カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

(4/23)【Live配信(リアルタイム配信)】 接着技術のトレンドと各種新規技術の有効活用法

【Live配信(リアルタイム配信)】
接着技術のトレンドと各種新規技術の有効活用法


構造接着、弾性接着、機能接着、短時間接、シーリング接着、粘接着、解体性接着
少し未来の接着技術を知るうえで押さえておきたい7つの方向

本セミナーは、【Live(リアルタイム配信)配信】のみの開催です。会場開催はございません。

5つの技術トレンドを中心に接着技術の現状と今後の方向性を徹底解説!
 (1)自動車構造用接着剤の進捗
 (2)鉛はんだ代替導電性接着剤の技術動向
 (3)難燃性接着剤で自動車、鉄道車両、電気・電子部品の難燃試験対応
 (4)VUV・UV硬化接着剤の進捗
 (5)解体性接着技術の現状と今後の展開


日 時 2021年4月23日(金)  10:30~17:00
会 場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※    
受講料(税込) 49,500円    
定価:本体45,000円+税4,500円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額24,750円)】
※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。 会員登録について
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
(申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※その他の割引の併用はできません。

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料35,200円
 定価:本体32,000円+税3,200円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
調整させて頂きます。

ポイント還元 誠に勝手ながら2020年4月1日より、会員割引は廃止とさせて頂きます。
当社では会員割引に代わり、会員の方にはポイントを差し上げます。
ポイントは、セミナーや書籍等のご購入時にご利用いただけます。
会員でない方はこちらから会員登録を行ってください。
配布資料 ・PDFテキスト(印刷可・複製不可)
※PDFデータとExcelファイルは、マイページよりダウンロードして頂くか、E-Mailで送付いたします。
  (開催前日~前々日を目安にダウンロード可、または送付)
オンライン配信

【ZoomによるLive配信】

・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。

備 考 資料付
※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。

本セミナーはサイエンス&テクノロジー株式会社が主催いたします。
得られる知識 ・ユーザーニーズで進化する接着技術(7つの技術方向)
・自動車構造用接着剤の進捗(自動車の軽量化に貢献)
・鉛はんだ代替導電性接着剤の技術動向(脱鉛はんだで環境対応)
・難燃性接着剤で自動車、鉄道車両、電気・電子部品の難燃試験に対応
・VUV・UV硬化接着剤の進捗(短時間接着で生産性向上、精密部品の接着も可能)
・解体性接着(はがせる接着)技術の現状と今後の展開(易解体に向けての進化)
対 象 ・接着・接着剤に関する仕事をする技術・研究者
・接着剤を製造するときの素材メーカーの技術・研究者
・接着剤メーカーの技術・研究者、およびユーザー(自動車関連、電気電子部品、鉄道車両他)の中堅技術者

講師



講演趣旨

 このセミナーにおいてはユーザーニーズから見た接着技術を大きく7項のグループに分けて考える。構造接着・構造用接着剤、機能接着・機能性接着剤、弾性接着・弾性接着剤、短時間接着・短時間接着剤、粘接着・粘接着剤、シーリング接着・シーリング接着剤、解体接着・解体性接着剤である。これらの7つの項があれば、ほとんどのユーザーニーズに応えることができる。

 この講座時間で総てを網羅することは不可能なので、ここでは近年注目度の高い、(1) 自動車構造用接着剤の進捗(自動車の軽量化に貢献)、(2) 鉛はんだ代替導電性接着剤の技術動向(脱鉛はんだで環境対応)、(3) 難燃性接着剤で自動車・鉄道車両、電気・電子部品の難燃試験に対応、(4) UV硬化接着剤の進捗(短時間接着で生産性向上、精密部品の接着も可能)、(5) 解体性接着(はがせる接着)技術の現状と今後の展開(易解体に向けての進化)について説明する。

※複数名で受講の際は、備考欄に受講される方の「氏名・部署名・メールアドレス」を
ご連絡ください。

(4/23)【Live配信(リアルタイム配信)】 接着技術のトレンドと各種新規技術の有効活用法

価格:

