カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

(8/18)【Web配信対応】接着の基礎と応用

【Web配信対応】
接着の基礎と応用


接着の原理から接着剤の種類、内部応力などの強度評価、不具合改善策、実作業のポイントまで

接着剤使いこなすために必須の基礎知識から実務における注意点まで、圧倒的ボリュームを1日で学ぶ。


日 時 2020年8月18日(火)  10:00~17:00
会 場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第1講習室  会場地図
受講料(税込) 49,500円    
定価:本体45,000円+税4,500円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額24,750円)】
※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。 会員登録について
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
(申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※その他の割引の併用はできません。

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料35,200
 定価:本体32,000円+税3,200円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
調整させて頂きます。

ポイント還元 誠に勝手ながら2020年4月1日より、会員割引は廃止とさせて頂きます。
当社では会員割引に代わり、会員の方にはポイントを差し上げます。
ポイントは、セミナーや書籍等のご購入時にご利用いただけます。
会員でない方はこちらから会員登録を行ってください。
備 考※資料付、会場受講のみ昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

本セミナーはサイエンス&テクノロジー株式会社が主催いたします。
対 象すべての製造メーカで設計、製造業に携わる技術者
  【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】
※お申込み画面では、【会場受講】または【WEBセミナー】のいずれかをご選択いただけます。
※【WEBセミナー】の申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までです。ご注意ください。​

【WEBセミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
・当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
・後日(開催終了後から10日以内を目途)に、メールにてご連絡申し上げます。
・S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
・視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
・セミナー資料は印刷・郵送いたします。
・このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)
【WEBセミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
以下のサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 

  ≫ テスト視聴サイト【ストリーミング(HLS)を確認】 ≫ 視聴環境

講師

ソノヤラボ株式会社 代表 山梨大学名誉教授 園家 啓嗣 氏 【講師詳細】
【専門】接合(アーク溶接、レーザ溶接、接着、超音波接合、摩擦攪拌など)
    表面処理(溶射、めっき、レーザなど) / 金属材料 / 塑性加工 / ライフサイクルアセスメント(LCA) 等
【資格】技術士(金属部門) / International Welding Engineer(IWE) / 環境マネジメントシステム(ISO14001)審査員


講演趣旨

 接着剤や粘着剤は、建築・土木、半導体素子を初めとする電子材料、自動車など身の回りの製品に広く活用され、航空・宇宙、再生医療分野でも高性能かつ使いやすい接着剤の開発競争が進んでいる。
 また、トルエン、ベンゼン、フロン類などの揮発性有機化合物を排出しない接着剤、解体性接着剤、バイオソース接着剤など、環境に優しい接着技術も求められている。
 本セミナーでは、接着について原理、長所・短所(他の接合法との比較)など、接着剤の種類について成分、形態、固化・接着方法、機能、特性などから分類して、各々の特徴をわかり易く説明する。また、接着部に生じる内部応力(残留応力)や接着強度評価、良く生じる不具合の改善策について述べる。更に、接着の実作業においてポイントになる点についても紹介する。製造メーカで設計、製造業に携わる技術者にとって有益なセミナーであると考える。

※複数名で受講の際は、備考欄に受講される方の「氏名・部署名・メールアドレス」を
ご連絡ください。

(8/18)【Web配信対応】接着の基礎と応用

価格:

35,200円 (税込) 49,500円 (税込)

[ポイント還元 1,760ポイント~]
購入数:

参加形態

価格

在庫

購入

会場で参加

49,500円 (税込)

在庫あり

テレワーク応援キャンペーン(1名受講)で参加

35,200円 (税込)

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


講演内容

1.接着技術の概要
 1.1 接着技術の概要
 1.2 接着剤の粘弾性特性
  1.2.1 弾性体、粘性体および粘弾性体
  1.2.2 粘弾性体の応力緩和

2.接着技術の歴史

3.接着の原理
 3.1 機械的結合
 3.2 物理的相互作用
 3.3 化学的相互作用
 3.4 その他の要因
  3.4.1 静電気
  3.4.2 相互拡散
 3.5 濡れ性

4.接着の長所と効果
 4.1 接着の長所
  4.1.1 接着と各種接合法の比較
  4.1.2 静的強度の比較
  4.1.3 疲労強度の比較
 4.2 接着の効果

5.接着の欠点と対策
 5.1 接着の欠点
 5.2 欠点に対する対策
  5.2.1 複合接着接合法
  5.2.2 クリープ対策
   (1)クリープ現象
   (2)対策
    (a)複合接着接合法の活用
    (b)クリープを防止する構造(例1)
    (c)クリープを防止する構造(例2)

6.接着剤の分類
 6.1 成分による分類
 6.2 接着剤の形態による分類
 6.3 接着剤の固化・接着方法による分類
 6.4 接着剤の機能による分類
 6.5 接着剤の強度や硬さによる分類
  6.5.1 構造用接着剤、準構造用接着剤
   (1)エポキシ系接着剤
    (a)エポキシ系接着剤の特徴
    (b)1液型エポキシ系接着剤の注意点
   (2)アクリル系接着剤(SGA)
   (3)ウレタン系接着剤
  6.5.2 エンジニアリング接着剤
   (1)嫌気性接着剤
    (a)嫌気性接着剤の特徴
    (b)嫌気性接着剤の長所・短所
   (2)光硬化性接着剤
    (a)光硬化性接着剤の概要
    (b)繰り返し使える光硬化性接着剤
   (3)瞬間接着剤(シアノアクリレート系接着剤)
    (a)瞬間接着剤(シアノアクリレート系接着剤)の特徴
    (b)白化現象
  6.5.3 柔軟接着剤・粘着テープ
   (1)シリコーン系接着剤
   (2)変性シリコーン系接着剤(弾性接着剤)
   (3)粘着テープ(両面テープ:感性接着テープ)
 6.6 各種接着剤の特性比較

