カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

(12/17)磁気センサの国内外最新動向と 高感度磁気センサ(TMRセンサ)の基礎・応用展開

磁気センサの国内外最新動向と
高感度磁気センサ(TMRセンサ)の基礎・応用展開


~各種磁気センサの原理・特長、国内外の最新動向、TMRセンサの原理・車載/生体計測等への応用~

自動車・医療・IoT・VR/AR/MRなど、今後ますます活用の場が広がる磁気センサ。
本セミナーでは、磁気センサの活用に必要な基礎知識から、今年6月に開催した国際会議(magnetic frontiers 2019)の情報を踏まえた国内外の最新動向、今後の磁気センサの主力と期待され小型化・低コスト・低消費電力など様々なメリットをもつTMR磁気センサ(高感度磁気センサ)の原理・開発状況、非破壊検査・車載・生体計測などへの応用・展望などに関して2名の講師が解説します。

日 時 2019年12月17日(火)  13:00~16:40
会 場 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO)  1F A+B会議室  会場地図
受講料(税込) 44,000円  (会員受講料41,800円)  会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額22,000円)】
※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
(申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※会員割引やその他の割引の併用はできません。

 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
調整させて頂きます。

備 考資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

本セミナーはサイエンス&テクノロジー株式会社が主催いたします。

講師

第1部【13:00~15:00】
(一財)工業所有権協力センター 機械A部門 計測グループ 主席部員 飯野 俊雄 氏
【講師詳細はこちら】
第2部【15:10~16:40】
東北大学 大学院工学研究科 応用物理学専攻 教授 工学博士 安藤 康夫 氏
【講師詳細はこちら】

※複数名で受講の際は、備考欄に受講される方の「氏名・部署名・メールアドレス」を
ご連絡ください。

(12/17)磁気センサの国内外最新動向と 高感度磁気センサ(TMRセンサ)の基礎・応用展開

価格:

44,000円 (税込)

[ポイント還元 2,200ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


講演内容講演趣旨

第1部【13:00~15:00】
「磁気センサ活用のための基礎知識と国内外の最新動向」

<趣旨>
 磁気センサの研究開発は、大容量記憶装置としてITを牽引してきたハードディスクの磁気ヘッドを中心に進められてきました。1988年のA. Fert(2007年ノーベル物理学賞受賞)による巨大磁気抵抗効果(GMR:Giant Magneto Resistive)の発見、東北大学の宮崎照宣名誉教授による室温におけるトンネル磁気抵抗効果(TMR:Tunnel Magneto Resistive)の発見、という大きなブレークスルーによって、磁気センサの研究開発は長足の進歩をとげてきました。また、IoT(Internet of Things)の進展とともに、磁気センサの活躍する分野も広がりを見せ、名古屋大学の毛利佳年雄名誉教授による磁気インピーダンス(MI:Magneto Impedance)素子は三軸磁気コンパスICとしていち早く携帯電話に搭載され、今では日常生活に無くてはならない存在となっています。
 磁気センサを巡るこのような動きを背景として、去る6月に磁気記憶装置『以外』の応用分野(non-recording applications)の磁気センサに関する国際会議Magnetic Frontiers 2019がポルトガルの首都リスボンにあるリスボン大学で開催されました。これは、磁気センサに焦点を当てた国際会議が単独で開催された貴重な機会でした。私はMagnetic Frontiers 2019を聴講して、磁気センサの持つ可能性を改めて認識するとともに、TMRセンサの活躍する領域を広げるために、精力的な研究が進められていることを実感いたしました。
 第1部では、磁気センサの概論から出発して、各種磁気センサの特徴を振り返り、magnetic frontiers 2019で提示された磁気センサの最新動向を、日本の現状についても触れながら紹介していきたいと思います。そして、TMRセンサ研究の日本の第一人者である東北大学の安藤先生のお話に繋げていければと考えています。 

<得られる知識>
・各種の磁気センサの特徴について知ることができます。
・用途に適した磁気センサを選ぶための手がかりを得ることができます。
・暗黙知とされていて、学ぶ機会が少ないセンサの性能の指標を、理解することができます。
・Magnetic frontiers 2019で話題になった最新の磁気センサと日本の動向について知ることができます。

<受講対象>
・磁気センサの選定に悩んでいるエンジニア。
・磁気センサについて知識を得たいと考えているエンジニア。
・磁気センサの市場性を知りたいマーケティング担当者。
・理工学系大学初年級の物理学の知識を予備知識として想定しています。

<プログラム>
1.磁気センサの概論
 1.1 センサとは何か
  ・センサの定義とその市場規模
  ・身近にある磁気センサ
 1.2 センサの要求性能と現実のギャップ
   直線性、オフセット、再現性、分解能…

2.さまざまな磁気センサとその特長
  ・ホール素子
  ・磁気抵抗素子(AMR)
  ・巨大磁気抵抗効果(GMR)
  ・トンネル磁気抵抗効果(TMR)
  ・磁気インピーダンス効果(MI)
  ・フラックスゲート
 
