カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > セミナー > 化学・材料/エネルギー・環境・機械

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全16件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

(5/24)【Live配信(リアルタイム配信)】 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 基礎編

(5/24)【Live配信(リアルタイム配信)】 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 基礎編

35,200円(税込)
 分子鎖を構成する共有結合に由来して力を支えることが求められるプラスチックの構造体の破壊は金属等と同様に製品の形状あるいは製品に内在する欠陥に起因する応力集中により、その材料の持つ凝集強度と比べると極めて小さな負荷応力で開始する。そのような製品の強度あるいは耐衝撃強度を向上させるためには、用いる材料の凝集強度を大きくするか、あるいは製品の形状、構造を調整して応力集中を緩和させる必要がある。
 基礎編では、連続体力学によって解説されているように、固体の変形は体積一定のせん断変形と体積が変化する体積変形により構成されること、そしてそれらの変形の下で起きる高分子の破壊の機構を解説する。
(5/25)【Live配信(リアルタイム配信)】 プラスチック包装材料の技術動向と SDGs対応に向けた現状と課題

(5/25)【Live配信(リアルタイム配信)】 プラスチック包装材料の技術動向と SDGs対応に向けた現状と課題

35,200円(税込)
 リチウム二次電池は、モバイル機器用途から、定置型蓄電、車などの大型用途まで、その市場はさらに広がりを見せています。そのために、リチウム二次電池の状態把握、安全性の確保、リユースの可能性がとても重要な開発課題になっ 2015年にパラダイムシフトが起こり、脱炭素へと経済活動が変換した。続いてSDGs及びCircular Economy対応がクローズアップし、包装材料も回収して原料として再利用する動きが活発になっている。特に世界で注目されているプラスチックの使用量削減対応、それに関連して紙仕様がクローズアップしてきている。
 リサイクル技術対応として、モノマテリアル仕様、ケミカルリサイクルが注目されている。まだ開発及びプラントの整備途上であるが、いかに包装材料を有効に使用しLoopの中で再生再利用するかが求められている。                               

 本セミナーでは、主にプラスチック包装と紙仕様包装に焦点をあて、海外の動きを具体的な事例を挙げて説明し、今後の各社の包装ビジネスに展開できるようにする。ています。
 そこでこの度、新規参入企業や新たに研究を始められ技術・研究者にも分かりやすいように、リチウムイオン二次電池の基礎、動作状態把握、特性評価法、電池の劣化度・寿命診断法について基礎からじっくりと解説します。特に、インピーダンス法やパルス法の詳細な解析を例解します。ここでは、汎用電池のいくつかへの適用例も紹介します。最新の測定法や材料開発にもふれ、周辺の研究課題を明らかにします。講義終了後には、受講者の講演内容に関するご質問に可能な範囲で回答いたします。
(5/27)【Live配信(リアルタイム配信)】 基礎から学ぶ腐食のメカニズムと防食対策技術

(5/27)【Live配信(リアルタイム配信)】 基礎から学ぶ腐食のメカニズムと防食対策技術

35,200円(税込)
 金属腐食は身近な問題ですが、材料と環境、設計などの要因が複雑に関連しているため、腐食原因を調べ、適切な対策をとることは容易ではありません。本セミナーでは、腐食の原因調査のために必要な腐食メカニズム、電気化学、金属材料の腐食特性、防食技術の原理と応用などについて、事例を交えて講義し、実務に役立つ、腐食の原因調査から防食対策までを提案できる知識、考え方を学んでいただきます。
(5/28)【Live配信(リアルタイム配信)】 工業触媒技術の総合知識 ~基礎、種類、劣化対策、製造プロセス最適化、 スケールアップ、Co2削減~

(5/28)【Live配信(リアルタイム配信)】 工業触媒技術の総合知識 ~基礎、種類、劣化対策、製造プロセス最適化、 スケールアップ、Co2削減~

35,200円(税込)
 触媒技術は化学工業において物質生産の要であり、高活性・高選択性触媒の開発とそれを用いたプロセス技術開発は新しい材料の生産における省エネルギー・省資源・コスト削減に不可欠です。Co2排出を低減するためには従来法よりCo2発生の少ない新しいプロセス開発とCo2転換技術が求められておりこれにも触媒技術が必要です。また環境規制が厳しくなっていく中、各種排ガス処理触媒の高性能化も求められています。
 本講座ではこれらに向けて触媒化学の基礎的事項と具体的な応用例について解説します。
(5/31)【Live配信(リアルタイム配信)】 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 応用編