35,200円 (税込) 49,500円 (税込)

[ポイント還元 1,760ポイント~]
ポイント利用/貯蓄:
今回のポイントをご利用の場合は「ポイント利用」を選択してください。
今回のポイントを貯蓄される場合は「ポイント貯蓄」を選択してください。
※すでに貯蓄しているポイントと併用が可能です。
※ポイントは会員登録者様のみ付与および利用可能です。
購入数:

参加形態

価格

在庫

購入

LIVE配信で参加

49,500円 (税込)

在庫あり

テレワーク応援キャンペーン【Live配信/WEBセミナー1名受講限定】

35,200円 (税込)

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


講演内容

1、ユーザーニーズで進化する接着技術
 1.1 ユーザーニーズで進化する接着技術
 1.2 21世紀、接着剤開発のコンセプト
 1.3 機能性接着剤の種類と分類(1) (2)
 1.4 短時間接着
 1.5 自動車産業における接着のテーマ(構造接着に限定)
 1.6 電気・電子部品産業における接着のテーマ
 1.7 鉄道車両産業における接着のテーマ
 1.8 異種材料の接着技術
 1.9 接着剤を使用しない金属 / プラスチックの面接合
 1.10 金属 / ゴムの直接接着法
 
2.自動車構造用接着剤の進捗(自動車の軽量化を支える)
 2.1 一般的な自動車製造工程
 2.2 代表的な接着関連材料
 2.3 構造用接着剤の適用部位
 2.4 スポット・ウェルドボンディング技術
 2.5 スポット・ウェルドボンディング技術(疲労強さに及ぼす板厚さの影響)
 2.6 ヘミング用接着剤(構造接着・構造用接着剤)
 2.7 エポキシ樹脂系構造用接着剤の性能
 2.8 ウィンドウガラスの接着(シーリング接着・シーリング接着剤)
 2.9 構造接着および構造用接着剤とは
 2.10 構造用接着剤の性能規格(米国連邦規格MMM-A-132Bの概要)
 2.11 自動車軽量化を達成するために、異種材料の構造接着が求められる。
 2.12 構造用接着剤の種類
 2.13 エポキシ樹脂系構造用接着剤
 2.14 エポキシ樹脂系接着剤が金属面に良く接着する理由
 2.15 現在の構造用接着剤のポジショニング(1) (2) (3)
 2.16 化学反応形アクリル系接着剤(SGA)
 2.17 化学反応形アクリル系接着剤(SGA)の組成
 2.18 化学反応形アクリル系接着剤(SGA)の性能
 2.19 化学反応形アクリル系接着剤(SGA)の問題点と対応
 2.20 構造用ポリウレタン系接着剤
 2.21 構造用ポリウレタン系接着剤の組成(二液タイプ)
 2.22 構造用ポリウレタン系接着剤の性能
 2.23 構造接着・構造用接着剤への提案
 2.24 弾性接着・弾性接着剤の設計思想
 2.25 弾性接着剤の組成(エポキシー変成シリコーン系)
 2.26 変成シリコーン系シーリング接着剤の性能
 2.27 金属とCFRP(CFREP)の接着
 2.28 金属とPP(CFRPP)の接着
 2.29 アルキルボラン・アミン錯体をラジカル重合開始剤にする反応形アクリル系接着剤
 2.30 反応形アクリル系接着剤の性能
 2.31 PA(ポリアミド)の表面処理と接着剤
 2.32 構造接着への期待
 
3.鉛はんだ代替導電性接着剤の技術動向
 3.1 鉛に関する指令
 3.2 エポキシ系導電性接着剤と鉛はんだの特性比較
 3.3 鉛はんだ代替導電性接着剤の市場
 3.4 導電性接着剤の実用例
 3.5 導電性接着剤とは
 3.6 導電性接着剤の位置づけ
 3.7 導電性接着剤の導電機構
 3.8 導電性接着剤の構成と組成材料
 3.9 エポキシ樹脂系導電性接着剤のモデル組成
 3.10 導電性フィラーの種類と特性
 3.11 導電性接着剤の基本特性
 3.12 導電性接着剤の導電性評価方法
 3.13 銀―エポキシ系導電性接着剤が抱える課題
 3.14 電気的腐食のメカニズムと接続界面の劣化機構
 3.15 銀のマイグレーション発生状況
 
