭の作製法と細孔構造制御法に関して解説し、活性炭の効率的な再生とコスト低減策を述べる。また、メソ細孔性カーボンに関する研究開発事例を紹介する。講演の最後には活性炭利用におけるトラブルシューティングに関する質問を受け付ける。
(1/29)【Live配信(リアルタイム配信)】 消費者が五感で得る知覚という現実: 知覚品質・感性的価値の要諦

(1/29)【Live配信(リアルタイム配信)】 消費者が五感で得る知覚という現実: 知覚品質・感性的価値の要諦

35,200円(税込)
 消費者は,多くの状況要因の影響を受けながら,主観的に購入の意思決定を行っている.客観的には同じ価値であっても,主観的に価値は変動するため,消費者の環境が考慮できていない商品・サービスは迎合されない.
消費者の認知を文脈によって導くことで,少ないコストで自社商品の差別化や優位性を確保できることから,マーケティングは文脈の設定作業とさえ言われる.よって,技術や性能という客観的要素ではなく,主観的要素の検証をせずに,商品・サービスの企画開発は困難である.
 本講座では,視覚・聴覚・嗅覚・触覚を通じて,消費者がどのように商品・サービスを知覚するかを踏まえて,あるべき価値づくりの考え方を述べる.また,最近多くの話題が生まれているディープラーニングの現状と限界についても触れる.
(2/9)【Live(リアルタイム)配信】 粉体プロセスにおける各種トラブルを予測する・防ぐ

(2/9)【Live(リアルタイム)配信】 粉体プロセスにおける各種トラブルを予測する・防ぐ

35,200円(税込)
 粉、粒は、現代の工業プロセスの中で必須の、基本的な「材料取り扱い技術」である。
 しかしながら「粉体は世に出るまでの仮姿」といわれる様に、なかなかそのノウハウは、専門家以外は理解されていない事が多い。また、数値シミュレーション技術を用いることによって実験回数の軽減は可能でも、粉体には粒度分布という自然形態があるため、新しい物質には「実際に小型装置で試してみること」が基本である。
 本講座では、小型透明卓上スケルトンモデル®を駆使して「粉体挙動を見える化」し、装置設計に使われている実験式と、装置内粉体挙動の観察から参加者の「疑似体験」をうながし、「腑に落ちる、応用が効く理解」を得られるように講演する。その結果「粉体トラブルを予測し、その対策をあらかじめ考慮して仕組んでおくプロセス」を構築できる技術者になって頂きたい。
(2/18)【Live配信(リアルタイム配信)】 導電性複合材料の開発・製造のための フィラー選定・配合/分散・複合技術

(2/18)【Live配信(リアルタイム配信)】 導電性複合材料の開発・製造のための フィラー選定・配合/分散・複合技術

35,200円(税込)
 導電性フィラーとポリマーからなる導電性コンポジットの開発に当たって,最も重要となるフィラーのポリマー中での分散性と導電性の関連についてパーコレーション理論をベースに解説します。講義の前半では、パーコレーション理論の基礎及び導電機構について紹介し、次いで、フィラーの局在化による低いパーコレーション閾値を得る手法とフィラーの分散性評価法について紹介します。
 後半では、導電性フィラーの種類別に,具体例を挙げて分散性と導電性発現の関係を詳細に解説します。対象とするフィラーはカーボンブラック,グラファイト,炭素繊維,気相法炭素繊維,カーボンナノチューブ,グラフェンおよび導電性ポリマーです。最後に導電性コンポジットの新しい応用例として注目されているstrain sensorの医療への適用の可能性について紹介します。
セミナーアイコン(青)

(2/19)【Webセミナー(アーカイブ配信)】 現場で役立つ! 押出加工技術とトラブル対策

35,200円(税込)
 材料の粘弾性特性、押出機と付帯設備の設計、成形条件から見た基本技術と生産性向上、トラブル発生の原因と対策を述べ、多くの技術者が日常困っているであろう課題を中心に100項目以上のQ&A集を作成したので、それに基づく解説を行う。重要課題を分かりやすく解説したい。
(2/26)【Live配信(リアルタイム配信)】 ウェットエッチングの基礎と ノウハウおよびトラブル対策