7.接着部の評価
 7.1 接着強度の評価
  7.1.1 接着部に加わる力の方向
  7.1.2 接着強度の評価方法
  7.1.3 接着結合部の破壊形態
 7.2 接着剤の硬さおよび伸び
  7.2.1 接着剤の硬さ・伸びと接着強度の関係
  7.2.2 接着剤の靭性
 7.3 接着強度に影響する因子
  7.3.1 接着層の厚さが接着強度に及ぼす影響
   (1)接着層が厚いとせん断引張強度が低下する原因
   (2)接着層が厚くなるとはく離、衝撃強度が大きくなる理由
  7.3.2 接着強度の温度特性
  7.3.3 重ね合わせ長さがせん断強度に及ぼす影響
  7.3.4 接着部の曲がりの影響
  7.3.5 その他の因子の影響
   (1)板の厚さ
   (2)板の弾性率
   (3)接着層の厚さ
   (4)接着剤の弾性率
   (5)継手形状の影響

8.内部応力(残留応力)
 8.1接着剤の硬化収縮力
 8.2 加熱硬化後の熱収縮応力
 8.3 使用中の温度変化による熱応力
 8.4 吸水膨潤応力
 8.5 被着材の変形による応力
 8.6 内部応力の評価
  8.6.1 応力を直接求める方法
   (1)バイメタル法
   (2)内部応力測定装置を利用する方法
  8.6.2 有限要素解析(FEM)による方法
   (1)接着剤の硬化過程における硬化収縮率の経時変化の測定
   (2)接着剤の硬化過程における弾性率の経時変化の測定
   (3)硬化後の接着剤の弾性率と線膨張係数の測定
   (4)内部応力の評価

9.内部応力に起因する接着部の不具合と改善策
 9.1 異種材料の接着
  9.1.1接着部が平面状の場合
   (1)加熱硬化接着における熱応力
   (2)室温硬化後の温度変化による熱応力
   (3)内部応力を低減させる改善策
  9.1.2 勘合接着の場合
   (1)線膨張係数が大きな軸部品と線膨張係数が小さな穴部品の加熱硬化接着
   (2)線膨張係数が大きな穴部品と線膨張係数が小さな軸の室温硬化接着
 9.2 接着剤の塗布量と塗布位置
  9.2.1 接着剤のはみ出し
  9.2.2 接着剤の塗布位置、量のアンバランスによる部品の位置ずれ
  9.2.3 勘合接着におけるクリアランスのアンバランス
 9.3 接着部の構造
  9.3.1 接着層の厚さ
  9.3.2 はめ込み部品での浮き上がり
  9.3.3 接着の位置決め構造の影響
 9.4 接着剤の短時間硬化
  9.4.1 接着剤の急速硬化
  9.4.2 後硬化による安定化

10.接着設計技術と構成要素
 10.1 接着設計技術
 10.2 接着設計技術の構成要素

11.接着剤の選定
 11.1 欠点の観点からの候補接着剤の種類の絞り込み
 11.2 使用上の注意点・管理のポイントからの接着剤の絞り込み
 11.3 選定した接着剤の適性評価
  11.3.1 実際に近い工程での簡易評価
  11.3.2 ダミーサンプルによる評価
  11.3.3 試験片によるデータ取得

12.接着の実作業時の注意点
 12.1 表面の凹凸
  12.1.1 部品の表面の凹凸による欠陥
  12.1.2 凹凸を埋める方法
 12.2 プライマー塗布
  12.2.1 プライマー、カップリング剤、アクチベータ
  12.2.2 プライマーの塗布量
  12.2.3 プライマーを薄く塗布する方法
 12.3 接着時の加圧
  12.3.1 接着層の厚さの一定化
  12.3.2 平らでない部品の加圧力
 12.4 硬化時の留意点
  12.4.1 加熱硬化時の緩やかな昇温
  12.4.2 湿気硬化型接着剤の湿度管理
 12.5 接着剤の管理
  12.5.1 接着剤の受け入れ
  12.5.2 接着剤の保管
  12.5.3 接着剤の取り出しと開封
  12.5.4 使用後の接着剤の再保管
 12.6 特殊工程の作業
  12.6.1 特殊工程
  12.6.2 特殊工程での品質確保
  12.6.3 品質を担保する記録

 □質疑応答□

留意事項

※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。

当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から受講券および会場案内等をご指定の住所に送付いたします。
また、お申込の際、事前に会員登録をしていただきますとご購入時にポイントが付与され、 貯まったポイントはセミナーや書籍等のご購入にご利用いただけます。
会員登録はこちら

ご請求書は、弊社より別途郵送いたします。
銀行振り込みを選択された場合は、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

個人情報等に関しましては、セミナーご参加目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送いたします。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
ご要望・ご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】

以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み
銀行振込
ご請求書を郵送いたします。
貴社お支払規定に従い、お振込ください。(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード
クレジットカード


10月1日以降にクレジットカードで決済いただくと5%還元されます。
消費者還元期間:2019年10月1日~2020年6月
※還元額の上限はクレジットカード会社毎に決められています。
詳細はこちら

3.楽天ID決済
楽天ID決済

4.コンビニ決済
クレジットカード

【領収書について】
領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。

【同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)について】
同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)を申し込まれる場合、以下のように入力をお願いいたします。
  1. 同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)で、「2名で参加」または「3名で参加」を選択してください。
  2. 購入数には、ご参加される人数を入力してください。(2名または3名)
システムの制限上、合計金額は人数分表示されますが、実際のご請求は割引後の価格でさせて頂きます。

関連商品

ページトップへ