カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

(3/3)5G/ローカル5Gの最新技術動向と 6G(2030年)への展望 ~何が出来るか、何が変わるか、技術の徹底把握へ~

5G/ローカル5Gの最新技術動向と6G(2030年)への展望
~何が出来るか、何が変わるか、技術の徹底把握へ~


~超高速大容量通信、超高信頼低遅延通信、多数同時接続の到来を把握する。~

★ 実現するための新しい無線通信物理層、システムアーキテクチャに関する技術とは!
★ ローカル5Gと競合する無線LANの技術、動向も解説いたします。

日 時 2020年3月3日(火)  10:30~16:30
会 場 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO)  6F D会議室  会場地図
講 師 千葉大学 名誉教授、工学博士 阪田 史郎 氏
【経歴】
1974年 早大理工電子通信修士卒
1974年 NEC入社(中央研究所)
1996年 パーソナルC&C研究所所長
1997-1999年(兼)奈良先端科学技術大学院大学客員教授
2000年 インターネットシステム研究所所長
2004年 千葉大学大学院教授
2019年 千葉大学名誉教授
【専門】
情報通信ネットワーク。現在は主に5G. ローカル5G、IoT、LPWA
【主たる単著書】
・マルチメディアとネットワークによるグループウェア実現技術、SRC(1992年)
・M2M無線ネットワーク技術と設計法、科学情報出版(2013年)
・無線通信の話、電気書院(2016年)
【学会活動】
1991年 電子情報通信学会 企画幹事
1997-1999年 情報処理学会 理事
2004年 電子情報通信学会 理事
2003-2004年 情報通信学会 監事
2006年 電子情報通信学会 評議員
2009年 電子情報通信学会 評議員
【受賞歴】
2001年 情報処理学会フェロー
2007年 電子情報通信学会フェロー
2007年 IEEE Fellow
2009年 総務省関東総合通信局長賞
2010年 電子情報通信学会顕彰功労賞
2017年 情報処理学会功績賞
【WebSite】
http://sakatashiro.com/
受講料(税込) 49,500円  (会員受講料47,020円)  会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,750円+税4,270円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額24,750円)】
※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
(申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※会員割引やその他の割引の併用はできません。

 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
調整させて頂きます。

備 考資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

本セミナーはサイエンス&テクノロジー株式会社が主催いたします。

講演趣旨

5Gは、超高速大容量通信、超高信頼低遅延通信、多数同時接続の異なる3種類のサービスを提供する公衆網である。ローカル5Gは、5Gの技術を用いて企業向けを中心に数百m四方の特定領域内で5Gが提供する3種類の サービスを利用できる自営網である。ローカル5Gは「公衆網のように輻輳しない」、「必要な場所・期間に 柔軟に構築できる」、「データがローカルに留まる」という特徴がある。
 本講演では、2019年にプレサービスが開始された5Gの技術を概説した後、ローカル5Gの最新動向について述べる。

※複数名で受講の際は、備考欄に受講される方の「氏名・部署名・メールアドレス」を
ご連絡ください。

(3/3)5G/ローカル5Gの最新技術動向と 6G(2030年)への展望 ~何が出来るか、何が変わるか、技術の徹底把握へ~

価格:

49,500円 (税込)

[ポイント還元 2,475ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


講演内容

<得られる知識、技術>
 5G、ローカル5Gを実現するための新しい無線通信物理層、システムアーキテクチャに関する技術。特に、超高速大容量通信、超高信頼低遅延通信、多数同時接続のサービスを提供するための個々の実現技術。5G、ローカル5Gを利用した時のアプリケーション。ローカル5Gと競合する無線LANの技術、動向。

<プログラム>
1.携帯電話網の標準化機関と動向
 1.1 3GPPとITU/ITU-R
 1.2 携帯電話網の変遷

2.3GPPとITUの組織構成と活動
 2.1 3GPP
 2.2 ITU-RとITU-T
 
3.5G携帯電話網
 3.1 5Gに向けた3GPPの活動
 3.2 5Gの利用シナリオ、要求条件、
 3.3 3種類のサービス: eMBB(超高速通信)、URLLC(超高信頼・低遅延)、mMTC(多数同時接続、IoT/LPWA対応)
 3.4 IoT向けのLPWAとmMTC

