カートをみる マイページへログイン ご利用案内 ご意見 お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > 書籍 > 技術開発実態分析調査報告書

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全50件)  1/5ページ
1 2 3 4 5 次へ  最後へ

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定 技術開発実態分析調査報告書

49,100円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2010年1月~2021年6月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2018年1月~2021年6月における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定」の国内出願日:2010年1月~2021年6月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は17,310件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の二つの部分から構成されている。
I.パテントマップ編
 A.2018年1月~2021年6月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E. 上位3出願人比較分析(1位コーニンクレッカフィリップス、2位パナソニック、3位セイコーエプソン)
 F. 上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
  G-1.特定特許分類分析(1)
   ・FIサブグループ分類(深さ13)
   ・Fターム分類(深さ10)
  G-2.特定特許分類分析(2)
   ・Fターム分類(深さ8)
 H. キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 I. 弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定」に関する国内出願日:2010年1月~2021年6月の出願、さらには2018年1月~2021年6月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  医療分野における遠隔診断  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 医療分野における遠隔診断 技術開発実態分析調査報告書

47,800円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「医療分野における遠隔診断」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「医療分野における遠隔診断」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2010年1月~2021年6月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2018年1月~2021年6月における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「医療分野における遠隔診断」の国内出願日:2010年1月~2021年6月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は1,749件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の二つの部分から構成されている。
I.パテントマップ編
 A.2018年1月~2021年6月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E. 上位2出願人比較分析(1位コーニンクレッカフィリップス、2位キヤノンG)
 F. 上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
  G-1.特定特許分類分析(1)
   ・FIサブグループ分類(深さ13)
   ・Fターム分類(深さ10)
  G-2.特定特許分類分析(2)
   ・Fターム分類(深さ8)
   ・Fターム分類(深さ10)
 H. キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲、産業上の利用分野から抽出した。
 I. 弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「医療分野における遠隔診断」に関する国内出願日:2010年1月~2021年6月の出願、さらには2018年1月~2021年6月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  製薬出願の上位50社  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 製薬出願の上位50社 技術開発実態分析調査報告書

49,100円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「製薬出願の上位50社」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類などに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「製薬出願上位50社」にどのような技術の出願があるか、
 (2)「製薬出願上位50社」の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3) 2017年1月以降における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (4) 製薬出願の上位50社と共同出願人との連携状況はどのようになっているか、
 (5) これらの企業に強い弁理士(特許事務所)はどこか
等を明確にして、「製薬出願の上位50社」の知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

【 製薬出願の上位50社 】

1.富士フイルムG       26.リジェネロン・PHARM
2.エフ.ホフマン-ラロシュ   27.INSTナショナルドゥラサンテエ
3.バイエルG           ドゥラルシェルシュメディカル
4.日本化薬G         28.イーライリリーアンドCO
5.ノバルティス        29.大日本住友製薬
6.大塚G           30.中外製薬
7.小林製薬          31.アステラスG
8.ニプロ           32.ギリアードサイエンシーズ
9.明治G           33.エーザイG
10.興和           34.塩野義製薬
11.ジェネンテック      35.久光製薬
12.ベーリンガー
  インゲルハイムINTERN   36.参天製薬
13.サノフイ         37.田辺三菱製薬
14.グラクソスミスクラインG  38.ユーシービーバイオファルマ
15.ロート製薬        39.杏林製薬
16.メルク・シャープ・
  アンド・ドーム       40.小野薬品工業
17.第一三共G         41.大原薬品工業
18.ブリストル-
  マイヤーズスクウィブ   42.持田製薬
19.武田G           43.栄研化学
20.大正製薬         44.富士レビオ
21.ファイザー        45.キッセイ薬品工業
22.アムジエン        46.日本新薬
23.東洋新薬         47.生化学工業
24.アッヴィG         48.扶桑薬品工業
25.ヤンセンファーマ
  シューティカ       49.エスエス製薬
               50.科研製薬



2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「製薬出願の上位50社」の国内出願日:2009年1月1日~2020年7月31日に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 47,577 件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の2つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.2017年1月~2020年7月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.製薬出願の上位50社全体分析
 C.製薬出願の上位50社技術開発状況分析(特許分類)
 D.製薬出願の上位50社比較分析
 E.上位6社個別分析
 F.特定4社比較分析(1位富士フイルムG、2位エフ.ホフマン-ラロシュ、3位バイエルG、4位日本化薬G)
 G.弁理士(特許事務所)の動向分析

