カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

[書籍] バイオ医薬品のCTD-Q作成-妥当性の根拠とまとめ方-




バイオ医薬品のCTD-Q作成
ー妥当性の根拠とまとめ方ー


〜規制要件に基づく、CTD M2/M3(品質パート)における各項目記載要点・記載例〜
―日本及び海外を見据えたバイオ医薬品開発に際し
どのような観点でCTD(品質パート)を作成すべきかー


CTD M2、M3の品質パートに関する内容に焦点を当て、
バイオ医薬品の開発段階毎における当局要求事項・実務面留意事項
申請資料へ提示する際の考え方を紹介!


バイオ医薬品における構造解析・特性解析、
製造工程の管理、細胞基材やセルバンクシステム構築・管理、
不純物の評価事例、規格及び試験方法設定、分析法バリデーション,
一変申請・軽微変更時の判断規準
....等々、
留意すべき各項目について
業界動向を踏まえた観点から、企業実務従事者・専門家陣により解説!

  具体的に何を書けば良いの?申請資料へ提示する際の妥当性の根拠を示すには?
CTD通知・ICH等の関連規制要件を元に、
実際に記載する際の必要・不要の判断を行うためのポイントを解説!



【本書で学べること(一例)】
CTD通知(M4Q)ICHカルテット(Q8〜Q11)、その他バイオ医薬品関連の規制要件をふまえた
  CTD作成時に留意すべき事項・作成ポイント

リスクアセスメントを利用したCQAの特定と製造工程開発・品質管理戦略


バイオ医薬品の開発・販売に際し、
  国内のみor国内・海外双方を想定する場合それぞれで留意すべき記載要点


開発ステージごとの原薬/製剤それぞれの記載内容・ポイント・記載範囲例

製造工程へのアプローチの違いに依存する、各操作における工程パラメータやその許容範囲の記載例

◆CHO細胞を利用したモノクローナル抗体を産生する細胞基材の作製
  セルバンクシステムの構築/管理と記載ポイント

◆今後のICH Q12を見据え予想される、承認後の変更管理について当局への提案の根拠の示し方

構造解析・構造確認、物質的化学的性質の評価における評価項目ごとのアプローチ方法は?

ICH Q6BQ11に基づく、目的物質由来不純物、製造工程由来不純物分析/評価における具体的事例


◆各品質特性に対し行うリスクアセスメントの考え方・分析法の構築における必要・不要の判断基準は?
  製品ごとの適切な分析方法を選定するための考え方は?判断材料は?

◆規格値の設定において、どのロット分析結果を使用すべきか?製法変更した場合の考え方は?......等々、

 規格及び試験方法における設定項目・分析法の選び方、考え方・ケーススタディと記載例・構成例

◆分析法バリデーションにおける、分析法構築から改良・維持までの分析法ライフサイクルマネジメント
  〜ばらつきが大きくなりやすいcell-based assayでの分析法事例〜

一変申請・軽微変更する際、どのように判断し記載すべきか、その判断基準とは!

〜講演会開催告知〜

2018年3月30日(金)
本書籍の執筆陣複数名様より、講演会を開催決定!

バイオ医薬品におけるCTD-Q作成について、本書執筆者のうちの複数名様による生の声にて
学んでいただける場を設けさせていただきました。
直接の質疑応答・名刺交換の時間も予定しておりますので、この機会に是非ご参加ください。

日時:2018年3月30日(金) 12:30〜17:30
会場:東京・品川区大井町 きゅりあん

<ご参加をご検討されるお客様へ>

下記ページよりお申し込み頂けます。
3/30 発刊記念セミナー『バイオ医薬品のCTD-Q作成』

※本書籍をご購入の方々には、お一人様より上記優待価格(通常定価の半額)にてセミナーにご参加いただけます。
お申し込みは弊社HPのセミナー詳細ページより承っております。
弊社HPより詳細をご確認の上、ご参加をご希望の場合、お申込みの際に、通信欄に「バイオCTD書籍購入優待」とご記入ください。優待価格を適用させて頂きます。

発    刊    日 2018年1月30日
体          裁 B5判並製本  171ページ
価 格 ( 税込 ) 48,600円(会員価格 46,170円)     会員登録について 
 定価:本体45,000円+税3,600円
 会員:本体42,750円+税3,420円


 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
  上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
  調整させて頂きます。
発         行 サイエンス&テクノロジー(株)
送料無料
I S B Nコード ISBN978-4-86428-168-3
C  コ   ー   ド C3047

