カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

(12/11)自動運転車<レベル4〜5>動向 変わる技術と業界・消費者意識・内装デザイン

自動運転車<レベル4〜5>動向
変わる技術と業界・消費者意識・内装デザイン



・欧米中の技術、提携関係・競争軸はどう変わり、どうなっていくか
 ・一般消費者は自動運転車に何を思い、期待し、いくら支払うか
 ・各社コンセプトカーが語る、自動運転車内装の構想とその特色

2020年代の実用化・技術確立に向けて、知っておきたい業界・企業・消費者の新たな動きを解説。

日 時 2018年12月11日(火)  10:30〜15:45(予定)
会 場 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO)  1F A+B会議室  会場地図
受講料(税込) 54,000円  (会員受講料51,300円)  会員登録について
定価:本体50,000円+税4,000円
会員:本体47,500円+税3,800円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額27,000円)】
※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
(申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※会員割引やその他の割引の併用はできません。

 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
調整させて頂きます。

備 考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講師

第1部 [10:30〜12:00] ※12:00〜13:00はご昼食
「欧米中における自動運転やV2Xコネクティッド化による競争軸の変化と各OEM動向」
             ― Lead Innovationセンター(株) 代表取締役 藤本 雄一郎 氏 [Web]
                      兼務 大阪大学大学院 工学研究科 招へい准教授      

【専門】
 自動車(自動運転やV2X関連、EV関連、ディスプレイやHMI関連、構造材料や接合技術関連)、
 エネルギー機器(蓄電池、エネルギーマネジメントシステム、再生可能エネルギー関連)、
 IT分野(IoT、開発・設計・解析関連システム)など

【紹介】
 ・完成車OEMやティア1、エネルギー機器、電子デバイス、材料メーカーの先行開発や
  量産技術関連のコンサルティング(海外の先端技術等動向の分析、グローバル展開や協業支援など)
 ・『破壊的イノベーション』の執筆(2013年5月発刊)
 ・『自動車のマルチマテリアル戦略』の監修&執筆(2017年7月共著発刊)
 ・R&Dテーマの事業化支援システムの開発(15年12月、16年6月の2つのバージョン)
 ・大阪大学大学院 工学研究科にて、最新技術動向の講義および演習を担当
 

第2部 [13:00〜14:00]
「消費者の潜在需要調査:自動運転機能への支払意思額」(仮)
            ― 九州大学大学院工学研究院 都市システム工学講座 主幹教授・都市研究センター長 馬奈木 俊介 氏


第3部 [14:15〜15:45]
「自動運転コンセプトカーからみる室内デザイン・マテリアル動向」(仮)
            ― PIXEL.A 代表 山本 義政 氏

※複数名で受講の際は、備考欄に受講される方の「氏名・部署名・メールアドレス」を
ご連絡ください。

(12/11)自動運転車<レベル4〜5>動向 変わる技術と業界・消費者意識・内装デザイン

価格:

54,000円 (税込)

[ポイント還元 2,700ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


講演内容講演趣旨

第1部 [10:30〜12:00] ※12:00〜13:00はご昼食
「欧米中における自動運転やV2Xコネクティッド化による競争軸の変化と各OEM動向」

      ― Lead Innovationセンター(株) 代表取締役 藤本 雄一郎 氏


昨今、自動車産業の大変革が叫ばれ、CASEと言われるコネクティッド(C)、自動運転(A)、シェアリング等交通サービス(S)、電動化(E)の開発進化が著しい。このCASEの開発・運用基盤となるのが車載ネットワーク(E/Eアーキテクチャ、In-vehicleネットワーク)であり、その大変革が欧米、続いて中国で起こりつつある。
そこで、本講演では、欧米中の自動運転やV2Xコネクティッド、車載ネットワークなど(一部EVやシェアリング系含む)の各技術開発動向の詳細、提携関係、本質的な競争軸の変化などをお話し、下記の論点を明らかにしていく。