2.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「製薬出願上位50社」に関する国内出願日:2009年1月1日~2020年7月31日の出願、さらには2017年1月以降の出願の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 「製薬出願上位50社」に関する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  洗浄剤〔2020年版〕  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 洗浄剤〔2020年版〕 技術開発実態分析調査報告書

50,700円(税込)
1.調査目的
 「洗浄剤」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「洗浄剤」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3) 国内出願日基準「2008年~2020年2月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2016年1月以降の出願における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「洗浄剤」の国内出願日:2008年~2020年2月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 7,466 件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の2つの部分から構成されている。

I.パテントマップ編
 A.2016年1月~2020年2月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.2008年1月~2020年2月の出願における動向分析(既刊「洗浄剤〔2009年版〕」以降)
 C.全般分析
 D.上位20出願人比較分析
 E.上位5出願人個別分析
 F.特定3出願人比較分析(1位花王、2位P&G、3位ライオン)
 G.上位20特許分類分析
 H.特定特許分類分析
  H-1.特定特許分類分析(1)
   ・FIサブグループ分類(深さ13)
   ・Fターム分類(深さ10)
  H-2.特定特許分類分析(2)
   ・Fターム分類(深さ8)

 I.キーワード分析 
   ※キーワード(発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)においては、
    下記3グループの観点から分析を行った。
   (1)対象系(皮膚、身体、毛髪、頭皮、眼など11個)
   (2)特性・性質系(洗浄性、安全性、溶解性、起泡性、水溶性など13個)
   (3)目的・効果系(簡易・容易、安定化、効率、安価・低コストなど10個)

 J.弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「洗浄剤」に関する国内出願日:2008年~2020年2月の出願、さらには2016年1月以降の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  医療機器〔2021年版〕  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 医療機器〔2021年版〕 技術開発実態分析調査報告書

50,700円(税込)
1.調査目的
 「医療機器」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「医療機器」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2009年1月~2021年1月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2017年1月~2021年1月の出願における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「医療機器」の国内出願日:2009年1月~2021年1月に出願された公開特許について、検索、収集した。
報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は91,980件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の2つの部分から構成されている。

I.パテントマップ編
 A.2017年1月~2021年1月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.2017年2月~2021年1月の出願における動向分析(既刊「医療機器〔2018年版〕」以降)
 C.全般分析
 D.上位20出願人比較分析
 E.上位5出願人個別分析
 F.特定3出願人比較分析 (1位キヤノンG、2位オリンパス、3位富士フイルム)
 G.上位20特許分類分析
 H.特定特許分類分析
  H-1.特定特許分類分析(1)
   ・FIメイングループ分類(深さ8)
   ・Fターム分類(深さ10)
  H-2.特定特許分類分析(2)
   ・Fターム分類(深さ8)
 I.キーワード分析 ※キーワードは発明の名称から抽出した。
 J.弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
●「医療機器」に関する国内出願日:2009年1月~2021年1月の出願、さらには2017年1月~2021年1月の技術動向が分かりやすく把握できる。
●本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
●パテントマップ、パテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  印刷、製本機械(B41.B42)におけるAI、IoT、ロボット化(自動化、無人化)技術  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 印刷、製本機械(B41.B42)におけるAI、IoT、ロボット化(自動化、無人化)技術 技術開発実態分析調査報告書

43,100円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「印刷、製本機械(B41.B42)におけるAI、IoT、ロボット化(自動化、無人化)技術」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「AIとIoTとロボット化(自動化、無人化)」についてどのような技術の公開があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2009年1月~2020年8月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (5)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「印刷、製本機械(B41.B42)におけるAI、IoT、ロボット化(自動化、無人化)技術」の国内出願日:2009年1月~2020年8月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は799件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の二つの部分から構成されている。
I.パテントマップ編
 A.全般分析
 B.AIとIoTとロボット化(自動化、無人化)比較分析
 C.AI詳細分析
 D.IoT詳細分析
 E.ロボット化(自動化、無人化)詳細分析

II.参考資料

4. 本報告書の特徴
● 「印刷、製本機械(B41.B42)におけるAI、IoT、ロボット化(自動化、無人化)技術」に関する国内出願日:2009年1月~2020年8月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  遠隔会議技術  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 遠隔会議技術 技術開発実態分析調査報告書