著者
川崎 ナナ 公立大学法人横浜市立大学
李 仁義 神戸大学
鈴木 幹雄 中外製薬(株)
井浦 貴文 協和発酵キリン(株)
花田 直之 協和発酵キリン(株)
花田 由梨子 協和発酵キリン(株)
ワクスマン 梨映子 協和発酵キリン(株)
野中 浩一 第一三共(株)
郭 秀麗 バイオCMC(株)
石井 敏弘 聖隷クリストファー大学


[書籍] バイオ医薬品のCTD-Q作成-妥当性の根拠とまとめ方-

価格:

48,600円 (税込)

[ポイント還元 4,860ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


趣旨

◆本書より抜粋◆
<第1章「はじめに」より>
新有効成分含有医薬品の開発に占めるバイオテクノロジー応用医薬品(バイオ医薬品)の割合が増えている。バイオ医薬品上市数の増加に伴い、品質、有効性及び安全性に関する知見も蓄積されている。ICH Q8〜11が発出されてから、バイオ医薬品開発においても、これらの知見とリスクマネジメントプロセスを取り入れた開発・管理体制の整備が進んでいる。
・・・(略)・・・
本章では、ICH Q8〜11の考え方を基本とし、バイオ医薬品の特異事項を考慮しながら、CMC申請・CTD作成時に留意すべき事項を考察する。詳細は第2章以降を参考のこと。尚、ICH Q11は治験概要書など臨床開発段階の原薬には適用されず、承認後の変更についても取り扱っていないとされているが、CTD作成において実施されるリスクアセスメントの結果は、いずれのステージにおいても考え方の基本となると思われる・・・(本文へ)

<第2章「はじめに」より>
日本や海外におけるバイオ医薬品は,新薬(有効成分)開発のための探索研究, CMC ・臨床・非臨床分野での開発,その後の当局への治験申請・承認,さらには医薬品製造販売業者による実製造技術の開発を経て,市販承認のための申請資料が当局に提出され,承認後市販される。これらは市販後も、製造方法や製造所,分析法などの変更が行われることもある。この場合,その都度申請と承認が必要となってくる。また,各国の薬制が異なるため,製造業者は各国の薬制に従って開発を行い,承認を得なければならない。その過程において、治験申請市販のための申請,さらには市販後の変更申請などの申請を行わなければならない。・・・(略)・・・バイオ医薬品CMC申請資料の様式は,他の医薬品と同様にICHガイドライン(ICH M4Q)に基づき,国際共通化の文書構造であるCTD様式/eCTD様式で行うことになっている。また,品質に関するCTDは,モジュール2:品質に関する概括資料およびモジュール3:品質に関する文書である。
本章では,国際的な薬制の動向に合わせながら,バイオ医薬品のCMC開発計画としての開発段階から市販後まで,承認を得るために作成するCMC申請資料に関する留意点や考え方CTDそのものの記載内容や記載範囲に関して述べる・・・(本文へ)

第1章 バイオ医薬品における特異事項と同等性/同質性評価
はじめに
1. 全体の流れ
 1.1 重要品質特性の特定
 1.2 製造工程の開発
 1.3 品質管理戦略の構築
2. 構造・特性解析からCQAの特定まで
 2.1 構造・特性解析
  2.1.1 構造その他の特性
  2.1.2 不純物
 2.2 リスクアセスメント
  2.2.1 リスク特定
  2.2.2 リスク分析
  2.2.3 リスク評価
3. 製造工程開発及び品質管理戦略の構築
 3.1 概略
 3.2 製造方法及びプロセス・コントロール
 3.3 原材料の選定
 3.4 重要工程,重要中間体
 3.5 プロセス・バリデーション/プロセス評価
 3.6 同等性/同質性
4. 原薬の管理
5. 標準物質
6. ライフサイクルマネジメント
 おわりに


第2章 バイオ医薬品CMC申請資料における留意事項・品質パートの考え方
はじめに
1. バイオ医薬品のCMC開発計画とCMC申請資料(CTD M2及びM3)の作成
 1.1 国内で開発し国内で販売する場合
 1.2 国内及び海外の両方で開発し,その両方で販売する場合
 1.3 CMC申請資料作成時の留意点
2. CMC(品質)パートの記載内容
 2.1 品質パート(原薬)の記載内容/記載範囲例
 2.2 品質パート(製剤)の記載内容/記載範囲例
 2.3 品質パート(その他)の記載内容/記載範囲例
おわりに


