カートをみる マイページへログイン ご利用案内 ご意見 お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

HOME > サイエンス&テクノロジセミナー

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全108件)  1/11ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

(1/14)【Live(リアルタイム)配信】 確実に成果を生む実験結果の活用と 実験ノート(記録)の取り方

(1/14)【Live(リアルタイム)配信】 確実に成果を生む実験結果の活用と 実験ノート(記録)の取り方

35,200円(税込)
 研究開発においては、適切な実験方法を考えることはもちろん、適切なデータ解析や現代では知財化、権利化が必須であり、そのためには記録が重要となることは言うまでもない。加えて、チームや社内における情報共有、開発本人の思考のためにも記録は必要不可欠である。また近年は様々な機器類の発達で実験データを得ることが容易になってきている反面、無計画に実験を行ってデータを積み重ね、日々増えていくデータに溺れてしまっている状況が生まれている。目的に合わせて実験を計画してデータを取得して解析し、それらを記録、まとめるといった様々なことを正しく行なわなければならない。

 しかし、残念ながら大部分の企業、開発現場ではこういった実験の考え方や、実験結果の解析、記録の残し方、実験のノートの書き方などの実験実務に関する教育はほとんど行われていない。そのため、各自が我流の方法に頼っており、人員間、部署間でのレベルのバラつき、共有性の欠如といった問題、そして、最悪の場合権利化におけるevidenceと成りえないような状況まで生まれている。

 本セミナー、講習会では、このような状況を打開して、確実に結果を成果へと昇華させる、より効率的な開発を実現するために必要となる、実験の考え方、実験データの解析から、記録、そして、まとめ方を、基本から様々なケース、対象について、特に実験ノートに代表される記録に重点を置いて詳細に解説する。
(11/9)【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】  データインテグリティ(DI)における マスタープラン/効果的な教育訓練・教育資料/継続的な改善

(11/9)【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】 データインテグリティ(DI)における マスタープラン/効果的な教育訓練・教育資料/継続的な改善

29,700円(税込)
 GMPは医薬品の品質、有効性及び安全性を保証するための要求事項であり、データインテグリティ(DI)はこのGMPにおける不可欠な対応要件となっています。このDI対応を効果的かつ効率的に進めるため、以下の講演項目について事例を交えて紹介します。
(1/20)【Live配信(リアルタイム配信)】 マイクロリアクターにおける合成操作で起こる不具合と トラブル対策および活用に向けた課題

(1/20)【Live配信(リアルタイム配信)】 マイクロリアクターにおける合成操作で起こる不具合と トラブル対策および活用に向けた課題

35,200円(税込)
フロー合成プロセスは近年、低環境負荷、高効率など次世代の生産プロセスとして注目を浴びつつある一方で、製造プロセスとしての適用には多くの課題も発生しています。
今回の講座ではフロー合成のメリットについてバッチプロセスとの比較をはじめとした基礎知識からプロセス操作における不具合事例、そしてそのトラブル対策について、ラボプロセスからパイロットプロセスに向けた検討をモデルケースにしながらご紹介します。
(11/12)【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】  特定臨床研究及び新倫理指針の 検討課題/実務対応と最近のトピックス / C211144

(11/12)【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】 特定臨床研究及び新倫理指針の 検討課題/実務対応と最近のトピックス / C211144

33,000円(税込)
COVID19時代になって、特に製薬企業、 CRO及び医療機関(ARO)は長い在宅勤務において、研究責任者の臨床研究の企画推進を支援することが難しく、臨床研究が停滞している。
また、ゲノム指針と統合した新倫理指針が発出されたが、まだ新しいルールに慣れず、また臨床研究法の検討もされているので、臨床研究に対する熱が冷めきっている状況である。このような中で今後の臨床研究の向かうべき方向性を説明し、どう対応していく必要があるのかお話ししたい。

◆講習会のねらい◆
特定臨床研究及び新倫理指針及びその問題点を理解する。また、今後の特定臨床研究及び新倫理指針の進むべき方向性をお話しする。
(10/25)【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】  バイオ医薬品における CMC・CTD 申請の3極の記載レベルの差と 照会事項における要求の違い

