カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

【セミナービデオ】放射線滅菌の実務と包装・滅菌バリデーションおよび安定性試験のポイント ~ 最新法令・規格に基づいた実務事例と課題解決 ~



【セミナービデオ】


放射線滅菌の実務と包装・滅菌バリデーション

および 安定性試験のポイント

~ 最新法令・規格に基づいた実務事例と課題解決 ~

収録日

2020年10月22日(木)

総収録時間

288分

価格(税込)

33,000円
 定価:本体30,000円+税3,000円

ポイント還元 誠に勝手ながら2020年4月1日より、会員割引は廃止とさせて頂きます。
当社では会員割引に代わり、会員の方にはポイントを差し上げます。
ポイントは、セミナーや書籍等のご購入時にご利用いただけます。
会員でない方はこちらから会員登録を行ってください。

納品方法

資料およびビデオをダウンロードするためのURLを電子メールでご案内いたします。
DVDは別途郵送いたします。


講演趣旨


 放射線滅菌は優れた滅菌法であるが、包装・滅菌バリデーションの運用や放射線照射による樹脂の劣化など、実務担当者が直面する課題がいくつかある。放射線(電子線・ガンマ線)滅菌の受託滅菌業者(製造業)として培った多彩な分野、製品における経験、および製造販売業者の滅菌バリデーション責任者として苦労した再バリデーション、汚染菌の同定や樹脂劣化対策について、理論(法令、原因とメカニズム)と経験(製品実例)の両面を交えて分かりやすく解説する。
併せて、ガス滅菌から放射線滅菌に切り替えた経験を踏まえ、キッカケや直面した課題解決の事例を紹介し、放射線滅菌の概要として、照射施設、電子線滅菌とガンマ線滅菌の使い分け、コストダウンや、どのような視点で最適な滅菌法を選べば良いかも基準や各滅菌法に向いている製品例をあげて解説するので、これから放射線滅菌を検討・担当される方、放射線滅菌で課題解決が必要とされている方は、是非、参加いただきたい。 滅菌において滅菌バリデーションの適用規格・薬機法を理解することは極めて重要で、試験のポイントと検体数低減事例も含め、最適な滅菌線量設定の選択方法や実際にあった自主回収事例も紹介する。放射線滅菌における包装材料は、滅菌状態を維持するのに大きな役割を担う。
ISO13485:2016年版に合わせたQMS省令の改正が近々予定されており、その際、包装バリデーションが必須の要求事項となる。また、その国際規格ISO11607が昨年更新され、安定性試験と併せて法令・規格を正しく解釈した無菌バリアシステムの構築・運用が求められている。医療機器の放射線滅菌における包装・滅菌バリデーション、安定性試験、および放射線照射による樹脂劣化のメカニズムと材料選択のポイントについて、実務経験と実施結果(データ・写真)を基に課題解決・対処法を分かり易く解説する 。


講演内容

1.放射線滅菌の実務
 1-1.放射線と放射能
 1-2.滅菌の原理(殺滅菌のメカニズム)
 1-3.滅菌法(ガス・放射線・湿熱)比較および最適な滅菌法の選択
 1-4.ガス滅菌から放射線滅菌への切替
 1-5.滅菌切替事例とノウハウ(直面した課題事例)
 1-6.電子線滅菌とガンマ線滅菌の使い分け
 1-7.滅菌コスト低減策
 1-8.放射線照射施設概要(電子線およびガンマ線照射施設)
 1-9.照射対象事例(放射線滅菌の実施例)

2.放射線滅菌バリデーションのポイントと実務
 2-1.適用規格・薬機法および最新動向
 2-2.滅菌バリデーション概要(進め方・試験ポイント)
 2-3.放射線滅菌製品の滅菌実務と承認申請に関する通知にかかる対応について
 2-4.滅菌線量設定方法の選択基準
 2-5.製品ファミリーを代表する製品の指定(検体数低減)
 2-6.プロセス有効性の維持(滅菌線量監査)
 2-7.再バリデーション事例
 2-8.汚染菌同定および同定結果活用の事例
 2-9.QMS適合性調査の状況等
 2-10.医療機器 Good Review Practice(GRP)