第3章 バイオ医薬品における「製造方法・工程内管理」記載ポイント
はじめに
1. ロット及びスケール
2. 細胞培養及びハーベスト
 2.1 フローチャートの記載
 2.2 各工程の詳細
 2.3 工程パラメータと許容範囲
  2.3.1 工程パラメータと許容範囲の記載例
  2.3.2 CPPとKPP
 2.4 工程内試験の記載
 2.5 その他
3. 精製工程及び修飾反応
 3.1 フローチャートの記載
 3.2 各工程の詳細
4. 充てん,保存,移送(出荷)
5. デザインスペース
おわりに


第4章 バイオ医薬品における構造解析・特性解析と申請資料への提示方法
はじめに
1. タンパク質の構造及び特性
2. バイオ医薬品の特性解析
 2.1 物理的化学的性質
 2.2 生物活性
 2.3 免疫学的性質
 2.4 純度,不純物,混入汚染物質
3. 抗体医薬品の特性解析
 3.1 物理的化学的性質
  3.1.1 構造解析・構造確認
   3.1.1.1 アミノ酸配列
   3.1.1.2 アミノ酸組成
   3.1.1.3 末端アミノ酸配列
   3.1.1.4 ペプチドマップ
   3.1.1.5 スルフヒドリル基及びジスルフィド結合
   3.1.1.6 糖組成・糖鎖結合
  3.1.2 物理的化学的性質
   3.1.2.1 分子量・分子サイズ
   3.1.2.2 アイソフォームパターン
   3.1.2.3 比吸光度(又はモル吸光係数)
   3.1.2.4 電気泳動パターン
   3.1.2.5 液体クロマトグラフィーパターン
   3.1.2.6 分光学的性質
 3.2 生物活性
4. 申請資料への提示例
おわりに


第5章 バイオ医薬品における目的物質由来不純物・製造工程由来不純物の分析/評価事例と記載方法
はじめに
1. バイオ医薬品における目的物質由来不純物・製造工程由来不純物
 1.1 不純物の選定
  1.1.1 目的物質由来不純物の選定
   1.1.1.1 目的物質由来不純物のリスクアセスメントのケーススタディ
  1.1.2 製造工程由来不純物の選定
   1.1.2.1 製造工程由来不純物のリスクアセスメントの例
 1.2 分析法の選定
 1.3 不純物の分析
  1.3.1 製造ロット分析・製造工程分析
  1.3.2 不純物クリアランス試験
  1.3.3 構造・特性解析
 1.4 管理方法の確立
おわりに


第6章 バイオ医薬品における「規格及び試験方法」設定時の考え方と提示方法
はじめに
1. 規格及び試験方法の設定
2. バイオ医薬品の規格及び試験方法の設定の手順
 2.1 規格及び試験方法設定の考え方
 2.2 バイオ医薬品の規格試験項目の選定
  2.2.1 試験項目設定の例
  2.2.2 局方要件に基づく項目設定
 2.3 バイオ医薬品の規格試験方法の選定
  2.3.1 規格及び試験方法の試験法の要件
  2.3.2 各規格項目の注意点
   2.3.2.1 確認試験
   2.3.2.2 力価
   2.3.2.3 純度・不純物
  2.3.3 試験法選定のケーススタディ
2.4 バイオ医薬品の規格値の設定
  2.4.1 どのロット分析結果を使用するか?
   2.4.1.1 製法変更した場合
   2.4.1.2 分析方法を変更・改良した場合
  2.4.2 どのような解析方法を使用するか?
  2.4.3 長期安定性試験で変化がみられる場合はどうするか?
3. 規格及び試験方法の提示方法
 3.1 規格及び試験方法
 3.2 規格及び試験方法の妥当性
  3.2.1 全体に関わる情報の記載
  3.2.2 各項目についての議論の記載
4. ICH Q8及びQ11を意識した「規格及び試験方法」の選定と提示
 4.1 ICH Q8及びQ11における要求事項
 4.2 目標製品品質プロファイル(QTPP)の定義
 4.3 重要品質特性(CQA)の特定
 4.4 管理戦略の一部としての「規格及び試験方法」の決定
おわりに


第7章 バイオ医薬品における分析法のライフサイクルマネジメントと分析法バリデーションの実施
はじめに
1. 分析法のライフサイクルマネジメント
 1.1 分析法の開発
  1.1.1 分析法の構築
  1.1.2 分析法の移管
 1.2 分析法の運用と最終化
 1.3 バリデーション後の分析法の維持
2. 分析法バリデーションの実施
 2.1 分析能パラメータの理解
  2.1.1 分析能パラメータの項目
  2.1.2 真度及び精度
 2.2 分析法バリデーション計画時の注意事項
  2.2.1 確立された分析法とその手順
  2.2.2 分析法バリデーションの計画書
  2.2.3 バリデートされた解析シート
 2.3 分析法バリデーションの実施上の注意
 2.4 局方試験の適格性確認
3. 分析法バリデーション結果の提示
 3.1 全体に関わる情報
 3.2 各分析法バリデーションのサマリー
おわりに


