カートをみる マイページへログイン ご利用案内 ご意見 お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > 書籍 > 技術開発実態分析調査報告書

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全70件)  1/7ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  AI生体認証  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た AI生体認証 技術開発実態分析調査報告書

45,600円(税込)
■本誌の特徴等

1.調査目的
  「AI生体認証」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類などに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップを作成し、技術開発の実態を把握し今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

 ◎ この分野の技術開発の全貌を把握すること。
 (1) この分野に進出している企業等(出願人)から見た技術開発実態について
 (2) 特許分類(FI)から見た技術開発実態、及び (3) 特許分類(Fターム)から見た技術開発実態について
 (4) この分野の技術開発に着手している技術開発者(発明者)から見た技術開発実態について
 (5) この分野の技術開発の内容(要約内、請求の範囲内キーワード)から見た技術開発実態について
 (6) この分野の技術開発を企業(出願人)又は技術開発者(発明者)の両面から見た技術開発実態、
    企業(出願人)と技術(分類)の両面から見た技術開発実態、
    技術開発者(発明者)と技術(分類)の両面から見た技術開発実態について
 (7) この分野の技術と技術(FI、Fターム)の両面から見た技術開発実態について

 ◎ この分野の技術開発の個別観点(トップ企業、注目企業、基本技術、重要技術等)に注目して把握すること。
 (8) この分野の技術開発のトップ企業等(出願件数第1位)から見た技術開発実態について
 (9) この分野の技術開発の基本又は重要技術(特定分類:FI、Fターム)から見た技術開発実態について
 (10)この分野の技術開発の基本又は重要技術(特定分類:Fタームテーマコード)から見た技術開発実態について
 (11)この分野における最近の技術開発内容(要約内、請求の範囲内キーワード)から見た技術開発実態について

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は「AI生体認証」の国内出願日:2010年1月から2021年9月までに出願された公開特許について、検索、収集した。
その結果、特許情報の総数は 1,644件である。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。

3.報告書の構成

 [1] 企業(出願人)を対象として
 [2] 技術分類(FI)を対象として
 [3] 技術分類(Fターム)を対象として
 [4] 技術開発者(発明者)を対象として
 [5] 技術開発の内容(要約内・請求の範囲内キーワード)を対象として
 [6] 企業(出願人)と企業(出願人)、
     技術開発者(発明者)と技術開発者(発明者)、
     企業(出願人)と技術分類(FI、Fターム)、
     技術開発者(発明者)と技術分類(FI、Fターム)の両面を対象として
 [7] 技術分類と技術分類(FI、Fターム)を対象として
 [8] 特定出願人(出願件数第1位の出願人)を対象として
 [9] 特定技術「出願件数第1位のFI、第3位のFターム」を対象として
 [10]特定技術分類Fターム_テーマコードテーブル
     「出願件数第2位のFターム_テーマコード」を対象として
 [11]特別付録(ニューアピアランスキーワードランキングリスト)<商標出願中>


4. 本報告書の特徴
● 技術動向が分かりやすく把握できる。
● パテントマップで視覚的に理解しやすい。
● 母集団を(1)全体、(2)特定技術、(3)特定出願人に分けて、わかりやすい。
● 特別付録の「直近3年間におけるニューアピアランスキーワードランキングリスト」により、ごく最近の技術開発の実態が推測できる。
  このリストを活用することにより、技術開発における最新の技術開発動向を推測することができる。即ちこの技術開発において、最近開始された技術開発が何であるかを推測
  できる。また件数の多少により、その技術開発の本気度を推測できる。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 高機能分離膜などのフィルター技術 技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 高機能分離膜などのフィルター技術 技術開発実態分析調査報告書

46,100円(税込)
■本誌の特徴等

1.調査目的
  「高機能分離膜などのフィルター技術」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類などに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップを作成し、技術開発の実態を把握し今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

 ◎ この分野の技術開発の全貌を把握すること。
 (1) この分野に進出している企業等(出願人)から見た技術開発実態について
 (2) 特許分類(FI)から見た技術開発実態、及び (3) 特許分類(Fターム)から見た技術開発実態について
 (4) この分野の技術開発に着手している技術開発者(発明者)から見た技術開発実態について
 (5) この分野の技術開発の内容(要約内、請求の範囲内キーワード)から見た技術開発実態について
 (6) この分野の技術開発を企業(出願人)又は技術開発者(発明者)の両面から見た技術開発実態、
    企業(出願人)と技術(分類)の両面から見た技術開発実態、
    技術開発者(発明者)と技術(分類)の両面から見た技術開発実態について
 (7) この分野の技術と技術(FI、Fターム)の両面から見た技術開発実態について