3.包装バリデーションのポイントと実務および放射線照射による包装材料への影響
 3-1.医療機器の包装ガイドライン
 3-2.JIS T 0841 の2019年3月改定のポイント
      -最終段階で滅菌される医療機器の包装-
 3-3.ISO11607-1:2019 新規要求事項
 3-4.包装(無菌バリアシステム)バリデーションの実施例
 3-5.放射線照射による揮発性物質の分析
 3-6.包装材料の微生物汚染と原反へのγ線照射事例
 3-7.放射線滅菌に要求される包装材とは?
 3-8.耐放射線包材の開発事例・経緯

4.放射線滅菌における安定性試験のポイントと実務
 4-1.安定性及び耐久性(安定性試験)
 4-2.最大許容線量の確立(最大線量を踏まえた妥当な試験検体)
 4-3.材質劣化の資料(添付資料と宣誓書)
 4-4.長期保存試験と加速試験の取扱い(有効期間の設定に係る安定性試験の取扱い)
 4-5.安定性試験の実施例
 4-6.放射線照射による材質への影響と樹脂劣化対策

【セミナービデオ】放射線滅菌の実務と包装・滅菌バリデーションおよび安定性試験のポイント ~ 最新法令・規格に基づいた実務事例と課題解決 ~

価格:

33,000円 (税込)

[ポイント還元 1,650ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 商品種別による返品の詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

講師

【講師】  大塚テクノ株式会社 滅菌バリデーション責任者 長嶋 和浩(ながしま かずひろ) 氏

【資格】  1998年 5月 第一種 放射線取扱主任者 取得

【専門分野】  化学全般、放射線化学、滅菌全般

【主な略歴】

1995年 3月  東京理科大学 理工学研究科 工業化学専攻 卒業
1995年 4月  住友金属鉱山(株) 入社
1997年 6月~12月  (元)日本原子力研究所 高崎研究所へ外来研究員として短期研修
             [幕内恵三氏・吉井文男氏・小嶋拓治氏に師事]
1998年 1月~  住友金属鉱山(株)の100%小会社である日本照射サービス(株)へ出向
          [初代技術課長としてガンマ線照射施設の立上げ、主に試験照射、照射(生産)計画、
           顧客窓口、見積、品質管理責任者を担当]
2000年12月~  日本照射サービス(株)営業部へ異動
2010年 8月  住友金属鉱山(株)[日本照射サービス(株)] 退社
2010年11月~  2012年 9月  鈴与(株)
2013年 1月~  2019年 4月  東洋器材科学(株) [滅菌バリデーション責任者]
2019年 4月~  大塚テクノ(株) [滅菌バリデーション責任者]




資料およびセミナービデオをダウンロードするためのURLを電子メールでご案内いたします。
DVDは別途郵送いたします。

銀行振り込みを選択された場合は、ご請求書を同封いたしますので、貴社お支払い規定(例:翌月末までにお振込み)に従い、お振込みをお願いいたします。恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

本ご注文に関しては、株式会社イーコンプレスが担当させていただきます。
個人情報等に関しましては、商品発送の目的に限り、当社から株式会社イーコンプレスへ転送させていただきます。

当社が販売するセミナービデオは、ポイントを蓄積していただくことができ、貯まったポイントをセミナーや書籍等のご購入にご使用いただけます。

ポイントの蓄積のためには、会員登録が必要です。会員でない方はこちらから会員登録を行ってください。


【お支払方法について】
以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み
銀行振込

ご請求書は電子(.pdf)にて別途送付しますので、貴社お支払い規定に従い、お振込みをお願いします。
恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担くださいますようお願いします。
(セミナー当日までにお振込頂く必要はございません。)

2.クレジットカード

クレジットカード

3.PayPay

PayPay(オンライン決済)

4.楽天ID決済

楽天ID決済

5.コンビニ決済

クレジットカード


【領収書について】

領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。


関連商品

ページトップへ