第8章 マスター・セル・バンク/ワーキング・セル・バンクの管理とCTD記載ポイント
はじめに
1. ICH-M4 CTD(コモン・テクニカル・ドキュメント)の記載内容
 1.1 第2部 CTD統括資料 「2.3 品質に関する概括資料」
 1.2 第3部 品質に関する文書
2. 細胞基材の作製
 2.1 細胞基材の調製履歴
  2.1.1 遺伝子発現構成体,発現系(宿主,発現ベクター),細胞株クローニング方法
   2.1.1.1 遺伝子発現構成体と発現系(発現ベクター)
   2.1.1.2 発現系(宿主)
   2.1.1.3 細胞株クローニング方法
3. 細胞のバンク化
 3.1 セル・バンク・システム
 3.2 セル・バンク化の手法
 3.3 セル・バンクの特性解析及び品質評価
  3.3.1 セル・バンクの特性解析試験
   3.3.1.1 細胞種の起源
   3.3.1.2 セル・バンクの純度試験
   (1)細菌及び真菌に対する試験
   (2)マイコプラズマに対する試験
   (3)ウイルスに対する試験
   3.3.1.3 ウイルス検出及び確認のために推奨される試験
   (1)レトロウイルス試験
   (2)in vitroウイルス試験
   (3)in vivoウイルス試験
   (4)抗体産生試験
  3.3.2 組換えDNA技術を応用したタンパク質生産に用いる細胞中の遺伝子発現構成体の分析
   3.3.2.1 遺伝子発現構成体解析の必要性,妥当性及びあり方
4. 細胞基材(セル・バンク)の保存中の安定性評価
5. セル・バンクの管理
おわりに


第9章 バイオ医薬品における一部変更承認申請・軽微変更時の判断・記載の注意事項
はじめに
1. 一部変更承認申請・軽微変更届出に関する薬事規制の基本
 1.1 承認事項の変更の理由
 1.2 一部変更承認申請・軽微変更届出に関する薬事規制(日本)
 1.3 一部変更承認申請・軽微変更届出の記載(例)
2. 日米欧三極での承認後変更管理
 2.1 米国(FDA)の承認後管理
  2.1.1 承認後変更管理の分類
  2.1.2 同等性/同質性評価プロトコール(CP:Comparability Protocols for Human Drugs and Biologics)
  2.1.3 同等性/同質性評価プロトコールの拡大−eCP(expanded Comparability Protocols)
 2.2 欧州(EMA)の変更管理
  2.2.1 承認後変更管理の分類
  2.2.2 承認後変更管理実施計画書(PACMP:Post-Approval Change Management Plans and Protocols)
 2.3 日本の変更管理
  2.3.1 日本(PMDA)の変更管理の分類
  2.3.2 一部変更承認申請事項・軽微変更届出事項による“事前評価”
3. バイオ医薬品の一部変更承認申請・軽微変更届出
 3.1 バイオ医薬品の重要な品質特性
 3.2 バイオ医薬品の一部変更承認申請・軽微変更届出の判断
4. バイオ医薬品の変更管理の実例
 4.1 セルバンクの変更
 4.2 製造方法の変更
 4.3 規格および試験方法の変更の例
 4.4 バイオ医薬品に関わる軽微変更の例
 4.5 製造法変更なしの製造施設追加の例
 4.6 原薬および製剤の保存期間の延長の例
おわりに

※書籍・セミナー・イーラーニングBOOKのご注文に関しましては株式会社イーコンプレスが担当いたします。

当社ホームページからお申込みいただきますと、サイエンス&テクノロジー株式会社から書籍等をお送りします。
ご請求書は、弊社より別途郵送いたします。

個人情報等に関しましては、書籍発送目的に限り、当社からサイエンス&テクノロジー株式会社へ転送いたします。

商品へのご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】
以下のお支払方法がご利用いただけます。 1.銀行振り込み、郵便振替
銀行振込 郵便振替

ご請求書を郵送します。
貴社お支払規定に従い、お振込ください。

2.クレジットカード

クレジットカード

3.楽天ID決済

楽天ID決済

4.コンビニ決済

クレジットカード


【領収書について】

領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。

ページトップへ