PQの目的

私が経験してきたCSVで最も大きな関心はPQに対する誤解です。
あるベンダーのコンサルタントが「PQはPerformance Qualification の略で、コンピュータのパフォーマンスをテストします。」といった人がいました。
とんでもない誤解ですね。
では、皆様はOQとPQの違いを説明できるでしょうか?
OQは主にシステムのテストを行い、PQはシステムのユーザ業務への適合性をテストします。
もっと平たく言うと、OQではバグを発見し、修理(または回避)しま す。
PQでは、原則OQによってバグが取り除かれた後に、業務が遂行出 来るかどうかをテストします。
よく、PQでバグを見つけることに張り切っている人を見ますが、間違いです。もしPQ中にバグを見つけたら、OQに差し戻すことが正解です。
また多くのPQ Logでは「異常なし」と記載しているケースを見かけますが、これも勘違いです。
OQをちゃんとやっている限り「異常」は無いはずですから。
PQでは、異常の無いシステムが更に業務使用に耐えるかどうかを検証します。
いわゆる業務上でのリスク評価(業務の穴の発見)を行いま す。
したがってPQは業務を知っているユーザが行うのが適切です。
よく「仕様は満たしているが使えないシステム」を見かけますが、CSV をきっちりとやっていれば、そんな事態は防げるはずです。
詳しくは、CSV講座で解説します。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。