(5/31)【Live配信(リアルタイム配信)】 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 応用編

35,200円(税込)
 応用編では、基礎編で解説した高分子の基本的な変形と破壊の機構に基づいて分子構造、共重合等によりプラスチックの凝集構造をどのように調整すれば凝集強度を改善しタフなプラスチックにすることが出来るのか、そしてブレンド等によりどのような複合構造を持つプラスチック成型品あるいはゴムを設計することが出来れば応力集中を小さくし、延性変形が支配的な信頼性に優れたタフなプラスチックあるいはゴムが設計出来るかを紹介する。
(6/3)【Live配信(リアルタイム配信)】 金属やセラミックスの焼結における基礎とその応用

(6/3)【Live配信(リアルタイム配信)】 金属やセラミックスの焼結における基礎とその応用

35,200円(税込)
 金属やセラミックスの製造方法として、焼結は古くから利用されている。昨今では、自動車産業などに燒結金属やセラミックスの利用拡大がなされている。加えて、セラミックスや新素材の中には粉末を焼結する以外ではラボレベルでもバルク体を得ることが難しい材料も多く、材料開発の意味でも重要な方法である。しかしながら、焼結は高度なノウハウを必要とする技術であるがゆえ、その背景にある基礎的な学問が重要視されていないところもある。
 本セミナーでは、金属やセラミックスの焼結に関する基本的な考え方とその基礎を中心に解説するとともに、焼結の周辺技術や最近のトピックスについて述べる。
(6/8)【Live配信(リアルタイム配信)】 3Dプリンティング材料: その要求特性と現状、および開発動向

(6/8)【Live配信(リアルタイム配信)】 3Dプリンティング材料: その要求特性と現状、および開発動向

35,200円(税込)
 30余年前の光造形法の発明を契機に3次元積層造形 (Additive Manufacturing=AM)法が種々開発され実用化されてきた。いまではその技術全体を簡便に3Dプリンティングとし、その装置を3Dプリンターと呼ぶようになっている。今日産業界が掲げるDX (Digital Transformation)に呼応して、「Digitalを利用する新しいものづくり」、即ち3Dプリンターによる直接製造の方法が大きな期待を集めている。

 3Dプリンティングは石膏の粉末や砂材料のような無機物、鉄、アルミニューム、チタン(合金)などの金属粉末、液状光硬化性樹脂、熱可塑性樹脂ワイヤーや粉末などの材料をデータに基づき一層ずつ積み重ねて立体形状を作成する技術である。
今日、各3Dプリンターの材料はそれぞれの装置に応じて幅広く開発されてきてはいるが、3Dプリンターを利用して直接製品とするには材料の種類や性能を十分にカバーするまでには至っていない。3Dプリンターを効果的に用いて、新しいものづくりに利用するためには材料の更なる進化が求められる。そのために高性能で高機能な材料の開発が必要であり、そこにビジネスチャンスを求めて欧米を中心に大企業の参入が続いている。

 本講演では、①3Dプリンティング(AM)技術をその活用分野から材料への要求特性を理解し、その材料開発へのヒントを掴む、②今後重要となると思われる新材料、特にCFRPなどの複合材料、フッ素系樹脂、高耐熱材料などの要求特性や特徴を理解する、③用途開発の進む金属材料、セラミックス、砂材料などの無機材料に関しても造形技術の国内外の動向を用途の視点から俯瞰する、④これらトピックスを理解して新たな活用や材料開発へのヒントを掴み関連ビジネスへの展開のきっかけを探る、この4つのポイントを押さえて解説を進めていきたい。
セミナーアイコン(青)