(2/26)【Live配信(リアルタイム配信)】 ウェットエッチングの基礎と ノウハウおよびトラブル対策

35,200円(税込)
 ウェットエッチングは工業的にも歴史が古く、かつ、高周波プリント基板やLSIおよび液晶デバイスなどの様々な先端分野で主力の加工技術となっています。また、ウェットエッチングは、量産性やコスト性および設備の簡易さに優れており、かつ、エッチングと同時にウェット洗浄も行えるという特長を有しています。
 しかし、ウェットエッチングには、濡れ性制御、反応性コントロール、界面密着制御、マスク耐性などの様々な要因が関わっており、高精度化のためには、それぞれを最適化することが必要です。近年では、ウェットエッチングによるアンダーカット形状の高精度化が求められています。
 本セミナーでは、ウェットエッチングの基礎メカニズムに重点を置きながら、エッチングの高精度化、トラブル対策についても解説します。日頃の技術開発やトラブル相談にも個別に応じます。
(2/26)【Live配信(リアルタイム配信)】 商品・サービスの成否を分ける ブランドマネジメントのための市場調査・科学的検証

(2/26)【Live配信(リアルタイム配信)】 商品・サービスの成否を分ける ブランドマネジメントのための市場調査・科学的検証

35,200円(税込)
 ブランドマネジメントというと,目立つテレビ広告や大規模なイベントが想起されることがある.しかし,ブランドは一朝一夕でつくられるものではない.消費者が潜在的に抱える問題を捉え,価値あるコンセプトを定め,一貫して具現化する,という地道な作業の繰り返しである.(永遠に到達することがない)コンセプトに向けて,具現化を継続した時間が長ければ長いほど,強固なブランドが構築される.その過程において,企業では多くの意思決定が日々行われる.この時,意思決定の基準が曖昧になると,組織として一貫した行動ができなくなる.その結果,強固なブランドはできず,価値の乏しい商品・サービスを頑張って売る仕事に追われることになる.
 本講座では,日本企業で散見される意思決定の場における課題に触れながら,ブランドマネジメントにおいてあるべき調査・検証の考え方を述べる.
(3/15)【Live配信(リアルタイム配信)】  デバイス応用に向けた軟磁性材料の磁気特性評価法

(3/15)【Live配信(リアルタイム配信)】  デバイス応用に向けた軟磁性材料の磁気特性評価法

35,200円(税込)
 微粒子・薄帯形状および薄膜形状からなる軟磁性材料に関する研究開発は、既存の磁気デバイス開発や新規デバイス創製を目指して行われている。これらのデバイスの開発・創製のためには、軟磁性材料の基本特性である磁化過程および磁気特性を詳細に理解することが重要である。そのためには,どのような特性計測法を利用すればよいかあらかじめ把握しておくことが鍵となる。
 本講演では、軟磁性材料における磁気特性とその評価法を紐づけしながら、デバイス応用に向けた軟磁性材料の基礎知識を習得する。
(3/25)【Live配信(リアルタイム配信)+アーカイブ配信】  実践的 インクジェットインク 設計講座

(3/25)【Live配信(リアルタイム配信)+アーカイブ配信】 実践的 インクジェットインク 設計講座

44,000円(税込)
 本セミナーでは、1)インクが部品として具備するべき性質 2)画像形成印刷インクとして具備するべき性質 を追求し、3)不具合現象と改善の着眼点を例示しながら、インクジェットインクの素材から製品までの歩みの過程に沿った実践的解説を行う。
 インクが部品として具備するべき性質を考えると、インクは、プリンタ装置内にあるうちは液体の部品であり、意図された動作が安定して持続するように処方を固めていく必要がある。また、画像形成印刷インクとして具備するべき性質を考えると、インクは印刷インクとして、印刷物の画像品質と耐久性を満足させなければならない。だが、低粘度であるインクジェットインクによる画像は、印刷基材の種類やプリンタの設置環境によって、品質の変動がたいへん大きい。インクにも基材種依存性と擾乱に強く公差が小さくなるように処方設計が望まれる。そして、インクジェットプリンタの動作では種々の不具合現象を生じるものであり、その改善への足がかりを掴む、あるいは当初から設計評価に組見込むことは重要である。
 これらを考慮しながら、開発活動全体へ実践の見通しを与えるべく、IJインクを素材から製品に行きつくまでの手順を多面的に解説する。

1件~10件 (全14件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

ページトップへ