カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

(2/28)特別セミナー:製造業にIoTがもたらすもの。 活用・導入の実践・事例と付加価値の実現 〜スマート工場、スマートファクトリー、製造業の革新へ〜

特別セミナー:製造業にIoTがもたらすもの。
活用・導入の実践・事例と付加価値の実現
〜スマート工場、スマートファクトリー、製造業の革新へ〜


■製造業におけるIoTの導入・活用の現状とスマートものづくり実現に向けた課題■
■見える化から始めるスマート工場 〜実現するためのIoT活用ポイント〜■
■エンドポイント・インテリジェンス:スマートファクトリ実施事例■
■製造業のAI/IoT活用事例■

★ NEC・沖電気・ルネサス・リコーの4社から学ぶ、IoT、製造業のスマート化。
★ 何が出来て、どのように変われるのか!?  インダストリー4.0へ。製造業におけるIoTの最前線!

日 時 2019年2月28日(木)  10:00〜16:30
会 場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第1特別講習室  会場地図
受講料(税込) 54,000円  (会員受講料51,300円)  会員登録について
定価:本体50,000円+税4,000円
会員:本体47,500円+税3,800円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額27,000円)】
※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
(申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※会員割引やその他の割引の併用はできません。

 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
調整させて頂きます。

備 考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講師

■第1部:(10:00〜11:20)
製造業におけるIoTの導入・活用の現状とスマートものづくり実現に向けた課題 (仮)
日本電気(株) AI・アナリティクス事業開発本部 シニアデータアナリスト 相馬 知也 氏


■第2部:(11:30〜12:50)
見える化から始めるスマート工場 〜スマート工場を実現するためのIoT活用ポイント〜

沖電気工業(株) 情報通信事業本部金融・法人ソリューション事業部
イノベーション推進部 スペシャリスト 加部 隆久 氏

<研究・業務内容>
情報系(ERP・SCM・CRM)におけるコンサルティング・SIの事業および新規事業開発に従事。
現在、自社内および製造業市場におけるIoT・AI技術を活用した新規商品企画〜システム提案〜構築など業務に従事。

■第3部:(13:40〜15:00)
エンドポイント・インテリジェンス:e-AIソリューションが実現する、スマートファクトリ実施事例

ルネサス エレクトロニクス(株)
インダストリアルソリューション事業本部 IAソリューション事業部 事業部長 傳田 明 氏

<専門>
産業向け半導体ソリューション開発
<研究・業務内容>
MCU/ASSP/ASICなどのデバイスと、それらのデバイスを制御するソフトウエア及び評価ボード・リファレンスデザインなどによって構成される、産業向け半導体ソリューション、特にPLC・ACドライブ・ACサーボ・ネットワークコントローラ・センサインターフェース、といったファクトリオートメーションのアプリケーションに向けたソリューションの提供。

■第4部:(15:10〜16:30)
製造業のAI/IoT活用事例
(株)リコー 研究開発本部 ICT研究所 所長 戸塚 卓志 氏

<経歴・専門・受賞など>
大手家電メーカーの研究所長として画像・ビデオ関連新製品の開発、製造業コンサルティング会社のCTOとして設計開発や製造プロセスの改革をてがけ、現在は(株)リコーの新規事業向けの研究開発を担当。一貫して、新製品・新規事業の開発に従事。各社でCEOアワード、社長賞、革新技術賞など受賞。
<WebSite>
http://jp.ricoh.com/technology/institute/


講演趣旨

 これまでの製造業から新しい製造業へ変革が訪れようとしています。
 特に主要技術として昨今注目されているIoTを中心に、実施例、活用例、成功例、失敗例などをメーカー4社の方からご講演いただき、生産体制の革新、技術者・研究者の戦略、動向把握、ビジネスとしてお役立ていただけますと幸いです。

※複数名で受講の際は、備考欄に受講される方の「氏名・部署名・メールアドレス」を
ご連絡ください。

(2/28)特別セミナー:製造業にIoTがもたらすもの。 活用・導入の実践・事例と付加価値の実現 〜スマート工場、スマートファクトリー、製造業の革新へ〜

価格:

54,000円 (税込)

[ポイント還元 2,700ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


講演内容

第1部:製造業におけるIoTの導入・活用の現状とスマートものづくり実現に向けた課題 (仮)
(10:00〜11:20)
日本電気(株) AI・アナリティクス事業開発本部 シニアデータアナリスト 相馬 知也 氏

<※プログラム作成中。近日UPいたします。>

第2部:見える化から始めるスマート工場 〜スマート工場を実現するためのIoT活用ポイント〜
(11:30〜12:50)
沖電気工業(株) 情報通信事業本部金融・法人ソリューション事業部 イノベーション推進部 スペシャリスト 加部 隆久 氏

<趣旨>
今までにない革命的なビジネス価値をもたらすスマート工場を実現するためにはどのような技術・仕組みを導入すれば良いのか。既に導入している工場のIT化から、進化させる手法について、OKIの自社事例および他社の取り組みなどを交えながらご紹介します。
<得られる知識>
製造IoT化を進める上でのステップおよびAI・アナリティクスの活用ポイント
<主な受講対象者>
生産技術、生産企画など工場現場で改善活動や企画検討を行っている部門