4.難燃性接着剤でUL94V0対応
 4.1 機能性接着・機能性接着剤とは
 4.2 難燃性接着剤とは
 4.3 燃焼の3条件
 4.4 何年かの基本的な考え方
 4.5 難燃化とその機能
 4.6 新規の難燃剤
 4.7 電気・電子部品に適用、UL94試験方法
 4.8 鉄道車両材料の試験方法
 4.9 自動車内装材用試験方法
 
5.UV・VUV硬化接着剤の進歩と応用(短時間接着で生産性向上、精密接着を可能にする)
 5.1 接着工法、接着剤と接着速度の関係
 5.2 化学反応形アクリル系接着剤とは
 5.3 化学反応形アクリル系接着剤と接着開始方法
 5.4 各種硬化方式の長所、短所
 5.5 紫外線(UV)硬化形接着剤とは
 5.6 ラジカル重合タイプとカチオン重合タイプの比較
 5.7 各種紫外線発生装置
 5.8 紫外線ランプ、使用上の注意
 5.9 紫外線硬化樹脂の組成と組成材料
 5.10 紫外線(UV)硬化接着剤の基本組成(ラジカル重合タイプ)
 5.11 紫外線(UV)硬化接着剤の基本組成(カチオン重合タイプ)
 5.12 紫外線(UV)による表面処理法
 5.13 UV硬化処理の不良現象・その原因・対策 (1) (2) (3)
 5.14 紫外線(UV)硬化接着剤の応用例
 
6.解体性接着技術のトレンド(はがせる接着)
 6.1 解体性接着&解体性接着剤とは
 6.2 解体性接着剤の開発コンセプト
 6.3 解体性接着剤が適用可能な分野
 6.4 解体性接着剤用樹脂の理想的な弾性率変化
 6.5 解体性接着技術の技術開発動向
 6.6 熱分解性ポリマーの応用
 6.7 エチレン系アイオノマー
 6.8 熱溶融エポキシ樹脂の硬化・溶融メカニズム
 6.9 熱膨張マイクロカプセル混入接着剤
 6.10 熱膨張マイクロカプセルを利用した解体性接着技術(オールオーバー工法)
 6.11 高耐熱解体性接着剤
 6.12 高周波加熱による接着の解体
 6.13 電磁誘導加熱
 6.14 マイクロ波加熱による接着の解体
 6.15 通電はく離接着剤
 6.16 靴の循環形リサイクルシステムと解体
 6.17 解体性接着剤のまとめ(粘着テープを含む)

□ 質疑応答 □

留意事項

※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。

当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から受講券および会場案内等をご指定の住所に送付いたします。
また、お申込の際は、事前に会員登録をしていただきますとポイントが付与され、ポイントはセミナーや書籍等のご購入時にご利用いただけます。
会員登録はこちら

ご請求書は、弊社より別途郵送いたします。
銀行振り込みを選択された場合は、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

個人情報等に関しましては、セミナーご参加目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送いたします。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
ご要望・ご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】

以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み
銀行振込

ご請求書は電子(.pdf)にて別途送付しますので、貴社お支払い規定に従い、お振込みをお願いします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いします。
(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード

クレジットカード

3.PayPay

PayPay(オンライン決済)

4.楽天ID決済

楽天ID決済

5.コンビニ決済

クレジットカード


【領収書について】

領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。


【同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)について】
同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)を申し込まれる場合、以下のように入力をお願いいたします。
  1. 同一法人割引き(2名同時申込みキャンペーン)で、「2名で参加」または「3名で参加」を選択してください。
  2. 購入数には、ご参加される人数を入力してください。(2名または3名)
システムの制限上、合計金額は人数分表示されますが、実際のご請求は割引後の価格でさせて頂きます。

関連商品

ページトップへ