カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > セミナー > 化学・材料

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全16件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

(8/30)【Live(リアルタイム)配信】 粉体ハンドリング 入門

(8/30)【Live(リアルタイム)配信】 粉体ハンドリング 入門

35,200円(税込)
 粉体を取り扱うと必ず問題となるのが「付着」です。この付着のし易さを表わす言葉が「付着性」ですが、この「付着性」は「付着力」と混同されているようです。そこで本講座では、まず「付着性」と「付着力」の関係を整理してみます。その上で装置壁にくっつく「付着」や粒子同士の付着である「凝集」、その両者が関連する粉体の「流動」について、現象の実際と実操作での例を交えて、それら物性が働くメカニズムやその測定・評価方法や測定・評価した付着性、凝集性、流動性等を基に粉体ハンドリングをどう効率よく行っていくべきなのか?また、それらの物性が基となるハンドリングに際してのトラブルをどう回避、対処していくべきなのか?等などについて、その考え方を概説します。
セミナーアイコン(青)

(7/28)【Webセミナー(アーカイブ配信)対応】 攪拌・濾過プロセスのスケールアップで 検討すべきこと/データとり方 ~攪拌条件と歩留まり~

35,200円(税込)
 攪拌は反応プロセスでは反応速度、反応時間、晶析プロセスでは粒径や粒度分布、結晶多形、純度、形状、結晶化度など結晶の特性や歩留まりを制御する重要な操作である。制御できなければ反応時間、濾過工程(固液分離工程)、乾燥工程や品質にも影響を及ぼすことがある。例えば濾過性の悪い結晶は精製効果が得られず、品質だけでなく作業性にも影響が出る。濾過性のよい結晶でも、溶媒和物、水和物が生成すればその後の乾燥工程に影響する場合がある。本セミナーでは,商用生産に至った化合物を例に、スケールアップ検討の過程で遭遇した攪拌、濾過工程が絡む種々の問題点をどのように解決して商用生産に至ったかを実験法、データの取得法を含め解説する。
セミナーアイコン(青)

(7/28まで)【WEBセミナー:オンデマンド配信】 晶析プロセスのスケールアップ検討/結晶多形の制御と 濾過性の悪い結晶の対応法・手段

16,500円(税込)
 晶析とそれに続く固液分離(濾過)は化学製品の製造ではごく普通に行われる操作である。晶析プロセスでは再現よく結晶の特性を制御し、目的の結晶を製造する必要がある。制御する特性には粒径や粒径分布、結晶多形、純度、形状、結晶化度など様々なものがあり、制御できなければその後の遠心脱水工程や品質に影響を及ぼすことがある。例えば濾過性の悪い結晶は精製効果が得られず、品質だけでなく作業性にも影響が出る。濾過性のよい結晶でも、溶媒和物、水和物が生成すればその後の乾燥工程に影響する場合がある。本セミナーでは,具体的に商用生産に至った化合物を例に、スケールアップ検討の過程で遭遇した結晶多形、類縁物質、溶媒和物、水和物等、晶析が絡む種々の問題点をどのように解決して商用生産に至ったかを解説する。
(8/5)【Live(リアルタイム)配信】 高分子材料の劣化 ―そのメカニズムと解析方法および対策事例―

(8/5)【Live(リアルタイム)配信】 高分子材料の劣化 ―そのメカニズムと解析方法および対策事例―

35,200円(税込)
 高分子材料は、自然環境に曝されているうちに物理的・化学的作用を受け、徐々に本来の特性を失い実用に耐えなくなる。これは、高分子材料の特性が発現するもととなる分子の化学構造と集合状態が変化するためである。このような高分子の劣化を防止し、安定性・耐久性を向上させるために多くの努力が払われている。しかし、この努力が効率的に結実するためには、劣化メカニズムの基本を理解し、また劣化挙動を正しく解析することが重要である。

 本講演では、高分子の多彩な劣化メカニズムならびにその解析手法について要領よく解説する。また、酸化防止剤、紫外線吸収剤と光安定剤の種類、特徴、作用および海洋プラスチックごみ等の最近のトピックスについて概説する。
(8/6)【Live配信(リアルタイム配信)】  医療・ヘルスケア分野参入に向けた 新規事業・研究開発テーマ企画の心得と戦略 ― 機能性材料・素材編 ―

(8/6)【Live配信(リアルタイム配信)】  医療・ヘルスケア分野参入に向けた 新規事業・研究開発テーマ企画の心得と戦略 ― 機能性材料・素材編 ―

35,200円(税込)
 異業種参入企業、特に素材系企業がヘルスケア分野に参入する際に直面するさまざまな障壁を乗り越えるために、できるだけ具体的な事例をもとに、医療機器、体外診断薬、再生医療などヘルスケア分野における新規事業企画の考え方を整理して頂くための方策を提供する。(参入障壁が極めて高い医薬品領域は除く) 
(8/6、10/13)【Live配信(リアルタイム配信)】  医療・ヘルスケア分野参入に向けた 新規事業・研究開発テーマ企画応援 全2日間セミナー ― 機能性材料・素材編 ―

