カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

[書籍]中国における車載リチウムイオン電池の リユース・リサイクル動向と市場展望


中国における車載リチウムイオン電池の
リユース・リサイクル動向と市場展望


~中国自動車市況とバッテリー技術トレンド  
NEV用バッテリーのリユース・リサイクル政策・各社動向・今後のニーズ~

〇アプリダウンロード不要のWEBブラウザ閲覧が可能になりました(オンライン環境が必要です)。
〇アプリ内閲覧の場合はオフラインで閲覧いただけます。
〇5アカウント/10端末まで閲覧でき、社内・部署内での情報共有が容易です。

■本書の特徴■
情報収集に手間のかかる中国内の調査機関・メディア・関連イベントでの発表など現地情報を元に解説していま
す。グラフ・データ等、掲載情報の多くはソース元URLを記載していますので、そこからより詳細な情報、周辺
情報を得られ調査時間の短縮にお役立て頂けます。

■内容一部紹介■
 ▼引き続きEV・電動車普及を推進する中国のバッテリー技術トレンド
〇「Battery Day」で斬新なアイデアを発表したtesla社、同社のリユース・リサイクルに対する姿勢とは
〇2021年6月の製品投入予定を発表したSVOLT社のコバルトフリー正極バッテリーの技術戦略概要
〇非燃焼化に向けた“NP技術”、エネルギー密度の向上を達成した“CTP技術”を擁するCATL社はリサイクル
でも存在感を高める

 ▼リサイクルに関わる政策の現状と企業動向
〇2020年の段階でも1000億円を超える車載LiBリサイクル市場。政策での詳細ルールが固まりつつある
もののまだ法的拘束力は高められず。政府の求める要件を満たさないリサイクルも横行。
〇2016年以降の政策検討の変遷と現状、また中国が参考とする欧州・日本のリサイクル工程・技術とは
〇企業の取り組みでは、tesla社、CATL社、格林美(GEM)社、华友社、赣州市豪鵬科技(XTC)社、广东
芳源环保社、中天鸿锂社などの事例を解説。
〇トレーサビリティの観点からも注目されるNIO社のBaaS(Battery as a service)。
 ▼電力貯蔵や5G通信基地局用電源でLiBリユースは進むか
〇電力供給システムを大きく変える可能性を有するエネルギーストレージシステム。バッテリーのリユース
カスケード利用にはリコンディショニング技術、BMSが重要に。
〇自動車メーカと連携する電力会社・State Grid社や中天鸿锂社、基地局用電池としての再利用スキーム構築
を進める中国鉄塔社、リユースバッテリー採用ESSを販売するGMDE社などの事例を解説。

配信開始日 2020年12月21日
フォーマット PDF
(WEBブラウザ上、または専用アプリケーション「bookend」より閲覧頂けます)
※このebookは印刷不可・コピー不可です。
体          裁 B5 約50頁
著          者 沖本 真也 沖為工作室合同会社 CEO
価 格 ( 税込 )  16,500円
 定価:本体15,000円+税1,500円

なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
 上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
 調整させて頂きます。
ポイント還元 誠に勝手ながら2020年4月1日より、会員割引は廃止とさせて頂きます。
当社では会員割引に代わり、会員の方にはポイントを差し上げます。
ポイントは、セミナーや書籍等のご購入時にご利用いただけます。
会員でない方はこちらから会員登録を行ってください。
ア カ ウ ン ト 数

 アカウント数 :5アカウント  【アカウントの追加方法】
 ※購入者以外に最大4アカウントまで追加可能(無料)


閲覧可能端末数 :2台/1アカウント(同一アカウントに限る)
閲 覧 期 間 無期限
オフライン閲覧 bookendアプリ使用の場合は可能
WEBブラウザ使用の場合はオンラインが必要です。
対応OS・デバイス Win・Macの両OS、スマートフォン・読書端末(iPhone,iPadなど)
注 意 事 項 ebookのダウンロードは、S&T会員「マイページ」内で行いますので、
S&T会員登録(無料)が必須です。
発         行 サイエンス&テクノロジー(株)
送料無料
I S B Nコード 978-4-86428-238-3
C  コ   ー   ド C3058

ebookの閲覧方法     アプリのダウンロード
 - 購入前に必ずご確認ください -         - 購入前に動作確認できます -

趣旨

 EVの世界最大市場となった中国。2020年10月下旬にも、従来型のガソリン車等の製造・販売を2035年を目途に停止するというインパクトある政策方針を発表しました。一部アナリストの予想では、2025年にNEVのシェアが全体の25%に達するという意見も出てきています。
 
