カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

[書籍] <テクニカルトレンドレポート> シリーズ6 マイクロLED市場・技術トレンド



<テクニカルトレンドレポート> 
シリーズ6 マイクロLED市場・技術トレンド

~企業・技術動向、市場・応用展望まで、最新情報・トレンドを解説~

~中韓台を中心とした企業動向、技術課題、市場・応用展望まで、最新情報・トレンドを解説~

「マイクロLED 市場・技術トレンド」

 
本書籍は、電子版(ebook)もご用意しております。
 >> 電子版(ebook)をご希望の方はこちらから

※電子版は5アカウントまで閲覧可能です(PC2台/1アカウント)


▼"旬な"技術トレンド・ニーズをスピーディーにキャッチアップする「テク二カルトレンドレポート」▼

■開発が激化するマイクロLED 中心地はコスト競争力のある中国へ
 ~関連企業の動向、アライアンス・サプライチェーンの現状をウォッチ~
 
 韓国  Samsung,LG,Lumens,Seoul Semiconductor
 中国 BOE,TCL,TIANMA,CECパンダ,康佳グループ,Leyard
HC SemiTek,Refond,Visionox,國星光電,JBD,Absen,Ledman,AOTO等
 台湾 AUO,Mikro Messa Technology,PlayNitride,Everlight,Epistar,鴻海,eLux,ITRI
 欧米 Aledia,Allos,Plessey Semiconductors,Glo,Rohinni社等
 
■深まる技術開発と近づく実用化
 ~課題はマストランスファからLEDチップ,マスリペア―,検査、装置開発へ~

 〇各種のマストランスファ,ピック&プレース技術の概要
 〇色変換技術,マスリペア方法の概念,装置の進展,マイクロLEDコストに占めるLEDチップの割合

■TVだけじゃない有望アプリケーション
 ~5G,AUTO,AR/VRなどマイクロLEDの特性を生かした応用分野~

 〇5GサービスのインターフェースとしてマイクロLEDディスプレイにかかる期待
 〇車載用ディスプレイ,自動車ランプへの応用検討例
 〇AR/VR,民生TVとタイリングディスプレイ・サイネージ
  軍事用途,可視光通信等のニッチな用途にも拡がる応用可能性
 
■中国イベントレビュー
 ~「The 3rd China International Micro-LED Display Summit」~

 〇Mikro Mes,、PlayNitride,PANDA,eLux,AUO,Refondなどの発表一部紹介
  各社のマイクロLEDの技術、コスト、応用開発の見解が垣間見えるプレゼンテーション
 〇CES2020での各社の展示情報も

▼調査会社の発表や中国メディアの報道(投資情報、量産タイミング予想)など参考情報も充実!▼

          沖本 真也 沖為工作室合同会社 CEO
発    刊    日 2020年7月30日(木)
体          裁 B5判並製本  157頁 フルカラー
価 格 ( 税込 ) 44,000円
 定価:本体40,000円+税4,000円


なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
 上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
 調整させて頂きます。
ポイント還元 誠に勝手ながら2020年4月1日より、会員割引は廃止とさせて頂きます。
当社では会員割引に代わり、会員の方にはポイントを差し上げます。
ポイントは、セミナーや書籍等のご購入時にご利用いただけます。
会員でない方はこちらから会員登録を行ってください。
発         行 サイエンス&テクノロジー(株)
送料無料
I S B Nコード 978-4-86428-225-3
C  コ   ー   ド C3058

趣旨

 液晶・OLEDに続く次世代ディスプレイ技術として注目されるマイクロLED。世界中の多くの企業・機関が開発に乗り出し、本格的な製品化に向けて着実に歩を進めています。
 微細なLEDチップの精密な実装/マストランスファー技術には大きな進展がみられており、今後はLEDチップのコスト低減、RGB各色チップの発光波長・効率のばらつき制御、リペア、検査などの技術課題に対する議論が深まっていきます。
 アプリケーションの面では、高速・大容量データを扱う5G応用サービスとのコンビネーション、AR/VR、車載パネル・照明、デジタルサイネージ等々、マイクロLEDディスプレイの特色を生かした用途、ビジネスモデルの構築が期待されます。
 液晶をはじめとする莫大な投資で、ディスプレイ産業の覇権を握る中国がマイクロLEDにおいても中心地となりつつあり、開発・製品化で先を行く展開も予想されます。
 本書はマイクロLEDを取り巻く市場、企業動向、技術の進展とその用途展望、中国イベントでの企業発表レビュー等の情報をまとめ、本業界のトレンドを掴んでいただくために企画されました。ぜひご活用ください。