 ◎ この分野の技術開発の個別観点(トップ企業、注目企業、基本技術、重要技術等)に注目して把握すること。
 (8) この分野の技術開発のトップ企業等(出願件数第1位)から見た技術開発実態について
 (9) この分野の技術開発の基本又は重要技術(特定分類:FI、Fターム)から見た技術開発実態について
 (10)この分野の技術開発の基本又は重要技術(特定分類:Fタームテーマコード)から見た技術開発実態について
 (11)この分野における最近の技術開発内容(要約内、請求の範囲内キーワード)から見た技術開発実態について

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は「高機能分離膜などのフィルター技術」の国内出願日:20110年1月から2021年12月までに出願された公開特許について、検索、収集した。
その結果、特許情報の総数は 3,612件である。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。

3.報告書の構成

 [1] 企業(出願人)を対象として
 [2] 技術分類(FI)を対象として
 [3] 技術分類(Fターム)を対象として
 [4] 技術開発者(発明者)を対象として
 [5] 技術開発の内容(要約内・請求の範囲内キーワード)を対象として
 [6] 企業(出願人)と企業(出願人)、
     技術開発者(発明者)と技術開発者(発明者)、
     企業(出願人)と技術分類(FI、Fターム)、
     技術開発者(発明者)と技術分類(FI、Fターム)の両面を対象として
 [7] 技術分類と技術分類(FI、Fターム)を対象として
 [8] 特定出願人(出願件数第1位の出願人)を対象として
 [9] 特定技術「出願件数第1位のFI、第2位のFターム」を対象として
 [10]特定技術分類Fターム_テーマコードテーブル
     「出願件数第1位のFターム_テーマコード」を対象として
 [11]特別付録(ニューアピアランスキーワードランキングリスト)<商標出願中>


4. 本報告書の特徴
● 技術動向が分かりやすく把握できる。
● パテントマップで視覚的に理解しやすい。
● 母集団を(1)全体、(2)特定技術、(3)特定出願人に分けて、わかりやすい。
● 特別付録の「直近3年間におけるニューアピアランスキーワードランキングリスト」により、ごく最近の技術開発の実態が推測できる。
  このリストを活用することにより、技術開発における最新の技術開発動向を推測することができる。即ちこの技術開発において、最近開始された技術開発が何であるかを推測
  できる。また件数の多少により、その技術開発の本気度を推測できる。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 電子部品20社〔2021年版〕  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 電子部品20社〔2021年版〕 技術開発実態分析調査報告書

46,400円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「電子部品20社」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類などに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「電子部品20社」にどのような技術の出願があるか、
 (2)「電子部品20社」の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3) 2017年1月以降における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (4) 電子部品20社と共同出願人との連携状況はどのようになっているか、
 (5) これらの企業に強い弁理士(特許事務所)はどこか
等を明確にして、「電子部品20社」の知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

【 電子部品20社 】

1.京セラ
2.村田製作所
3.日東電工
4.TDK
5.アルプスアルパイン
6.オムロン
7.日本電産G
8.ローム
9.ミネベアミツミ
10.イビデン
11.太陽誘電
12.新電元工業
13.サンケン電気
14.日本航空電子工業
15.FDK
16.トーキン
17.ニチコン
18.ホシデン
19.日本ケミコン
20.双葉電子工業



2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「電子部品20社」の国内出願日:2009年1月1日~2020年9月30日に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 71,787 件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の2つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.2017年1月~2020年9月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.電子部品20社全体分析
 C.電子部品20社技術開発状況分析(特許分類)
 D.電子部品20社比較分析
 E.上位6社個別分析
 F.特定2社比較分析(1位京セラ、2位村田製作所)
 G.弁理士(特許事務所)の動向分析

2.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「電子部品20社」に関する国内出願日:2009年1月1日~2020年9月30日の出願、さらには2017年1月以降の出願の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 「電子部品20社」に関する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  化学業界30社  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 化学業界30社 技術開発実態分析調査報告書