 一方、EVの普及に伴って今後の使用済みLiBの大量発生量が懸念されています。中国メディアによると2025年には35万トンまで増えるとの予想もされています。LiBの廃棄処理は安全性も含め環境負荷が大きく、また希少金属を含むため経済的な回収・リユース・リサイクル工程の構築が望まれます。

 本書では、こうした問題に対する中国政府の政策検討・実施の状況や、EV・バッテリー・電池材料メーカ、通信/エネルギー関連・リサイクル業者等の中国企業の取り組みをまとめました。またLiB技術の一つの潮流である、正極材のコバルトフリー化は、希少金属、特にコバルト回収を利益とするリサイクル事業との関わりがあるため、これらのバッテリー技術トレンドにも言及しています。LiBのリユース展開については今後の市場拡大が見込まれるエネルギーストレージ用途への二次利用スキームが紹介されます。
 環境規制と自動車市場、バッテリー技術とそのリサイクル、電力貯蔵という今後の世界の潮流について、中国市場を題材にその全体像を解説していますので、ぜひ調査・情報収集のツールとしてお役立てください。

[書籍]中国における車載リチウムイオン電池の リユース・リサイクル動向と市場展望

価格:

16,500円 (税込)

[ポイント還元 825ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


 Chapter 1 EV推進政策とコロナ禍を経た中国自動車市況の現状とNEV用バッテリートレンド 

 1. EV販売台数の現状:コロナ禍の影響
 2. 2020年のEV購入補助金削減
 3. ガソリン車販売台数の現状
 4. EV普及再燃のキーを握るテスラ社の取り組み

   4.1 ミリオンマイルバッテリーの開発
   4.2 蓄電システムの開発
 5. 米国市場でIPOをする中国新興EVメーカー
 6. 中国NEVバッテリートレンド

   6.1 Svolt社
   6.2 CATL社

 Chapter 2 車載リチウムイオン電池リサイクルの現状と関連企業動向             

 1. 車載LiBリサイクルスキーム構築の必要性とその背景
 2. リサイクル工程フローの概要

   2.1 乾式回収
   2.2 湿式回収
   2.3 ダイレクトリサイクル
 3. バッテリー回収の問題
 4. 車載LiBリサイクルスキーム構築や法規制、標準化制度に関わる政策検討
 5. 自動車・電池・材料メーカの車載LiBリサイクルへの対応

   5.1 テスラ社
   5.2 上海汽車社/CATL社
   5.3 格林美(GEM)社
   5.4 中南大学

 Chapter 3 車載リチウムイオン電池リユースのビジネスモデル構築に向けた動き          

 1. テスラ社のリユースに対する姿勢
 2. 国家电网(State Grid)社の取り組み
 3. 中国鉄塔社の取り組み


 Chapter 4 車載リチウムイオン電池のリユース・リサイクル市場展望

 1. 今後発生する廃棄車載LiBの時期・数量予測
 2. リユース、リサイクル市場の展望
 3. 注目されるBaaS
 4. キーとなるプラットフォームの精度
 5. 競争環境分析(各企業の動向)


おわりに

※編集中のため、一部目次が変更となる場合がございます。予めご了承ください。


注意事項

本書籍は、サイエンス&テクノロジー株式会社より発刊しております。
当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から ご郵送にて書籍等をお送りします。

ご請求書は、弊社より別途郵送します。 (※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。) 個人情報等に関しましては、書籍発送目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送します。

銀行振り込みを選択された場合は、ご請求書を同封いたしますので、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

事前に会員登録をしていただきますとポイントを蓄積していただくことができ、 貯まったポイントは次回のセミナーや書籍のご購入にご使用いただけます。
会員登録はこちらから行ってください。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
当社コンサルテーションや商品へのご要望・ご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】
以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み
銀行振込

ご請求書は電子(.pdf)にて別途送付しますので、貴社お支払い規定に従い、お振込みをお願いします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いします。
(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード

クレジットカード

3.PayPay

PayPay(オンライン決済)

4.楽天ID決済

楽天ID決済

5.コンビニ決済

クレジットカード


【領収書について】

領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。


関連商品

ページトップへ