3.Magnetic frontiers 2019からみた世界の動向
 3.1 磁気センサ開発のロードマップ
  ・磁気抵抗センサ開発のトレンド
  ・磁気センサの5つの応用分野とその展望
 3.2 磁気センサのトピックスと日本の動向
  ・電子コンパス(三軸地磁気センサ)
  ・エンコーダ(リニアセンサ、回転センサ)
  ・電流センサ
  ・バイオセンサ
 3.3 今後の展開

□質疑応答□
 
第2部【15:10~16:40】
「TMR磁気センサの基礎と医療・産業分野への応用」

<趣旨>
 近年さまざまな基本原理に基づく磁気センサが提案されてきている。これらの中で、磁気抵抗効果を用いた磁気センサは他のセンサと比較して、簡便、安価かつ高感度であることから、代替への期待が高くなってきている。特に注目されているのは、強磁性トンネル磁気抵抗(Tunnel Magnetoresistance : TMR)効果を用いたTMR素子である。原理上は無限大の抵抗変化率が可能であることに加えて、高品位の素子形成が期待できるMgO障壁層の発見により素子の低抵抗化が加速度的に進んだ結果、HDDの読み出しヘッド以外にも、さまざまな応用が考えられている。近年、弱磁場を検出するさまざまな応用用途の要望がでてきたことにより、TMR素子のセンサ応用が着目され始めている。
 本講演は、TMR素子を用いた高感度磁気センサの原理および現在の開発状況と将来展望について述べる。

<得られる知識>
・スピントロニクス研究領域の形成に関する歴史と展望
・磁気トンネル接合のセンサ応用に向けてのメリット、デメリット
・磁気トンネル接合の現時点での応用の検討例
・磁気トンネル接合の生体応用に向けてのメリット、デメリット
・磁気トンネル接合の今後の可能性

<受講対象>
・企業でセンサ開発を行っている、あるいは検討している技術者
・大学等で専門が近いところで、磁気センサ応用に関して興味のある方
・これまでスピントロニクスと関わりあったことが無い初学者へも解るようにお話いたします。

<プログラム>
1.はじめに
 1.1 スピントロニクスの形成と磁気抵抗効果
 1.2 トンネル磁気抵抗効果の発見 
 1.3 高品位磁気抵抗素子の作製方法
 1.4 TMR素子の応用 HDD用再生磁気ヘッド
 1.5 TMR素子の応用 磁気ランダムアクセスメモリ
 1.6 TMR素子の最近の展開
 
2.磁気抵抗素子を用いた高感度磁気センサ
 2.1 トンネル磁気抵抗素子センサの動作原理
 2.2 TMR磁気抵抗素子を用いた高感度磁気センサの位置づけ
 
3.TMRセンサの非破壊検査応用
 3.1 微小リーク電流の検出
 3.2 金属表面の微小傷探傷検査
 3.3 社会インフラの構造物非破壊検査
 
4.TMRセンサの車載応用
 4.1 回転磁場計測
 4.2 リニア磁場計測 面内磁場検知型
 4.3 リニア磁場計測 面直磁場検知型
 
5.TMRセンサの生体計測応用
 5.1 生体応用に向けての性能
 5.2 液体ヘリウムフリーTMR磁気センサのメリット
 5.3 TMR磁気センサによる心磁測定
 5.4 TMR磁気センサによる脳磁測定
 5.5 TMR磁気センサによる脈波測定
 5.6 TMR生体用磁気センサの将来展望
 
6.TMR磁気センサの更なる高感度化・高分解能化のとり組み
 
7.総括


 □質疑応答□

留意事項

※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。

当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から受講券および会場案内等をご指定の住所に送付いたします。
また、お申込の際、事前に会員登録をしていただきますとご購入時にポイントが付与され、 貯まったポイントはセミナーや書籍等のご購入にご利用いただけます。
会員登録はこちら

ご請求書は、弊社より別途郵送いたします。
銀行振り込みを選択された場合は、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

個人情報等に関しましては、セミナーご参加目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送いたします。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
ご要望・ご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】

以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み
銀行振込
ご請求書を郵送いたします。
貴社お支払規定に従い、お振込ください。(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード
クレジットカード


10月1日以降にクレジットカードで決済いただくと5%還元されます。
消費者還元期間:2019年10月1日~2020年6月
※還元額の上限はクレジットカード会社毎に決められています。
詳細はこちら

3.楽天ID決済
楽天ID決済

4.コンビニ決済
クレジットカード

【領収書について】
領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。

【同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)について】
同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)を申し込まれる場合、以下のように入力をお願いいたします。
  1. 同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)で、「2名で参加」または「3名で参加」を選択してください。
  2. 購入数には、ご参加される人数を入力してください。(2名または3名)
システムの制限上、合計金額は人数分表示されますが、実際のご請求は割引後の価格でさせて頂きます。

ページトップへ