1)海外では、自動運転システムの開発はどこまで進んでいるのか
2)自動運転レベル4は、いつ・どこで・どのような車両から実現されるのか
3)1980年代から続いてきたCANベースの車載ネットワークは、Ethernetベースに変わるのか
4)車載ネットワークでのセントラルコンピューティング化はいつ・どの車種・どのような構成で実現されるのか
5)これらの変化が起きた時、国内完成車OEMのポジションはどのように変わるか


プログラム 

 1.欧米中のV2X最新動向と、自動運転システムのアーキテクチャ変化
1)欧米OEMによるV2X連携の自動運転システム開発動向と連携状況
2)中国OEMによるV2X連携の自動運転システム開発動向と連携状況
3)自動運転システムにおける直前アシストのADAS制御から、
事前計画を基にした自動運転制御への変化(取得・解析するデータや制御KPIなどの大きな変化) 

 2.欧州発の車載ネットワークの大変革
1)CANからEthernetベースへの車載アーキテクチャの変革
2)末端センサやECU等に価値を置く分散制御から、セントラルコンピューティングやゾーンECUの集中制御への移行
3)1ギガビット秒(Gbps)のデータ伝送から、10Gbps超の車載ネットワーク構成へ
4)クラウド等外部サービスを起点にしたアーキテクチャ(SOA)導入による動的なデータ伝送や想定ユースケース

 3.車載ネットワーク変革と、電動化やシェアリング等交通サービスとの絡み(なぜCASEと呼ばれるのかの本質)
1)欧中OEMのEVs製品ポートフォリオの方向性
2)事前計画の自動運転制御やデータの動的伝送によるBEV電費向上等の実現(クロスドメイン制御)
3)海外大手シェアリング勢による統合交通サービス化と自動運転レベル4の連携開発

 4.まとめ(国内勢の課題とポジション変化)

□ 質疑応答 □


得られる知識 

・自動運転システムの海外最新動向(特にV2Xとの連携開発動向など)
・車載ネットワークの海外最新動向
(Ethernet化、セントラルコンピューティング化、車載ハードウェアからSOAやSDN等のソフトウェア系制御への変化など)
・EVや充電インフラの海外最新動向
・海外大手シェアリング勢の動向



第2部 [13:00〜14:00]
「消費者の潜在需要調査:自動運転機能への支払意思額」(仮)

      ― 九州大学大学院工学研究院 都市システム工学講座 主幹教授・都市研究センター長 馬奈木 俊介 氏

※プログラム作成中



第3部 [14:15〜15:45]
「自動運転コンセプトカーからみる室内デザイン・マテリアル動向」(仮)

      ― PIXEL.A 代表 山本 義政 氏

※プログラム作成中


※後日、演者が追加変更となる場合がございます。予めご了承ください。

留意事項

※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。

当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から受講券および会場案内等をご指定の住所に送付いたします。
また、お申込の際、事前に会員登録をしていただきますとご購入時にポイントが付与され、 貯まったポイントはセミナーや書籍等のご購入にご利用いただけます。
会員登録はこちら

ご請求書は、弊社より別途郵送いたします。
銀行振り込みまたは郵便振替を選択された場合は、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

個人情報等に関しましては、セミナーご参加目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送いたします。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
ご要望・ご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】

以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み、郵便振替
銀行振込 郵便振替
ご請求書を郵送いたします。
貴社お支払規定に従い、お振込ください。(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード
クレジットカード

3.楽天ID決済
楽天ID決済

4.コンビニ決済
クレジットカード

【領収書について】
領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。

【同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)について】
同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)を申し込まれる場合、以下のように入力をお願いいたします。
  1. 同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)で、「2名で参加」または「3名で参加」を選択してください。
  2. 購入数には、ご参加される人数を入力してください。(2名または3名)
システムの制限上、合計金額は人数分表示されますが、実際のご請求は割引後の価格でさせて頂きます。

関連商品

ページトップへ