<プログラム>
1.国内製造業の状況と課題

2.OKIのものづくり

3.入り口としてのIoT 〜見える化の事例〜

3.1 加工・製造現場における設備の見える化(設備ログ・センシング)
3.2 組立工程における作業状況の見える化
3.3 物流・出荷工程における人・モノの位置情報の見える化
3.4 保守・アフターメンテナンスにおける利用状況の見える化

4.IoT活用・連携によるスマート工場化へアプローチ
4.1 利用状況見える化の将来シナリオ
4.2 組立作業状況の見える化=IoT端末としてのデータ連携
4.3 工場設備情報の一元管理化と活用
4.4 RFIDとERP(生産管理システム)の連携に工程状況把握の自動化
4.5 スマート工場実現に向けた企業変革(OKIが掲げる製造IoTコンセプト)

  □質疑応答・名刺交換□
 
第3部:エンドポイント・インテリジェンス:e-AIソリューションが実現する、スマートファクトリ実施事例
(13:40〜15:00)
ルネサス エレクトロニクス(株) インダストリアルソリューション事業本部 IAソリューション事業部 事業部長 傳田 明 氏


<趣旨>
 インダストリオートメーションへのAI導入の機運が高まっているが、実際の導入においては様々なハードルがある。ルネサスのe-AIソリューションは、導入に向けたハードルである、データ採取・データ整合・クラウド連携・制御への組み込みを容易にし、AI導入の効果を短期間に確認できるものである。また、エンドポイントへのAI実装を意識したソリューションなので、単に性能を追求するものではなく、限られた実装空間・限られた冷却環境(=限られた許容消費電力)においても、推論実行に十分な性能を提供することができる。将来的には、エンドポイントでの学習実行までを視野にいれた、AIアクセラレータを開発中であり、“自律するM2M”に必要なエンドポイントでの組み込みAIを実現する。 
 これらのAIソリューションを具体的に実施した、自社工場(那珂工場)での成果を中心に、他社でも実施したPoC(実証実験)の結果も交えて説明する。
<得られる知識>
・スマートファクトリ実現に向けた課題と解決手法が明らかになる
・e-AIソリューションとは何かが明らかになる
・AIユニットソリューションの意義がわかる
・エンドポイントにおける学習を実現する、AIアクセラレータが理解できる
<主な受講対象者>
・スマートファクトリ化を目指す工場のエンジニア、マネジャー、経営層
・エンドポイント機器にAI実装を検討中のエンジニア、マネージャー、経営層

<プログラム>
1.スマートファクトリ市場概況

 1.1 製造業が直面する課題
 1.2 現場データの活用
 1.3 課題解決のアプローチ

2.スマートファクトリ実現に向けたAI導入
 2.1 なぜエンドポイントなのか
 2.2 なぜAIなのか
 2.3 スマートファクトリ化にむけたAI導入の状況
 2.4 AI導入におけるデスバレー
 2.5 ルネサスのAIユニットソリューション
 2.6 ルネサスのe-AIソリューション

3.AIユニットソリューション導入事例
 3.1 弊社那珂工場事例
 3.2 その他のお客様事例

4.ソリューションロードマップ
 4.1 ソリューションロードマップ
 4.2 エンドポイントで学習を ・・・AIアクセラレータ
 4.3 AIアクセラレータの特徴・・・DRPアーキテクチャ

5.最後に(Key takeaways)

  □質疑応答・名刺交換□
 
第4部:製造業のAI/IoT活用事例
(15:10〜16:30)
(株)リコー 研究開発本部 ICT研究所 所長 戸塚 卓志 氏


<趣旨>
 AIやIoTについて新聞やニュースで目にしない日はありません。IT専業ではない、製造業の企業がどんな戦略で戦うべきか、また、それを機械系製造業であるリコーがどう実践しようとしているのか、成功例も苦い経験から学んだ教訓も交えて、紹介いたします。
<得られる知識>
・AI/IoTの技術動向
・AI/IoTにおける技術開発戦略について
・AI/IoTの導入ステップと障害について

<プログラム>
1.リコーにおけるAI/IoTの事例
2.製品・サービスでの導入事例
3.社内業務への導入事例
4.リコーのアプローチ
5.技術動向・企業動向
6.リコーの戦い方
7.導入の5つの壁と、解決方法


  □質疑応答・名刺交換□

留意事項

※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。

当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から受講券および会場案内等をご指定の住所に送付いたします。
また、お申込の際、事前に会員登録をしていただきますとご購入時にポイントが付与され、 貯まったポイントはセミナーや書籍等のご購入にご利用いただけます。
会員登録はこちら

ご請求書は、弊社より別途郵送いたします。
銀行振り込みまたは郵便振替を選択された場合は、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

個人情報等に関しましては、セミナーご参加目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送いたします。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
ご要望・ご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】

以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み
銀行振込
ご請求書を郵送いたします。
貴社お支払規定に従い、お振込ください。(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード
クレジットカード

3.楽天ID決済
楽天ID決済

4.コンビニ決済
クレジットカード

【領収書について】
領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。

【同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)について】
同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)を申し込まれる場合、以下のように入力をお願いいたします。
  1. 同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)で、「2名で参加」または「3名で参加」を選択してください。
  2. 購入数には、ご参加される人数を入力してください。(2名または3名)
システムの制限上、合計金額は人数分表示されますが、実際のご請求は割引後の価格でさせて頂きます。

関連商品

ページトップへ