(8/6、10/13)【Live配信(リアルタイム配信)】  医療・ヘルスケア分野参入に向けた 新規事業・研究開発テーマ企画応援 全2日間セミナー ― 機能性材料・素材編 ―

70,400円(税込)
021年8月6日(金):1日目
異業種参入企業、特に素材系企業がヘルスケア分野に参入する際に直面するさまざまな障壁を乗り越えるために、できるだけ具体的な事例をもとに、医療機器、体外診断薬、再生医療などヘルスケア分野における新規事業企画の考え方を整理して頂くための方策を提供する。(参入障壁が極めて高い医薬品領域は除く) 

2021年10月13日(水):2日目
素材技術を応用した新規事業企画立案をサポートするため、さまざまな素材を医療デバイスやアプリケーションに応用した事例に学び、さらには医療・ヘルスケア分野で今後が期待されている機器デバイスや、システム・アプリケーションを取り上げ、現状やそこにある課題、ニーズを解説する。
(8/23)【Live配信(リアルタイム配信)】 シランカップリング処理を上手に使いこなすためのポイント

(8/23)【Live配信(リアルタイム配信)】 シランカップリング処理を上手に使いこなすためのポイント

35,200円(税込)
 本講座は、シランカップリング剤の反応過程おける処理層の構造、表面被覆状態、反応進行の解析および特性への効果等を見いだし、表面・界面で何が起きてるのかを知ることで、より効果的・効率的な表面処理を行うことを目的にします。
(8/25)【Live配信(リアルタイム配信)】  -高分子の結晶化ダイナミクス入門講座- ポリ乳酸の結晶化速度解析・向上技術による高性能化

(8/25)【Live配信(リアルタイム配信)】  -高分子の結晶化ダイナミクス入門講座- ポリ乳酸の結晶化速度解析・向上技術による高性能化

35,200円(税込)
 結晶性高分子は成形加工工程で結晶化することにより、その素材固有の潜在的性能としての熱的・力学的特性を発現することができる。しかるに、ポリ乳酸(PLA)に代表される結晶化速度の遅い結晶性高分子は成形加工工程で結晶化が十分に進まないために、成形加工性や得られる成形品の耐熱性や寸法安定性などは劣悪なレベルに留まらざるを得ない。
 本セミナーでは結晶性高分子の結晶化速度論を抽象的な観念論ではなく、実際にPLAの結晶化速度を飛躍的に向上させるための具体的な材料設計(分子設計/配合設計)技術を成形加工分野毎に分かり易く解説する中で、理論と実際の両面から詳述する。また、得られる成形品の耐熱性、寸法安定性、耐衝撃性、成形加工性や製品開発動向について論及する。
(8/27)【Live配信(リアルタイム配信)】 高分子の延伸における 分子配向・配向結晶化のメカニズムと物性制御 <個別相談付>

(8/27)【Live配信(リアルタイム配信)】 高分子の延伸における 分子配向・配向結晶化のメカニズムと物性制御 <個別相談付>

35,200円(税込)
 フィルム・繊維を構成する高分子は細くて長い分子鎖からなり、多くは結晶性であるため、それらの物性は延伸工程によって形成される分子配向や結晶化度に強く依存する。延伸工程での分子配向・結晶化を考える際に重要になるのが「配向結晶化」の概念である。この配向結晶化は、通常の結晶化よりも遙かに速く、また形成される構造も大きく異なり、強くてしなやかになるなど、繊維やフィルムの物性発現にも大きく影響している。
 このセミナーでは、繊維やフィルムの延伸と配向の基礎を踏まえた上で、配向結晶化のメカニズムと、それによって形成される構造に関する最新の研究成果を交えて解説する。物性としては光学的性質と力学的性質を取り上げるが、配向結晶化による構造形成の知識は、これら以外の物性の理解にも役立つものと考える。
(8/30)【Live配信(リアルタイム配信)】 凍結乾燥プロセスにおける必須基礎知識と 品質安定化に向けたポイント

(8/30)【Live配信(リアルタイム配信)】 凍結乾燥プロセスにおける必須基礎知識と 品質安定化に向けたポイント

35,200円(税込)
本講座では、注射剤,無菌原薬,食品などの凍結乾燥プロセスの理解に必須な基礎知識を解説します。相転移・結晶・非晶質などについて固体化学と関わる理解を確実にし、凍結乾燥プロセスの理解に必須な凍結と乾燥に関わる複雑な物理化学の理解を深めてもらいます。凍結乾燥プロセス全般について基礎と応用の両観点から深く掘り下げて解説し、乾燥速度の決定メカニズムの理解のみならず品質変化の進行メカニズム,プロセスの改善の指針を得るために必要な考え方を習得して貰います。
具体的な品質の劣化対策,製造工程トラブルに対処するために必要な考え方についても解説します。

1件~10件 (全16件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

ページトップへ