(6/29まで)【オンデマンド配信】 液晶ポリマー(LCP)の基礎・市場動向と、 5G用途に向けたフィルム化・量産化技術の開発動向

35,200円(税込)
 液晶ポリマー(LCP)は電気・電⼦分野や通信分野などの精密部品を中⼼として、世界的に需要が⼤きく伸びつつある耐熱性⾼分⼦材料である。⼀般にスーパーエンジニアリングプラスチックと呼ばれる分野に属し、鉛フリー半⽥にも耐えうる⾼い耐熱性をはじめ、射出成形時の優れた⼨法安定性や⾼い流動性、さらにはバリなどが発⽣しにくいことなどから、精密・微細化などを⽬的とする⽤途に適している。また、近年では、これまでの通信⽅式と⽐べ⾼速・⼤容量化などの特徴を有する第5世代移動通信システム(5G)への適⽤が始まり、⾼周波・⾼速伝達回路による伝達損失を抑えることのできる材料としても期待されている。しかしながら、5G向けの⽤途としてはフィルム化が要求されており、LCPの持つ⾼い配向性が原因でフィルム加⼯しにくい⽋点を有していた。そこで、各LCPメーカーは独⾃の加⼯技術で、この⽋点を克服し、フイルム化とその量産化を試みている。
 本セミナーでは、LCPについて材料の特徴・種類・成形加⼯などの基礎や世界の市場動向から、5G⽤途への適⽤拡⼤に伴うフィルム化技術とその量産化の開発動向について、特許情報を中心に幅広く解説する。
(7/15)【Live配信(リアルタイム配信)】 湿気・湿度現象の科学と 各種産業分野における調湿技術の現状・新たな展開

(7/15)【Live配信(リアルタイム配信)】 湿気・湿度現象の科学と 各種産業分野における調湿技術の現状・新たな展開

35,200円(税込)
 湿度制御は私たちの健康、快適性そして産業分野の生産性の向上などに温度制御と並んで重要な役割を果たしているが、湿度(湿気)の本質に関する理解は十分と言えない現状にある。例えば「雲はなにからできているか?」「水蒸気は見えるか?」「相対湿度の大きさで空気の重さはどう変わるか?」などに答えられない技術者は多いようである。

 一方で、近年の情報機器の普及による冷房・除湿需要や建築物・自動車空間の快適性訴求そして化石燃料利用による環境問題などを勘案した省エネルギーの立場から、特に調湿技術に対する期待が大きくなっている現状がある。我が国の民生部門や運輸部門は、最終エネルギー消費量の多くを占め、その増加割合が顕著であることから、調湿などの快適性の追求を基本として、省エネルギーを主体とする物質マネジメントシステムの推進が重要課題となっている。
 改正建築物省エネ法が施行されて、ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)や住宅(ZEH)の構築に欠かせない調湿技術に対しても新たな展開が期待されている。一方、運輸部門においても、車両の電動化推進から調湿技術による車両内の快適性や安全性(防曇)の確保を基本として、環境規制対応や経済性の確立が重要視されている。さらに、産業部門においても、省エネルギーや創エネルギー機器開発に調湿技術の応用が進んでいる。調湿技術は、環境親和型省エネルギー技術に位置づけられる物質マネジメント技術と言える。

 本セミナーでは、湿度の基礎や関係式、湿度の影響、空気線図の利用法、調湿調温プロセス、そして既存調湿技術の基礎から新たな調湿材料とそのシステム化技術の展開に関して分かり易く解説して、湿り空気・水蒸気の物質マネジメント技術の将来像を明らかにする。
(7/15)【Live(リアルタイム)配信】 軟包装を巡る国内外の規制及び軟包装材料開発の動向

(7/15)【Live(リアルタイム)配信】 軟包装を巡る国内外の規制及び軟包装材料開発の動向

35,200円(税込)
 包装材料は内容物を保護し、安全に使用者(消費者)の手に届けるという使命がある。しかし、一旦内容物が使用されると、包装材料はゴミとなってしまう宿命にある。そのため、特にプラスチック包装材料は、海洋汚染、ゴミ輸出禁止等の問題提起を踏まえて、リサイクル、炭酸ガス排出抑制という観点から欧州を中心に動きが活発化している。日本においても欧州の動向と炭酸ガス排出抑制の流れにより、軟包装材料のモノマテリアル化、バイオマス化及び紙化が進展しつつある。さらに、印刷もデジタル化やフレキソ化により無溶剤化していく可能性がある。一方では、食品向け包装材料用原材料のポジティブリスト化、インキ用材料に関するスイス条例適用化等、衛生規制が厳格化される方向にある。このような環境及び衛生に関する規制と派生する課題を概観し、軟包装材料の開発課題の現状と今後の方向性を探る。

 環境問題では、軟包装材料のモノマテリアル化、バイオマス化、紙化、及び印刷のデジタル化、フレキソ化による無溶剤化とそれに伴うノンソルラミネーションの技術動向を中心に述べる。さらに、直近の軟包装を巡る興味ある開発話題についても触れる。

1件~10件 (全16件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

ページトップへ