   (1) LPWAとIoTシステム
   (2) 独自仕様のLPWAとLTE版LPWA
   (3) 4GのLTE版LPWAから5GのmMTCへ
 3.5 5Gの技術概要
   (1) 物理層Ⅰ: 全体概要
     ① 周波数利用率向上
       *MUST符号化方式とNOMA、Filtered-OFDM、Massive MIMO
     ② 周波数帯域の拡大
     ③ 高密度ネットワーク
       *デュアルコネクティビティ、高度化C-RAN、C/U分離、スモールセル
   (2) 物理層Ⅱ: リリース15(2018.6に完了)の5G基本仕様
     ① 5Gアクセス網(NR)の主要諸元
     ② 5Gアクセス網標準仕様 - 高速化大容量化
       *広い周波数レンジへの対応、広帯域への対応、Scable numerology/Short TTI、新チャネル符号化(誤り訂正符号(LDPC/Polar符号)、Massive MIMO/アクティブアンテナ・ビームフォーミング
     ③ 5Gアクセス網標準仕様 – 低遅延化
       *Short TTI、高速再送制御Fast HARQ-ACK
   (3) 使用周波数(ITU-R WRC、国内における検討詳細)
   (4) ネットワーク概要
     ① 4Gと5Gのネットワークアーキテクチャ比較
     ② RAN-CNアーキテクチャ(NSA(4Gと5Gのハイブリッド)とSA(5Gのみのスタンドアロン))
     ③ コアネットワーク
     ④ 5Gネットワークの進展推移
   (5) システムアーキテクチャの技術要素
     ① ネットワーク仮想化(SDN/NFV、MANO、ネットワークスライシング)
     ② MEC
     ③ V2X(C-V2X vs. DSRC)と自動運転支援
     ④ SON(自己組織化ネットワーク)   
   (6) 3種類のサービス(eMBB, URLLC, mMTC)の実現技術まとめ
   (7) リリース16(2020.3完了予定の5G全体仕様)に向けた2019.4現在の主な提案
     ① URLLCと工業向けIoT
     ② MIMO拡張
     ③ ユーザ端末低消費電力化
     ④ V2X
     ⑤ セルラーIoT(4G)と5Gへの拡張
     ⑥ 有線LANサービス
     ⑦ サービスベースの5Gシステムアーキテクチャ
   (8) 5Gのチップとモジュール
   (9) 5Gのまとめ
   (10) 2017-2020年の国内実証実験
 3.6 3GPP、ITU以外の機関の動き  - ETSI、5G PPP、oneM2M、OMA、NGMN、5GMF(国内)
 
4.6G携帯電話網の展望、課題

5.ローカル5G
 5.1 ローカル5Gとは
 5.2 ローカル5Gのコスト面での実現性
 5.3 ローカル5Gの運用方法
 5.4 ローカル5Gで実用化が期待されるアプリケーション
 5.5 ローカル5GとIoT
 5.6 ローカル5G vs. 無線LAN


  □質疑応答・名刺交換□

留意事項

※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。

当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から受講券および会場案内等をご指定の住所に送付いたします。
また、お申込の際、事前に会員登録をしていただきますとご購入時にポイントが付与され、 貯まったポイントはセミナーや書籍等のご購入にご利用いただけます。
会員登録はこちら

ご請求書は、弊社より別途郵送いたします。
銀行振り込みを選択された場合は、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

個人情報等に関しましては、セミナーご参加目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送いたします。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
ご要望・ご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】

以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み
銀行振込
ご請求書を郵送いたします。
貴社お支払規定に従い、お振込ください。(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード
クレジットカード


10月1日以降にクレジットカードで決済いただくと5%還元されます。
消費者還元期間:2019年10月1日~2020年6月
※還元額の上限はクレジットカード会社毎に決められています。
詳細はこちら

3.楽天ID決済
楽天ID決済

4.コンビニ決済
クレジットカード

【領収書について】
領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。

【同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)について】
同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)を申し込まれる場合、以下のように入力をお願いいたします。
  1. 同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)で、「2名で参加」または「3名で参加」を選択してください。
  2. 購入数には、ご参加される人数を入力してください。(2名または3名)
システムの制限上、合計金額は人数分表示されますが、実際のご請求は割引後の価格でさせて頂きます。

関連商品

ページトップへ