(10/25)【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】 バイオ医薬品における CMC・CTD 申請の3極の記載レベルの差と 照会事項における要求の違い

35,200円(税込)
 本講演では、バイオ医薬品の一般的な特性を説明する上に、ICHガイドラインに基づき、3極での違いを踏まえ、原薬及び製剤の製造方法、規格及び試験方法、安定性試験などの承認申請書(M1.2)、品質に関する概括資料(M2.3)及び個々の報告書(M3.2)の記載要点、当局からの最新照会事項の傾向などを解説する。
(10/22)【Live配信(Zoom使用)】 原子間力顕微鏡(AFM)の基本原理、測定と そのノウハウ、データの取得・解析方法

(10/22)【Live配信(Zoom使用)】 原子間力顕微鏡(AFM)の基本原理、測定と そのノウハウ、データの取得・解析方法

35,200円(税込)
 「ナノテクノロジーの目」とも言われているAFM(原子間力顕微鏡)は、SEMなどと同様に一般化しつつあり、また小型で安価なことから企業の基礎開発部門に多く導入されるようになってきました。AFMを用いれば、試料表面の諸性質(硬さ、導電性、帯電性、加工、相互作用力、付着性など)、微粒子やレジストパターンなどの微小固体の諸性質(付着性、マニピュレーション、帯電性)、特殊測定(液滴形状、ナノバブル観察)など、幅広い解析が効果的に行えます。
 しかしながら、実際に適切で効果的なAFM測定を行うには、基本原理や測定方法、そして解析方法などの基礎を習得する必要があり、測定が不調の場合は原因が不明のままとなり、活用範囲も形状観察程度の利用に留まっているケースが多く見受けられます。
 本セミナーでは、汎用性の高い大気中および液中測定用のAFMを中心に豊富なデータに基づき解説します。これからAFMの導入を検討される方、初めてAFMを操作される方にも分かりやすく装置の基本原理や操作方法、データの取得や解析方法についてまで解説します。特に、AEMのユーザー側の視点に立って、講演者の経験に基づき、導入および実用化技術のポイントを分かり易く解説します。また、日頃のトラブル対策や技術開発相談にも対応します。
(10/22)【Live配信(リアルタイム配信)】 PVA(ポリビニルアルコール)の基礎知識と機能化設計

(10/22)【Live配信(リアルタイム配信)】 PVA(ポリビニルアルコール)の基礎知識と機能化設計

35,200円(税込)
 ポリビニルアルコール(PVA)は世界で年間約65万トン生産され、食品包装フィルムや化粧品、洗濯のりなど様々な場面で利用されている。近年、優れた重合方法や有機反応の台頭により、一次構造を制御したPVAの合成や、簡便なPVAの機能化が行えるようになってきている。その結果、センサーや薬物キャリア、抗菌フィルムなど新しいPVA材料が報告されている。
 本講義では、PVAの基礎から機能化設計、また機能性PVAの応用などについて最新の研究をもとに紹介する。
(10/22)【Live配信(リアルタイム配信)】  シングルユースシステムを用いた バイオ医薬品製造における品質確保と課題・対策

(10/22)【Live配信(リアルタイム配信)】 シングルユースシステムを用いた バイオ医薬品製造における品質確保と課題・対策

29,700円(税込)
 濾過操作は最も古くから利用されてきた分離操作の一つであるが、現在も技術イノベーションが積み重ねられ、利用分野の拡大と分離対象粒子の多様化、微細化が加速化する傾向にある。
 セミナーでは、濾過の基礎をわかりやすく解説した後、濾過試験法、実験データ解析、濾過機、脱水機、濾過助剤、凝集剤、濾材などの選定、高効率の濾過操作法の実践的なノウハウを紹介する。さらに、濾過技術の適用分野や最新動向についても概説する。
 特に、濾過試験の具体的な方法や評価のポイント、濾過機の選定方法については重点的に解説する。
(10/22)【Live配信(リアルタイム配信)】  徹底理解!濾過(ろ過)操作ノウハウのすべて。