48,900円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「遠隔会議技術」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「遠隔会議技術」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2009年1月~2020年8月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2017年1月~2020年8月における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「遠隔会議技術」の国内出願日:2009年1月~2020年8月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は5,563件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の二つの部分から構成されている。
I.パテントマップ編
 A.2017年1月~2020年8月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E.特定3出願人比較分析(1位リコー、2位キヤノンG、3位ブラザー工業)
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
   G-1.特定特許分類分析(1)
    ・FIサブグループ分類(深さ13)
    ・Fターム分類(深さ10)
   G-2.特定特許分類分析(2)
    ・FIサブグループ分類(深さ13)
    ・Fターム分類(深さ8)

 H.キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 I. 弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「遠隔会議技術」に関する国内出願日:2009年1月~2020年8月の出願、さらには2017年1月~2020年8月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップ、パテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  真空放電  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 真空放電 技術開発実態分析調査報告書

48,600円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「真空放電」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)どの真空放電関連企業にどのような技術の公開があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2009年1月~2020年9月」における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2017年1月以降の出願における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「真空放電」の国内出願日:2009年1月~2020年9月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は1,606件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の二つの部分から構成されている。
I.パテントマップ編
 A.2017年1月~2020年9月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析(1位キヤノン、2位パナソニック、3位アルバック、4位ビーエーエスエフG、5位神戸製鋼所)
 E.特定4出願人比較分析(1位キヤノン、2位パナソニック、3位アルバック、5位神戸製鋼所)
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
   G-1.特定特許分類分析(1)
    ・FI分類(深さ18)
    ・Fターム分類(深さ10)
   G-2.特定特許分類分析(2)
    ・FI分類(深さ18)
    ・Fターム分類(深さ8)

 H.キーワード分析 ※キーワードは本文全文から抽出した。
   下記1グループの観点から分析を行った。
   ・ 目的・効果系(耐久性など10個)
 I. 弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「真空放電」に関する国内出願日:2009年1月~2020年9月の出願、さらには2017年1月以降の出願の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップ、パテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  蛍光または発光による材料の調査,分析  技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た 蛍光または発光による材料の調査,分析 技術開発実態分析調査報告書

48,600円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「蛍光または発光による材料の調査,分析」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「蛍光または発光による材料の調査,分析」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2009年1月~2020年9月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2017年1月~2020年9月における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「蛍光または発光による材料の調査,分析」の国内出願日:2009年1月~2020年9月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は6,157件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の二つの部分から構成されている。
I.パテントマップ編
 A.2017年1月~2020年9月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E.特定2出願人比較分析(1位オリンパス、2位コニカミノルタ)
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
   G-1.特定特許分類分析(1)
    ・FIサブグループ分類(深さ13)
    ・Fターム分類(深さ10)
   G-2.特定特許分類分析(2)
    ・Fターム分類(深さ8)

 H.キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 I. 弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「蛍光または発光による材料の調査,分析」に関する国内出願日:2009年1月~2020年9月の出願、さらには2017年1月~2020年9月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップ、パテントチャートで視覚的に理解しやすい。
[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た  プラズマ技術 技術開発実態分析調査報告書

[書籍] 特許情報分析(パテントマップ)から見た プラズマ技術 技術開発実態分析調査報告書

48,800円(税込)
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「プラズマ技術」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「プラズマ技術」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2009年1月~2020年10月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2017年1月~2020年10月における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「プラズマ技術」の国内出願日:2009年1月~2020年10月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は6,048件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の二つの部分から構成されている。
I.パテントマップ編
 A.2017年1月~2020年10月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E.特定4出願人比較分析(1位東京エレクトロン、2位日立ハイテク、3位アプライドマテリアルズ、4位パナソニック)
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
   G-1.特定特許分類分析(1)
    ・FIメイングループ分類(深さ8)
    ・Fターム分類(深さ10)
   G-2.特定特許分類分析(2)
    ・Fターム分類(深さ8)

 H.キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 I. 弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「プラズマ技術」に関する国内出願日:2009年1月~2020年10月の出願、さらには2017年1月~2020年10月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップ、パテントチャートで視覚的に理解しやすい。

1件~10件 (全50件)  1/5ページ
1 2 3 4 5 次へ  最後へ

ページトップへ