カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

【IEC-62366:2015、FDA HFE/UE対応】ユーザビリティエンジニアリング規程・手順書・様式

【IEC-62366:2015、FDA HFE/UE対応】

ユーザビリティエンジニアリング規程・手順書・様式



(サンプルはこちら [規程][手順書]



医療機器設計開発においてはIEC62366-1:2015に従い、人間工学的な要素を取り入れ、適切にリスクマネジメントを行う必要があります。

また、FDAはユーザビリティエンジニアリングに関するガイダンス
「Applying Human Factors and Usability Engineering to Medical Devices」
を2016年2月に発出し、ユーザビリティ起因の事故を防ぎ、ユーザの安全性を確保するための取組を企業に求めています。

ユーザビリティエンジニアリングは医療機器設計において欠かすことができない要素の一つであり、 かつ当局の関心が非常に高い分野でもあります。

本ひな形はIEC62366-1:2015および「Applying Human Factors and Usability Engineering to Medical Devices」に対応しています。

本ひな形をご購入いただくことで、ユーザビリティエンジニアリングに関する規制およびガイダンスに準拠したQMSを効率的に作成していただくことができます。

【IEC-62366:2015、FDA HFE/UE対応】ユーザビリティエンジニアリング規程・手順書・様式

価格:

86,400円 (税込)

[ポイント還元 4,320ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


【IEC-62366:2015、FDA HFE/UE対応】

ユーザビリティエンジニアリング規程・手順書・様式


〜qmsdoc.comにてダウンロード販売中〜

システム名 ユーザビリティエンジニアリング規程・手順書・様式
価 格 86,400円(税込)
備 考

※お支払いはクレジットカード決済のみです。事前にPayPalへの登録が必要です。





目次

ユーザビリティエンジニアリング規程

 1.  目的
 2.  適用範囲
 3.  用語の定義
 4.  適用規格および参照ガイダンス
 5.  原則
  5.1  一般要求事項
   5.1.1  ユーザビリティエンジニアリングプロセス
   5.1.2  ユーザインタフェース設計に関連するリスクコントロール
   5.1.3  ユーザビリティに関連する安全のための情報
  5.2  ユーザビリティエンジニアリングファイル
  5.3  ユーザビリティエンジニアリング作業の調整
 6.  設計開発ステージとユーザビリティエンジニアリングステージの対応
 7.  ユーザビリティエンジニアリングプロセス
  7.1  使用のための仕様の作成
   7.1.1  機器の使用に関する重要な特性のレビュ・文書化
  7.2  安全に関連するユーザインタフェース特性及び潜在的な誤使用の特定
  7.3  既知の又は予測可能なハザード及び危険状態の特定
   7.3.1  クリティカルタスクの特定・分類
  7.4  ハザード関連使用法シナリオの特定及び記述
  7.5  累積的評価のためのハザード関連使用法シナリオの選択
  7.6  ユーザインタフェース仕様の確立
   7.6.1  使用関連ハザードの除去及び軽減
  7.7  ユーザインタフェース評価計画の確立
   7.7.1  一般
   7.7.2  形成的評価の計画
   7.7.3  累積的評価の計画
  7.8  ユーザインタフェース設計、実施及び形成的評価の実施
  7.9  ユーザインタフェースのユーザビリティの累積的評価の実施
  7.10  ヒューマンファクター・バリデーションテスト
   7.10.1  模擬使用ヒューマンファクター・バリデーションテスト
   7.10.2  被験者
   7.10.3  タスク及び使用シナリオ
   7.10.4  機器のラベリング
   7.10.5  被験者のトレーニング
   7.10.6  データの収集
   7.10.7  ヒューマンファクター・バリデーションテスト結果の分析
   7.10.8  実使用テスト
  7.11  由来不明(UOUP)のユーザインタフェースのユーザビリティエンジニアリングプロセス
   7.11.1  使用のための仕様
   7.11.2  製造後情報のレビュ
   7.11.3  ユーザビリティ問題に起因するハザード及び危険状態
   7.11.4  リスクコントロール
   7.11.5  残留リスクの評価
 8.  参考
 9.  付則



ユーザビリティエンジニアリング手順書


 1.  目的
 2.  適用範囲
 3.  用語の定義
 4.  役割と責任
 5.  設計インプットプロセス
  5.1  使用のための仕様の作成
  5.2  安全に関連するユーザインタフェース特性及び潜在的な誤使用の特定
  5.3  既知の又は予測可能なハザード及び危険状態の特定
  5.4  ハザード関連使用法シナリオの特定及び記述
  5.5  累積的評価のためのハザード関連使用法シナリオの選択
  5.6  ユーザインタフェース仕様の確立
  5.7  ユーザインタフェース評価計画の確立
  5.8  設計インプット審査会(DR1)
 6.  設計アウトプットプロセス
  6.1  ユーザインタフェース設計及び実施
 7.  設計検証プロセス
  7.1  形成的評価の実施
 8.  設計の妥当性確認プロセス
  8.1  ユーザインタフェースのユーザビリティの累積的評価の実施
  8.2  ヒューマンファクター・バリデーションテスト
 9.  由来不明のユーザインタフェースのユーザビリティエンジニアリングプロセス
  9.1  使用のための仕様
  9.2  製造後情報のレビュ
  9.3  ユーザビリティ問題に起因するハザード及び危険状態
  9.4  リスクコントロール
  9.5  残留リスクの評価
 10.  記録の保管
  10.1  ユーザビリティエンジニアリングファイルの保管
  10.2  保管期限
 11.  是正処置・予防処置要求
 12.  参考
 13.  付則


入金確認後(クレジットカードの場合は決済完了後)に、電子メールにてWordファイル形式で納品いたします。

ご送付後の返品はできません。
内容に関するご質問等は受け付けます。

「商品サンプルはこちら規程手順書でご確認いただけます。」

銀行振り込みまたは郵便振替を選択された場合は、ご請求書を同封いたしますので、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。?
また、事前に会員登録をしていただきますと、ポイントを蓄積していただくことができ、貯まったポイントをセミナーや書籍のご購入にご使用いただけます。
会員でない方はこちらから会員登録を行ってください。

本ご注文に関しては、株式会社イーコンプレスが担当させていただきます。
個人情報等に関しましては、手順書ご購入目的に限り、当社から株式会社イーコンプレスへ転送させていただきます。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
複数文書を一括してご購入される場合は、合計金額に応じて割引をさせて頂きます。
詳しくはお問合せ下さい。

当社コンサルテーションや商品へのご要望・ご質問・お問合せはこちら

【お支払方法について】
以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み、郵便振替
銀行振込 郵便振替

ご請求書を郵送します。
貴社お支払規定に従い、お振込ください。

2.クレジットカード

クレジットカード

3.楽天ID決済

楽天ID決済

4.コンビニ決済

クレジットカード


【領収書について】

領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。

ページトップへ