(10/22)【Live配信(リアルタイム配信)】 徹底理解!濾過(ろ過)操作ノウハウのすべて。

35,200円(税込)
 濾過操作は最も古くから利用されてきた分離操作の一つであるが、現在も技術イノベーションが積み重ねられ、利用分野の拡大と分離対象粒子の多様化、微細化が加速化する傾向にある。
 セミナーでは、濾過の基礎をわかりやすく解説した後、濾過試験法、実験データ解析、濾過機、脱水機、濾過助剤、凝集剤、濾材などの選定、高効率の濾過操作法の実践的なノウハウを紹介する。さらに、濾過技術の適用分野や最新動向についても概説する。
 特に、濾過試験の具体的な方法や評価のポイント、濾過機の選定方法については重点的に解説する。
(10/22)【Live配信(リアルタイム配信)】 生体材料開発における 溶解度パラメータ(SP値・HSP値)の 応用ノウハウ最前線

(10/22)【Live配信(リアルタイム配信)】 生体材料開発における 溶解度パラメータ(SP値・HSP値)の 応用ノウハウ最前線

35,200円(税込)
 J.H.Hildebrandが正則溶液理論の研究において定義した溶解度パラメータ(Solubility Parameter:δ[J/cm3]1/2)は、物質(気体・液体・固体)の凝集エネルギー密度の平方根で示される物質固有の物性値であり、SP値として一般に知られています。現在でも、SP値は、物質-物質間の溶解度、ぬれ性、接着性、溶媒中微粒子の分散性の評価に多用されています。C.M.Hansenは、Hildebrand が提案したSP値の凝集エネルギーの項を、それぞれの物質の分子間に働く相互作用エネルギーの種類によって分割し、SP値を、分散力項(δd)双極子間力項(δp)、水素結合力項(δh)として表し、Hansen溶解度パラメータ(以下:HSP値)として提案しました。
 現在、HSP値は高分子-溶媒間、高分子-高分子間などの相溶性評価、ナノ粒子の溶媒中での凝集・分散性評価、樹脂の溶媒に対する耐性評価など広く用いられています。また、HSP値は、化学製品の製造工程において、溶質に対する最適溶媒の選択や混合溶媒の最適な組み合わせの選定、さらに、最適混合比などにも有効であることが報告されています。近年、Hansenの研究グループは、分子構造が未知である高分子や微粒子・ナノ粒子表面のHSP値を実験的に求める新しい手法として、Hansen solubility sphere法(以下Hansen溶解球法)を提案しており、その汎用性の高さから現在多くの研究者から注目されています。
 ここでは、SP値の基礎としてHildebrand(δ)およびHansen(δd,δp,δh)溶解度パラメータの計算方法およびHSP値を用いた物質-物質間の溶解性、ぬれ性、溶媒中の微粒子の分散性評価の方法についての基礎的な概念の紹介と、分子構造や組成が明らかでない物質のHSP値をHansen球法により求める応用法や、各種材料・分野におけるHansen溶解球およびHSP値利用の最前線から実際の活用手法を解説します。
 本セミナーでは、これまで報告の少ない、天然由来の機能性物質のHansen溶解度パラメータ(HSP)の測定・評価(天然高分子・高分子ポリフェノール、リモネン、カプサイシン、イソフラボン等)および生体材料表面のHansen溶解度パラメータ(HSP)の測定・評価の最前線について講義します。具体的には、皮膚、爪、眼、毛髪、アミノ酸、タンパク質、花粉、ダニ、ゴキブリの表面のHSPの測定方法について接触角法、浸透速度法、IGC法などを利用したHSP測定法についても解説します。最後に、新しい展開として、生体材料・医薬品・化粧品開発におけるHansen溶解度パラメータ(HSP)の将来展望についても解説します。

1件~10件 (全108件)  1/11ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

ページトップへ