[書籍] <テクニカルトレンドレポート> シリーズ6 マイクロLED市場・技術トレンド

価格:

44,000円 (税込)

[ポイント還元 2,200ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


はじめに

 Chapter 1 マイクロLED市場トレンド(アプリケーション・市場規模)

 1. マイクロLEDトレンド概観
  1.1 韓国ディスプレイメーカの動向
  1.2 中国・台湾企業の動向
  1.3 5GとマイクロLED
  1.4 マイクロLEDを取り巻く企業間パートナーシップ提携の動向
  1.5 マイクロLEDとスタートアップ企業
 2.  マイクロLEDの定義と市場規模・アプリケーション
  2.1 マイクロLEDとAugment Reality(拡張現実)
  2.2 AR以外のマイクロディスプレイ
  2.3 マイクロLEDとVirtual Reality(仮想現実)
  2.4 マイクロLEDとTV
  2.5 マイクロLEDと光通信
 3. ミニLEDの動向

 Chapter 2 マイクロLED技術概要および動向

 1.マストランスファー方式の概要
  1.1 ピックアンドプレース方式
  1.2 ウエハー貼り合わせ方式
  1.3 マストランスファー方式の比較
  1.4 その他の方式
    1.4.1 レーザートランスファー方式
    1.4.2 流体整列技術
    1.4.3 ロールを用いた手法
 2. マスボンダー設備
 3. ピックアンドプレースの前工程
  3.1 発光波長のばらつき対策技術
  3.2 色変換技術(QD)
  3.3 色変換技術(量子井戸、Quantum Photonic Imager)
 4. マイクロLEDのコストに関する考察
 5. ヘッドもしくはスタンプにおける課題
 6. 不良品検知とマスリペアー技術
 7. 検査技術
 8. 駆動方法


 Chapter3 プレーヤー、サプライチェーン動向

 1. マイクロLEDのサプライチェーン概要
 2. ミニLEDのサプライチェーン概要
 3. 2020年展示会サマリー

  3.1 CES2020
    3.1.1 CES2020での各社の展示
  3.2 新型コロナウイルスとIntegrated Systems Europe (ISE) 2020で
    展示されたマイクロLED/ミニLED

 Chapter 4 The 3rd China International Micro-LED Display Summit報告

 1. Mikro Mesa社の発表
 2. 恐るべきスタートアップ、PlayNitride社
 3. TFT技術を深めるPANDA社
 4. eLux社
 5. AUO社
 6. Chipone Technology社
 7. Innoscience社
 8. TrendForce社(調査会社)
 9. Refond社


 Chapter 5 今後の展望

 1. 5Gで攻勢を強める中国
 2. マイクロLEDと自動運転
 3. 5Gにおけるディスプレイの重要性
 4. 中国とマイクロLED
 5. AR・VRグラスの使用感の課題とマイクロLED
 6. マイクロ LED量産タイミングの予想 
 7. エマージングテクノロジーの向こう側へ


注意事項

本書籍は、サイエンス&テクノロジー株式会社より発刊しております。
当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から ご郵送にて書籍等をお送りします。

ご請求書は、弊社より別途郵送します。 (※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。) 個人情報等に関しましては、書籍発送目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送します。

銀行振り込みを選択された場合は、ご請求書を同封いたしますので、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

事前に会員登録をしていただきますとポイントを蓄積していただくことができ、 貯まったポイントは次回のセミナーや書籍のご購入にご使用いただけます。
会員登録はこちらから行ってください。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
当社コンサルテーションや商品へのご要望・ご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】
以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み
銀行振込

ご請求書は電子(.pdf)にて別途送付しますので、貴社お支払い規定に従い、お振込みをお願いします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いします。
(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード

クレジットカード

3.PayPay

PayPay(オンライン決済)

4.楽天ID決済

楽天ID決済

5.コンビニ決済

クレジットカード


【領収書について】

領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。


関連商品

ページトップへ