47,300円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「化学業界30社」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類などに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「化学業界30社」にどのような技術の出願があるか、
 (2)「化学業界30社」の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3) 2017年1月~2020年9月における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (4) 化学業界30社と共同出願人との連携状況はどのようになっているか、
 (5) これらの企業に強い弁理士(特許事務所)はどこか
等を明確にして、「化学業界30社」の知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

【 化学業界30社 】

1.富士フイルム         16.JSR
2.三菱ケミカルホールディングス 17.昭和電工
3.住友化学           18.東ソー
4.花王             19.クラレ
5.東レ             20.日本触媒
6.積水化学工業         21.ユニ・チャーム
7.日東電工           22.出光興産
8.昭和電工マテリアルズ     23.宇部興産
9.旭化成            24.三菱瓦斯化学
10.信越化学工業         25.イビデン
11.DIC             26.ダイセル
12.カネカ            27.トクヤマ
13.住友ベークライト       28.大陽日酸
14.日本ゼオン          29.関西ペイント
15.三井化学           30.東亞合成


2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「化学業界30社」の国内出願日:2009年1月1日~2020年9月30日に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 146,136 件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の2つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.2017年1月~2020年9月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.化学業界30社全体分析
 C.化学業界30社技術開発状況分析(特許分類)
 D.化学業界30社比較分析
 E.上位6社個別分析
 F.特定3社比較分析(1位富士フイルム、2位三菱ケミカルホールディングス、3位住友化学)
 G.弁理士(特許事務所)の動向分析

2.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「化学業界30社」に関する国内出願日:2009年1月1日~2020年9月30日の出願、さらには2017年1月~2020年9月の出願の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 「化学業界30社」に関する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  医療機器出願上位20社  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 医療機器出願上位20社 技術開発実態分析調査報告書

45,700円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「医療機器出願上位20社」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類などに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「製薬出願上位50社」にどのような技術の出願があるか、
 (2)「製薬出願上位50社」の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3) 2017年1月以降における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (4) 医療機器出願上位20社と共同出願人との連携状況はどのようになっているか、
 (5) これらの企業に強い弁理士(特許事務所)はどこか
等を明確にして、「医療機器出願上位20社」の知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

【 医療機器出願上位20社 】

1.キヤノンG
2.オリンパスG
3.富士フイルムG
4.コーニンクレッカフィリップス
5.日立製作所G
6.コニカミノルタG
7.コヴィディエンG
8.セイコーエプソン
9.テルモG
10.エシコンG
11.HOYAグループ
12.ゼネラル・エレクトリックG
13.パナソニックG
14.東芝G
15.トプコン
16.島津製作所
17.ソニーG
18.バイオセンス・ウエブスターG
19.ニデック
20.オムロンG



2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「医療機器出願上位20社」の国内出願日:2009年1月1日~2020年7月31日に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 42,642 件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の2つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.2017年1月~2020年7月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.医療機器出願上位20社全体分析
 C.医療機器出願上位20社技術開発状況分析(特許分類)
 D.医療機器出願上位20社比較分析
 E.医療機器出願上位5社個別分析
 F.特定3社比較分析(1位キヤノンG、2位オリンパスG、3位富士フイルムG)
 G.弁理士(特許事務所)の動向分析

2.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「医療機器出願上位20社」に関する国内出願日:2009年1月1日~2020年7月31日の出願、さらには2017年1月以降の出願の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 「医療機器出願上位20社」に関する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  量子ドットディスプレイ  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 量子ドットディスプレイ 技術開発実態分析調査報告書

49,600円(税込)
■本誌の特徴等

1.調査目的
 「量子ドットディスプレイ」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「量子ドットディスプレイ」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2010年1月~2021年6月」における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2018年1月~2021年6月における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「量子ドットディスプレイ」の国内出願日:2010年1月~2021年6月に出願された公開特許について、検索、収集した。
報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は2,236件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の2つの部分から構成されている。

I.パテントマップ編
 A.2018年1月~2021年6月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E.上位5出願人比較分析(1位半導体エネルギー研究所、2位ジャパンディスプレイ、3位三星電子G、4位エルジーG、5位富士フイルム)
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
  G-1.特定特許分類分析(1)
   ・FIサブグループ分類(深さ13)
   ・Fターム分類(深さ10)
  G-2.特定特許分類分析(2)
   ・Fターム分類
 H.キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 I.弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「量子ドットディスプレイ」に関する国内出願日:2010年1月~2021年6月の出願、さらには2018年1月~2021年6月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  半導体成膜装置  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 半導体成膜装置 技術開発実態分析調査報告書

49,700円(税込)
■本誌の特徴等

1.調査目的
 「半導体成膜装置」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)どの半導体成膜装置関連企業にどのような技術の公開があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2010年1月~2021年6月」における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2018年1月以降の出願における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「半導体成膜装置」の国内出願日:2010年1月~2021年6月に出願された公開特許について、検索、収集した。
報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は10,300件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の2つの部分から構成されている。

I.パテントマップ編
 A.2018年1月~2021年6月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析(1位東京エレクトロン、2位KOKUSAIELECTRIC、 3位アプライドマテリアルズINC、4位半導体エネルギー研究所、5位アルバック)
 E.上位5出願人比較分析
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
  G-1.特定特許分類分析(1)
   ・FI分類(深さ18)
   ・Fターム分類(深さ10)
  G-2.特定特許分類分析(2)
   ・Fターム分類(深さ8)
 H.キーワード分析 ※キーワードは要約+請求+発明の名称から抽出した。
 I.弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「半導体成膜装置」に関する国内出願日:2010年1月~2021年6月の出願、さらには2018年1月以降の出願の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  生分解性プラスチック  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 生分解性プラスチック 技術開発実態分析調査報告書

49,100円(税込)
■本誌の特徴等

1.調査目的
 「生分解性プラスチック」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「生分解性プラスチック」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2010年1月~2021年7月」における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2018年1月~2021年7月における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「生分解性プラスチック」の国内出願日:2010年1月~2021年7月に出願された公開特許について、検索、収集した。
報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は2,763件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の2つの部分から構成されている。

I.パテントマップ編
 A.2018年1月~2021年7月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E.上位3出願人比較分析(1位東レ、2位三菱ケミカル、3位ユニチカ)
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
  G-1.特定特許分類分析(1)
   ・FIサブグループ分類(深さ13)
   ・Fターム分類(深さ10)
  G-2.特定特許分類分析(2)
   ・Fターム分類(深さ8)
 H.キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲、産業上の利用分野従来の技術、発明の効果から抽出した。
 I.弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「生分解性プラスチック」に関する国内出願日:2010年1月~2021年7月の出願、さらには2018年1月~2021年7月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  舗装技術  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 舗装技術 技術開発実態分析調査報告書

48,700円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「舗装技術」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「舗装技術」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2010年1月~2021年7月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2018年1月~2021年7月における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「舗装技術」の国内出願日:2010年1月~2021年7月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 3,166件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の二つの部分から構成されている。
I.パテントマップ編
 A.2018年1月~2021年7月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E. 上位4出願人比較分析(1位日立建機、2位ヨゼフフェゲーレ、3位住友建機、4位太平洋セメント)
 F. 上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
  G-1.特定特許分類分析(1)
   ・FIサブグループ分類(深さ13)
   ・Fターム分類(深さ10)
  G-2.特定特許分類分析(2)
   ・Fターム分類(深さ8)
 H. キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 I. 弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「舗装技術」に関する国内出願日:2010年1月~2021年7月の出願、さらには2018年1月~2021年7月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  多孔性配位高分子  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 多孔性配位高分子 技術開発実態分析調査報告書

48,100円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「多孔性配位高分子」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「多孔性配位高分子」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2010年1月~2021年8月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2018年1月~2021年8月における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「多孔性配位高分子」の国内出願日:2010年1月~2021年8月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 1,102件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の二つの部分から構成されている。
I.パテントマップ編
 A.2018年1月~2021年8月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E. 上位3出願人比較分析(1位京都大学、2位リコー、3位クラレ)
 F. 上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
  G-1.特定特許分類分析(1)
   ・FI分類(深さ18)
   ・Fターム分類(深さ10)
  G-2.特定特許分類分析(2)
   ・Fターム分類(深さ8)
 H. キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 I. 弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「多孔性配位高分子」に関する国内出願日:2010年1月~2021年8月の出願、さらには2018年1月~2021年8月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。

1件~10件 (全70件)  1/7ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